【休活×就活】8. ロジカルシンキングの重要性

就活



論理的思考力の重要性

2年ぶり2度目の就活に挑んでいる馬場です。決して積極的に就活している訳ではありませんが、最近ある短期間のインターンを受けた際、同じグループにいた仲間から自分の考え方を根幹から変えてくれる2つの大きな気付きを与えてもらいました。

それが

論理的思考力を養うための「思考の型」を習得すること

チームビルディングの必要性

です。

今までも思考手段についてはある程度意識してきたつもりでしたが、思考経路を必要十分な数のパターンに分類し、そしてパターン化した思考手段をスピーディーな意思決定をするために用いてくことまで深掘り出来ていませんでした。

この”論理的思考力を養うための「思考の型」を習得すること”と”チームビルディングの重要性”の2つはチームで一つの解を導いていく上で必要不可欠と言っても過言ではありません。”思考の「型」”では、思考をパターン化し、分類することで早く的確な深い論理的思考が可能になり、理解や認識の共有化を進めるためにはアイデアを出す事だけが重要ではなく、時間をかけて熟考した意見を出す事も大切だとわかりました。

また、思考の「型」を繰り返し磨き上げるだけでなく、「働く」や「生きる」という思考する上で重要な言葉を自分の言葉で再定義する事も重要です。「人間は’合理的な経済人’ではなく’感情的な社会人’である」ため、相手に説得ではなく、納得してもらうために自分の言葉で相手に伝えられるようにならなければなく、そのためにはきちんと自分の言葉で説明できるだけの力を身につける必要があるのです。

前回の記事は【休学×上海インターン】7. “人生”という最高の「はてしない物語」

スポンサードリンク

 

関連記事

フィリピン留学を詳しく知りたい方はこちら▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

現在、上海でインターン中の立命館大学生命科学部 4年の馬場です。自分の思っている素直な気持ちを率直に伝えていくので、皆さんの行動や考えの何かしらの養分になれば良いなと思っています!! 馬場滉久の詳細プロフィールページ