休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×理由】休学の動機・目的は「なんとなく」から
このエントリーをはてなブックマークに追加

初めましての方も、そうでない方も改めましてこんにちは。鷲津由伊です。
教育大学に通い、現在は4年目の年を一年半休学している状況ということで、自身の休学計画、経験、思いを「休活ブログ」さんのお手伝いということで綴ることとなりました。これから一年間を掛けて書いていきたいと思いますので、何かご意見、ご感想、質問等がある際は至らない自分ですので、いつでもメッセージ、アドバイスしていただきたいと思っております。

本日は、初めに自己紹介、休学の同期・目的を書きたいと思います。

また、後日には
・休学のために行った準備、計画内容
・留学計画一つ目のイギリスでの出来事
・ヨーロッパでの現地学校での教育実習経験
・日本語教師としてのオーストラリア1
・日本語教師としてのオーストラリア2
というように、テーマを絞って書いていきたいと思います。
ここに書いていくことで、何かご意見、ご感想、質問等がある際はいつでもメッセージしていただきたいです。
至らない自分なので、そのようなお声をいただけることはとっても嬉しいことです。

①自己紹介、休学の動機・目的
自己紹介
名前:鷲津 由伊(わしづ ゆい)
性別:男
年齢:22
趣味:ダンス(Hip-Hop)、バックパッカー(30カ国以上)、ファッション、アート、映画、写真、バスケ、マラソン
専門:学校教育 初等・中等・高等(英語、保健・体育)
 

休学をした理由とは

休学をしてはや半年間がたち、当初の計画では残りあとちょうど一年間休学期間が残っているという状況になりました。
そもそも、私がこの一年半の休学期間を設けた理由は2点あります。

1つ目は、将来偉大な教育者になりたいから自分を磨きたいというあまりにも抽象的な動機でした。
休学前に確実にわかっていたことは、今の自分には何か絶対に足りないものがある。それを定期的に自分にぶつけ一つ一つ向き合って行けばよかったのですが、自分のできることのみに目を向けて、ただ我が道を突き進んできました。なので、時間をとって自分を深く見直す、そんな余裕すら自分にはありませんでした。
このまま大学を卒業して、理想とするかっこいい大人、教師になれるのかと考えたら、休学する以外に考えが及びませんでした。

Large group of teenage students sitting in the classroom and studying. Teacher is assisting one of them.

2つ目は、主体性のない自分、受動的人間を脱出したかったということがあります。
今まで義務教育をそこそこ順風満帆に渡ってきた自分は何をするにしても、人に自分のやることを聞いてその人がやった方がいいと言ったものに関して、またかっこよく見えるようなことを、自分の中の精一杯を尽くしてきました。いわば、平凡なよくいる優等生です。もちろんそれができれば他人、先生からの評価は得られ、それに関してやりがいすら感じていました。
そんな自分に釘をさしてくれたのは、自分の周りの偉大な仲間、先生方でした。休学すると決めてから、大学に通いながら多くの方に相談をして、自分の留学を形にしいこうと動き出しました。

少し長くなってしまいがちなので、小出しに書いて投稿していきたいと思います。
至らない自分ですが、ご意見ご感想があれば是非いただけると幸いです。お待ちしております。

次回の記事【休学×立ち止まる】人生の先輩の一言が私を変えた

The following two tabs change content below.
鷲津由伊

鷲津由伊

岐阜聖徳学園大学学校教育過程/保健体育専修。オーストラリアでワーキングホリデーしながら日本語教師。鷲津由伊の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加