休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
屋久島の 鹿と猿には 気をつけろ
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は休学で最初につまずいた話

今回は黄金の国(ジパング)の旅行記になります。

インドから帰って二カ月、急に屋久島に行きたくなり、ついでに九州をバイクじゃ遠いし、電車で周るのじゃお金かかるから、飛行機で福岡まで行って輪行しながらチャリで周ろうと考えたわけです。えぇ楽が好きなもので。照

輪行

これが
tyaaaa

こうなります。
tyaa

目立つから色んな人に声かけられます。笑
知っている人からしたらバカじゃないのこいつ!ってなるような自転車にバックパック。ぜひ自転車旅する人はこんな感じでしてください。
soubi

疲れ方雲泥の差を余裕で越える快適さ味わえます。

全部書くと長くなるので手短に!

九州のご飯、酒、魚、うまい!
銭湯の男湯で俺の裸見ながら縫物するおばあちゃん
食いきれないくらいサービスしてくれるお店たち、
大好き熊本
話しかけてくれてお小遣いまでくれるおばちゃんたち
自転車を灰色に染める桜島の噴火
危ない薬を売るチャリダー
想像以上のグリーンとブルーの屋久島
全裸で入る混浴露天風呂
追いかけて来る猿ども
平気な顔してぶつかろうとする当たり屋の鹿ども
涙を流す産卵中のウミガメ
オリジナルストーリー溢れる旅人たち
屋久島にライバル心を持ち、毎日種子島の観光に連れてく宿のばあちゃんたち
初ウォシュレットにびびりトイレ水浸しにした中国人社長
スナックに連れて行ってくれた中国人社長笑

一番ほっこりした事件は、種子島で小学生がまったく赤の他人の俺にみんなでこんにちわーって言ってくれたこと。

種子島 BAN☆ZAI 

冗談抜きで屋久島の鹿にバイクでぶつかって骨折した人もいました笑
僕自身猿に追いかけられて全力疾走で逃げました笑

チャリダーの人はお気を付けを。

っと、手短にとか言って長くなりましたが(笑)

休学したら、多くの人が海外に行っちゃうと思うのですが、日本を旅行するのもありだなと思いました。

自分が知っている日本って住んでいる近所と関東圏の一部分、あと修学旅行で行ったところくらい?あとテレビ越しに見た光景。自分の一番身近なところだから知った気になってたけどぜーんぜん知らない、日本のこと。確かに海外にいくと、毎日が未知との遭遇で刺激だらけでとっても楽しい。でも国内旅行も最高に楽しいと思いますよ!

まだまだ行ったことないところや、知らないことが多すぎて、日本恐るべしですぜ。

それに意外と近くに世界で一番好きな場所があるかもしれないですしね。

てわけで今年の夏はジパング一周してまた九州に行ってきまーす。
bzbz

この国に生まれたからには、もっともっとホームを好きになりたいです!

The following two tabs change content below.
高橋 健輔

高橋 健輔

青山学院大学 経営学部 2年。 勢いで休学しちゃった系男子。 生きたいように生きた一年。 高橋 健輔のプロフィール
高橋 健輔

最新記事 by 高橋 健輔 (全て見る)

このエントリーをはてなブックマークに追加