【休学×社会人】ボランティア経験は就職後も有利?休学→大企業に就職してみた

就活



休学した学生生活を送ってみて、実際社会人やるとどうなの?

就職で自分の長所をどう生かそう、希望って叶うの?やりたいことってできるの?
と簡単に言えば、そんな自分にある程度軸があって就職を控えてる人、
今就活を始めたばかりの人、特に大企業が進路上の一つにある人。
そんな人に読んでほしいと思います。

1年間の休学中はボランティア活動をしていました。
その後メーカーに就職した私が、ありのままの社会人生活をお伝えします。
せっかくこの様なチャンスを頂いたので、休学中の活動や就活について詳しく説明したいところですが、大人の事情でペンネームで参加させていただくことになりました。

 

「より困難な選択肢を選ぶ」

choice
これは私のモットーの一つです。直感に素直に動くこと。
そして、迷ったときはより難しい選択肢を取る事。
休学を終えて就活を始めた私は、仕事でも海外を舞台にしたいと思っていたので
①アフリカや中南米などの途上国に進出するバイタリティがある企業か否か
②5年以内に新規開拓ビジネスに関われるか否か
という2つの軸で会社を探していて、今の会社がこの両方を実現できると思ったこと
加えて、会社としてもチャレンジングに思えたため、就職先に選びました。
 

肩書:海外事業部 現実:…気力が無い

passport
今は東南アジアの会社と、その海外案件に関わる日本国内の調整を行っています。
正直東南アジアは得意でなく、アフリカや中南米を好んで就活をしました。
入社してからは、そういった地域の新規開拓を担当したいと希望をしたのですが、
配属された部署では国内外の調整を主とする部門で、当初はめちゃくちゃ悩みました。
まあ入社してすぐ希望が叶う方がおかしいし、できることも何もないので、
今思えばありがたい事に一番近い遠回りを会社には用意してもらったと感謝しています。
(あのまま新規開拓の仕事をしても、小さな商品1つ売る事ができていないと思います。)
始めは任される仕事が少なくて退屈で退屈で、抑えの利かない眠気に襲われる日々。
先輩と話しても会議でも何しても眠気が止まらず、会社が辛くて仕方なかったです。
まあ入ってすぐの新人に出来る事が少ないのは当たり前なのですが…
出社する唯一のモチベーションが「英語で仕事する」ことだけでした。
タイムリミットを自分の中で設けていただけに、異動できないんじゃないかと不安を感じ
どこかで区切りつけないと、と意識したのを今でもよく覚えています。

 

今も途上国一直線に

africa
休学時代のボランティア(インド・中米・アフリカ)は、中学からの夢でした。
そして今も東南アジアと仕事をしながらではありますが、
過去に訪れたアフリカや中南米と関わっていたいという気持ちは変わりません。
そして今の会社にはわずかかもしれない可能性があります。
大きい会社で働くと言うことは正直、納得のいかないことが沢山有ります。
・ゴマをすらなければいけないことが多々ある
・理不尽な対応で叱られる
・1年目なのに 新卒なのに
・「社会人として」「大人として」「企業人として」。。。

…はぁ??と思うことの連続です。。。
でも、これらはある程度の規模の会社で働く
いや、もしかすると日本で働く上でほとんどの人が避けられないことかもしれません。
だったらどうやって最短ルートを選んでわずかなチャンス掴むのか。
常々そんなことを考えながら仕事をしています。
 

やりたいことはやる。休学→仕事

休学して良かったと思う一番のポイント:
自分の取った選択にしっかり理由を添えて、自信を持つ/納得する力がついた
これが今も仕事生きています。
上述したように仕事の世界では理不尽なことが沢山あります。
それでも、ほとんどの事柄をなんとか理解・納得しなければ
仕事が進まなかったりするのでなんとかしなければなりません。笑
そうやって配属してから、色んな事を自分の中で結論付けてきてもうすぐ1年…
やっと本当の業務の意味が見えるようになって、やりがいが増えてきました。
そして何より、言葉にしてると同じ事を考えてる人に出会えるようになってきました。
これは社内・社外を問わず、自分なりの考えなどを発信してきたからだと思います。
なので今は、在籍する部署でできるだけ多くを身につけてしっかり結果を残してから
途上国新規ビジネスに関われる部署で成果を出すということが目標です。
だから絶対にチャンスは掴む。やりたいことは必ずやる。
そのための”点”を繋げるための今なんだと納得できた途端
仕事がこれでもか!というくらい楽しくなり、目的や結果にこだわって働いています。
 

言いたい事:「自分だけはいつも自分の味方」

hug
こんなことを書いても、「結局遠回りかよ!」と思われてしまうかもしれませんし
「休学全然活かせてないし!」「社会に染まってるだけかい!」
と感じさせてしまうかもしれませんが…問題ありません!!笑
というのも私は、
休学経験が仕事に活かせてると断言できるからです。

要は最終的に自分がどうありたいのか。
休学して仕事に活かせるかなんて自分次第な部分が多いですし、
私自身今の会社で実現できなければ、場所を改めればなんとかできると思っています。
端から見ればこの記事も”ハイパーポジティブ理論で乗切る社畜”という所でしょうか。笑
でも、それも悪くないと思っています。
自分自身が自分の行動(休学)にどう意味付けをするのか/しないのか。
「やらなきゃよかった」「やってよかった」
それは人それぞれ。活かすも殺すも自分次第。
つまるところ、就職先でどうプラスにするのか、希望を叶えるのかも極端な話自分次第で
簡単なことでもありません…
だから私も常々もがきながら進んでいますが、始まったばかりで先は見えません。
なのである程度過ぎてからじゃないとやっぱり振り返れないので
今休学してる人、休学を考えてる人、就活中の人、就活を控えてる人
みんな同じで、いつか振り返ったときに自分の中で昇華することが出来たら
ハイパーポジティブ理論で周りの人とはひと味違う道を味わえるんじゃないでしょうか。

私は少なくともそう思っています。仕事でも、それ以外でも。

こんな私でよければ、お仕事、進路、就活、ボランティアなどなどお話きけますので
何か有ればご連絡ください。おわり

スポンサードリンク

 

関連記事

フィリピン留学を詳しく知りたい方はこちら▼


1 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    ◆匿名ライター◆ 日本にあるメーカーで勤めています。 規模もまあまあある会社のため、大企業に勤める人として、また休学を経験した立場として何かお伝えできればと思います! 海外事業に興味のある方にとっても、少しずつではありますがTipsを共有できればと思います。