【休学×理由】〜休学前の自分へ〜

フリーランス



はじめに

はじめまして!

松本康佑と申します。

【明治大学文学部4年/休学中】

【芦名表参道(株)/営業】

休学→個人事業主として訪問販売の営業マン

→パーソナルジムBEATSの営業マン

人と会うことがとにかく好きで肉と甘いものとヤクルトスワローズを愛しています。

ノリと直感で選択し続ける人生で、気が付いたら休学してました笑

休学に至るまで、休学への決断、休学して行動がどう変わったのか

そして、その先の人生で自分がどんな人間になっていきたいのか

などなど、そんな記事をぼくの拙い文章力で

これからいくつか書いていきたいと思います。

こんな人に読んでほしい

  • 『とりあえず』や『なんとなく』で進路を考えている人
  • 本当に自分のやりたいことを探したい人

=大学3年後期の自分

休学に至るまで

ぼくには人生の目標があります。

「歴史に名前を残したい」

21歳現在、現役で自分が歴史に名を残すと信じております。

「ちょっと恥ずかしい奴」、「イタイイタイ」そう思った方いると思います。

でも、もし自分に大谷翔平さんのような野球の才能や藤井聡太さんのような頭の良さを持ち合わせていたとしたら。

本気で自分の可能性を信じると思います。

残念ながら、ぼくは部活では補欠で頭も特別良いわけではなく

自分が活躍できるフィールドはどこだろう。

自分にしかできない何かがあるはずだ。

そんなモヤモヤしたコンプレックスのような感情を抱えて。

何かに熱中しきれず消化不良で就活直前の時期を迎えていました。

自分の価値観を探す

自分の将来を考える必要のなかった時期のぼくは

とにかく目立てばいい、自分が主役でみんな俺の話を聞いていれば気持ちいい。

そんな自己承認欲求の塊ボーイだったので(未だに改善トレーニング中)

「人の前に立って話す、世間からの認知度高い」

んー、お笑い芸人かアナウンサーかなぁととりあえず大学の落語研究会とアナウンス研究会に所属しました。

なんとなく伝える技術を学んでなんとなく人の前に立って伝える仕事に就こう。

そんな考えを変えるきっかけになったのは

インターン(後で記事にすると思います)と大学のイベントで司会をさせていただいた経験でした。

人生で最大規模のイベントで司会をさせていただいたのですが、自分の言葉の力のなさを痛感します。

2000人近くいたお客さんの誰1人ぼくを観に来ていない。

誰1人感情を動かせていない。

その場でぼくは間違いなく脇役でした。

その時、はじめて『ぼくは人に何か伝える人ではなく、人の感情を動かす人になりたい』

そんな自分の欲求に気づきました。

それに気づいて2日間くらいは

ヤバい、もう大学3年の冬やん。

このままじゃあ自分のやりたいことを仕事にできない!

自分の欲求に気づけてなかった自分に腹が立ったし、違った時間の使い方やチャレンジできた可能性を考えて悔しい。

でもぼくは天性の楽観主義者なので3日後には

よし、じゃあ休学して時間作ろう

そんな軽いノリで、でも主体的に大学4年の1年間を自分が本当にやりたいことにチャレンジする時間に決めました。

休学する前の自分へ

ぼくは大学3年の冬まで『とりあえず』や『なんとなく』で人生を歩んでいました。

もっと本気で自分の好きや嫌いに向き合って、本気で自分の価値観を考えていたら、

大きく違った大学生活だったかもしれません。

明確な目的なく勢いで休学したぼくですが。

『とりあえず』や『なんとなく』を卒業して主体的に休学して時間を作った自分が素直に好きです笑

最後に

そんなこんなで現在休学中のぼくですが、この後たくさん大変な目に会います。

お金の問題とか親の説得(継続中)とか。

未だに毎日環境が変わって、たくさん目移りして半年前休学する自分では想像もつかないようなことをしています。

まだまだ自分が何者になれるか分からないですし、毎日何かに悩んでます。

半年後に普通に大学生に戻って就活してるかもしれないし、死んでるかもしれません。

でも、これだけは言えます。

ぼくは今現在の自分が過去最高に好きです。

『とりあえず』や『なんとなく』ではない理由で休学を選んだ自分に恥じないように残り半年(たぶん)の休学生活にしようと思います。

それではまた次回!

スポンサードリンク

 

関連記事

フィリピン留学を詳しく知りたい方はこちら▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

明治大学文学部4年。休学してパーソナルジムBEATSの運営をしています。 松本康佑の詳細プロフィール