休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
こうして僕はニートになった 【その1】
このエントリーをはてなブックマークに追加

報告

今年の2月から上京して働いていましたが、半年で退職しました。
鬱のような状態になってしまい、仕事をしなくなってもう1カ月が経ちます。
食欲低下、手足の震え、吐き気、頭痛、咳、全身の痺れ。
今はかなり回復してきましたが、普通の生活に戻るにはまだ難しそうです。

今までのブログは、自分の考え方と今までの経歴がメインでした。
今回は、今までどんな仕事をしていたのか。
また、当時の心境も踏まえてご紹介できればと思います。

どんな仕事してたの? その1【全体の流れ】

簡単に説明すると、この一言に尽きます。

「新卒紹介事業」の立ち上げ。
いわゆる「新規事業」ってやつです。
何も形が整ってない状態で始める。
起業がしたかった自分にとって最高の環境でした。

しかし、そう思っていたのもつかの間。
社会人の洗礼と共に新規事業の難しさを痛感しました。

学生集客どうするの?

紹介する企業どうするの?

紹介する流れはどうするの?
…………等々

何もないものから形を創造していく。
こうやって新しい価値観が生まれていく。
少し感動した気持ち。そして、
全然力になれない悔しさを味わいました。
意気込みとは裏腹に何もできない自分。

この時から自分で自分を悪いように考えていきます…
鬱になりかけた原因の1つでもあります。(詳細は次回)

そして私は主に「テレアポ」と「セミナー運営」に注力しました。

※新卒紹介事業とは?
求職者(就活生)に適した仕事、企業を紹介するサービス。
成果報酬として企業側から金銭をもらうのが一般的な事業

どんな仕事してたの? その2【テレアポ】

テレアポ=新規契約企業の発掘です。
新規事業なので、当然契約してくれる企業はゼロからスタート。

何もしなければ、何も起こりません。
よってサービスを知ってもらうために活動する必要がありました。

しかも、ただ知ってもらえばいいというわけではなく、
「決裁権のある人」に知ってもらわなければ、意味がありません。
電話で決裁権のある人まで辿り着かなければいけませんでした。

ここでたくさんの企業に電話をかけさせてもらいました。
企業によって様々な反応の仕方がありました。

「明らかにこの人は新人だ!!」  とか

「この人、この会社っぽいな……」  とか

電話だけではありますが、
その企業の社風を垣間見ることができました。

どんな仕事をしてたの? その3 【セミナー運営】

セミナー運営を、裏方から講師までやらせていただき、
人前で話す経験。初対面の人から信頼される難しさを学びました。

私はダメ大学生だったので、ゼミに所属していません。
人前でプレゼンとか、発表とか全然したことがありません。
とにかくオドオドしていました。

講師目線と受講者目線は見る景色が全然違います。

受講者目線はシビアです。興味のある人、言葉には目を輝かせます。
逆に、こいつはダメだ。と思えば態度や姿勢が一変します。
受講者の能力を問わず、この現象は100%発生しました。

また、起業をしたいと考えていた私は
「人前で堂々と話せるようにならなければ、社長なんかできない」
という考え方があり、深夜に何度も練習。
人前で話す場面をなんとか乗り越えてきました。

すごくざっくりではありますが……
こんな感じの仕事をしていました。

次回はこの仕事、ベンチャー企業にいて学んだこと。
そして、自分の反省点などを書いていきます。

国内インターンに興味がある人に
読んでよかった!
と言ってもらえるように頑張ります。

最後までご覧いただきありがとうございます。
次回もよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
石井 達也

石井 達也

休学して愛知から上京し、ベンチャー企業で経験を積んでいます。私は自他共に認めるダメ人間でした。留学やゼミ活動で大きく考えが変化しました。2014年には起業を考えています。 石井達也の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加