休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
『18倍』かんたんに友達をつくるには英語が鍵 〜アメリカ英語は訛ってるのか?〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

comuni

質問:フィリピン人の英語は訛っていますか?

フィリピン留学したい人の相談にのると、ほぼ毎回の上記の質問をうけます。
たしかに気になるところだし、ぼくも留学前は気にしていました。

回答としては『フィリピン人の英語は訛っている』です。
ただし、前提条件として、アメリカ英語を基準とした場合です。
 

疑問点:なんのための英語?

ぼくは上記質問をうけたあとに、いつも以下の質問をなげます。
「なんで英語を勉強したいんですか?」

それで返ってくる回答はだいたい、以下3パターンくらい。
・外国人と話したいから。
・海外で働くことに興味があるから。
・海外旅行が好きだから。

上記3つの根底の考えとしては以下だと思います。
『異なる言語を話す人と意思疎通をするため』
 

思うこと:訛りは関係ない

そのさいに、英語が訛っているか or 訛っていないかって関係ないですよね。
関東の人からしたら、関西人の日本語は訛っています。
でも、普通に意思疎通できますよね(笑)
 

というか、訛った英語は通じないの?

なぜほとんどの日本人が『英語の訛り』を気にするのか?
それは『訛った英語=通じない』と考えているからだと思います。

でも実際はどうでしょう?
海外(特にアジア)にいけばわかりますが、みんな訛った英語を話します。
また、意思疎通もしっかりできています。

かつ、最近では『アメリカ英語がスタンダード』とも言えなくなってきています。
英語を話す人の割合TOP5をご覧ください。
1位:アメリカ
2位:インド
3位:パキスタン
4位:フィリピン
5位:ナイジェリア
※なんと、英語話者人口の60%がアジアです。
国別英語話者数ランキング – Wikipedia
 
 

『アメリカ英語=スタンダード』と言い続ける日本人

日本人は『アメリカ英語=グローバルスタンダード』だと考えます。
その理由は、日本の教育のせいだと思います。発音とかを習う際もアメリカ基準ですよね。
しかし、データをみればわかるとおり、最近ではアメリカ英語がスタンダードといえなくなってきています。
 

結論:英語の訛りは関係ない

ようするに言いたいことは『英語の訛りは関係ない』ということです。
なぜなら、大半の留学生が英語を学ぶ目的が『異なる言語を話す人と意思疎通をするため』だからです。
 

さいごに、、、英語の先にある世界

dream
『英語が話せるとどれくらい世界が変わるか』を数字と一緒にご紹介します。
 

友達100人できるかな?

英語を話せると、友達100人つくるハードルが18倍さがります!!
これはすばらしい( ◜◡ ̄)

・英語人口:18億人
・日本人口:1億2000万人
引用:List of languages by total number of speakers
 

情報弱者になるのがこわいです。。。

英語がわかると、日本語の情報量と比べて5倍以上の情報が手に入ります!

・英語を使うネット人口:5.3億人
・日本語を使うネット人口:9900万人
※ユーザーが多い≒情報量お多いと仮定
Top Ten Internet Languages – World Internet Statistics
 

The following two tabs change content below.

坂内 学

休活BLOG(@kyukatsu)創設。 ITとセブ島とお酒を愛してます。新卒で海外就職して11ヶ月後に退職。今は日本いたり海外いたりでゆるくフリーランスをしています。お仕事はWebマーケティングとプログラミングが専門領域です。詳細はブログにて。
このエントリーをはてなブックマークに追加