下平 慶祐(しもひら けいすけ)のプロフィール

下平さんプロフィール

➢ 名前:下平慶祐 / Keisuke Calvin Shimohira
➢ 誕生日:1993/09/27
➢ 出身:New York, USA
➢ 大学:一橋大学法学部4年(休学中)
➢ 仕事:演出家。もぴプロジェクトの主宰。
➢ 趣味:サッカー、演劇、書道。
➢ 好きな言葉:Carpe Diem(今を生きよ)
➢ 各種アカウント:
 * Twitter : @calvin0927d
 * Facebook : 下平慶祐
 * Ownd page : Keisuke Calvin’s Ownd
 

経歴

1993年9月27日ニューヨークで生まれる。
名前を「太陽」にする予定だったが、日本人にいじめられるかも、ということで「慶祐」と命名。ミドルネームCalvinもその時に授かる。
現地の学校に通い、Backstreet Boysのものまねに燃える。
 
6歳、気づいたら千葉にいる。
日本での初めての友達「佳祐くん」に影響され、8歳ごろからサッカーに夢中になり、サッカー少年になる。
 
サッカー少年は結局高校まで引きずったが、17歳で背骨を骨折し、
何もなくなってしまった下平は仕方なく勉強をする。
ちなみにこの時国語の偏差値は28。3教科平均40。
 
18歳、現役で一橋大学法学部に入学。
いわゆるビリギャルである。
入学当初は、法曹を目指して「伊藤塾」にも通っていたが、
同時期に入った英語劇サークルのせいで演劇に夢中になってしまい、
 
21歳、気づいたら休学。
現在、プロの演出家として活動している。
 

現在の活動

この世で一番大切なのは「愛と平和」です。
これは詭弁でも偽善でもなんでもありません。真理だと思います。

多くの人間が自分、ひいては自国、そして世界の愛と平和のために、
要は世界を良くするために戦って生きていると思います。
その戦い方は様々あり、NGO団体などのボランティア、政治家、ビジネス、……、あらゆるパターンが考えられます。

そして、その中でわたしが選択したのが演劇でした。
世界の愛と平和のために自分にしかできない、自分がいちばん生きるステージはどこか?それが演劇だったのです。

今、わたしがしている活動は、全てこのためです。
それを踏まえて、大きく3つの活動をしています。
 

自身の劇団、もぴプロジェクトを立ち上げる

2014年12月、自分の劇団である「もぴプロジェクト」を立ち上げました。下平が世界を変える企画団体だから、もぴプロジェクトです。
もぴプロジェクトのミッションは「日本演劇界にビジネスのプラットフォームを提供する」です。
私達は劇団と言っても、劇を打つことだけを目的とした団体ではないのです。どんなにいい劇を作ってもお客様がいなければ始まりません。なので、日本において演劇という芸術に社会的意義を作ることを活動の主目的においています。
そのために、法人登録をしたり、営業をしたり、サービスを展開させたり、かなりベンチャー企業に近い団体です。
 

外部団体で演出助手や脚本、俳優などの活動

・ 自身の演劇のスキルの向上
・ 自身の劇団の名前を売る
・ 演劇界の実情をリサーチ
・ コネクションを広げる
この4つ達成するために、自分の劇団以外でも活動をしています。
 

ベンチャー企業での長期インターン

自分の劇団がベンチャー企業(起業)に近い形態をとっているので、経営のノウハウやマネジメントなどを学ぶために一般企業でインターンもやっております。
会社内ではプロジェクトマネジメントを主にやりつつ、勉強しています。