【休学×韓国留学】オーストラリアから一転!韓国での生活

オーストラリア

こんにちは!

オーストラリアでのインターン&韓国留学の記事を書いてます

大森美和です

今回の記事は

【休学×韓国】

ということで、韓国での留学生活などを中心に書いていきたいと思います!

一応今までの流れをおさらいしておくと

①休学するまで

【休学×理由】日本語教師・韓国留学~欲張りな私の取った行動~

 

②オーストラリアでのワーホリ兼日本語教師インターンシップ(3月~11月)

【休学×日本語教師】オーストラリアでのインターン事情

③韓国留学(12月~2月)←今ここです

 

まず、オーストラリアにいた私が突然韓国に行った理由として

①オーストラリアでしたいと思っていた日本語教師のインターンシップ経験ができた

②第二外国語で2年間勉強していた韓国語のレベルをビジネスレベルにしたいと思ったため

③オーストラリアでの韓国人コミュニティで生活したことにより、友人がたくさんできたため

この③つがありました。

 

思い立ったら即行動を心掛けている私は、韓国に行くことをすぐに決め、

3つのアルバイトで稼いだお金で学校の授業料を払い、11月にオーストラリアから韓国へ飛び立ちました!

韓国は3か月ビザなしでいられるため、ビザは取らずに行きました。

 



韓国での生活

12月から大学付属の語学学校に通い始めました。3か月の1学期間コースで授業は午前中だけ。

午後は同じクラスの友人や現地の友人と一緒に勉強したり遊びに行ったりしていました。

語学学校は外国人が通うので、韓国人の友人を作ることは難しいと思います。

私の場合は、オーストラリアやアメリカでの留学中に韓国人の友人がたくさんできたので

その友人と会うことが多かったと思います。

語学学校のクラスは1クラス10人前後。私のクラスは全員国籍がほぼ異なったので、

韓国語はもちろん英語でも会話をしていました。

オーストラリアでは外では英語、家や週末は韓国語でしたが、

韓国では学校では韓国語、家では英語を使う毎日を過ごしていました。

こういった日本語を使わない状況に自分を置くことで、1年の休学中で英語と韓国語

どちらの言語も同じくらい習得できたと思っています。

韓国での留学を考えている人は多いと思いますが、なかなか周りに韓国留学をしたことがある人がいなかったり、

韓国留学をするメリットが英語圏ほどあると思われていなかったりと色々問題があると思います。

でも、自分の財産になるのであれば、自分でした後に価値があったと思えるように過ごすのであれば、

どこの国でもどんな状況でも休学は意味のある時間だと思います

 

韓国での生活をさらっと書いてしまいましたが、もしもっと知りたいことがある!て方いましたら

コメント等で聞いてもらえればと思います!

次回は

・帰国後の活動と就職活動での活かし方

を中心に書いていきたいと思います!

 

スポンサードリンク

 

関連記事

フィリピン留学を詳しく知りたい方はこちら▼


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

大学3年時を休学して、オーストラリアで9ヶ月間ワーキングホリデー日本語教師のアルバイトやレストランの受付のバイトをしながら、日本語学校でアシスタント教師のインターンシップをしました。 その後オーストラリアからそのまま韓国へ3ヶ月間ビザなしで大学付属の韓国語語学堂で1学期間勉強✐ 英語も韓国語もどっちもビジネスレベルまでになりたい!と欲張った結果、どっちも行くことになりました(急遽)帰国語は就職活動に、教育実習に、外国人向けの学習塾や子ども向けの塾でアルバイトなど充実した日々を過ごしています。大森美和の詳細プロフィール