【休学×英語】偶然の出会いがチャンスになる

TOEIC・英語準備

前回の記事→【休学×立ち止まる】人生の先輩の一言が私を変えた



語学留学

今回は休学を決心してからの第一ステップ語学留学について書いていこうと思います。

そもそもなぜ語学留学を決めたのかは、単純で安直な考えでした。自身はこれから海外で活躍して行きたいという夢があり、そのためには英語は話せて当然という発想からその決断に至りました。

そこで、休学を始めてまず始めに、英語力を底上げするためにイギリスに行きました。

小さい頃から、英語の勉強は好きで日常会話はできましたが、それに満足しきっている自分もいました。大学に入学してからもコンスタントに勉強を続けていましたが、スピーキングに大きなコンプレックスを感じ、それの訓練にイギリスに行きました。

IMG_5359

どうにか三ヶ月で目標としていたレベル(IELTSスコア)まで到達し、
ツールとしての英語はクリアしました。

しかし、その時から英語学習に何か大きな違和感を感じ始めました。ただ、英語のスコアがあればいいのか。形だけの英語学習になっていないか。

それを悟った自分が出した答えは、英語はただの道具でしかないということでした。

留学で英語を勉強しにいくのではなく、英語で多くのことを学んで行きたいと思うようになったのも丁度この時期でした。

実際に、論文で読んだことがあるのですが、日本語で得られるネットの情報量は、英語の100万分の1にも至らないとか。

目標が英語の勉強から英語で勉強という考え方に変わり、まず自分はイギリスの現地小中学校を見学したいと思い、行動を開始。

まず、ヨーロッパの現地の学校に片っ端からメールを送り、学校実習のアポイントを取り付けようと試みました。

しかし、実際に子供に関わる学校現場に踏み入るのはパーミット、サーティフィケイトなどの多くの資格、職業経験が必要で、100%全く返信がないという状態でした。(今思うと当然の結果だとも思いますが。)

ですが、自分はラッキーのことに、イギリスのスターバックスでたまたま少し話をした女性に、現地の学校を紹介していただける機会がありました。

本当にたまたま自分の勉強している場所がスターバックスで、たまたまそこにいらっしゃった方が現地の学校で働かれていた方で、その方の推薦で学校実習をさせていただけて…

一通も返信がなかった学校訪問のオファーが、その一瞬で叶ってしまい本当に不思議なものだなと…

 

準備・計画

その時はたまたまそのような機会が得られたものの、その偶然の確率を上げて、偶然を必然にするには自分にはもっともっと勉強が必要で、もっともっと念密に準備と計画をし、それに真摯に向き合って行く必要があると思いました。

イギリスから帰国後、今の自分には具体的にどんな資格が、どんな能力を鍛える必要があるのかを分析し、実行に移そうと行動を起こしました。

そこで、立てた計画・準備に関しては次回の投稿で:-)

ご一読いただきありがとうございます。至らない自分ですので、ご意見ご感想があれば是非いただけると幸いです。お待ちしております。

スポンサードリンク

 

関連記事

フィリピン留学を詳しく知りたい方はこちら▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

岐阜聖徳学園大学学校教育過程/保健体育専修。オーストラリアでワーキングホリデーしながら日本語教師。鷲津由伊の詳細プロフィール