休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【大学1.2年生必見】インターンシップを経験する意義
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

こんにちは

立教大学の芝尾匡人です。

今回は僕が大学生活の中で数多く経験したインターンシップについて記事を書いていこうと思います。

 

インターンシップをするべき3つの理由

 

GD032_L

 

インターンシップって何のためにやるべきでしょうか?理由は人それぞれあると思いますが、僕が考える理由としては以下の3点があると思います。

①どんな会社があり、どんな社員が働いているのか知るため

②会社で働くって何?または成果を出すって何?を体感するため

③同じ大学以外で優秀な学生に出会えるため

 

僕は大学3年まで某カフェでアルバイトをしていましたが、正直なところ、日々社員から言われたルーティーン業務をこなしお金をもらうという流れに飽きを感じていました。「どんな目標を達成するために自らどのように考えどのように行動するのか」見いだし辛かったからです。さらに、アルバイトも一組織で働くということを経験できるものではありますが、就職して働くことを意識したときに「どんな会社でどんな社員とどんなことをやってみたいか」、全く分かりませんでした。

 

 

 

・もっと刺激ある世界でもがき苦しみ、何かを達成することに喜びを感じたい。。。

・業務を通じて、優秀な社員や優秀な学生から学びを得たい。。。

・社会で自分のどんな所が活かせて、どんな所が足りないのか知りたい。。。

そんなことをふと考えたとき、「インターンシップ」をしてみようと思い立ったのです。

 

 

インターンシップの3つの種類

 

インターンシップの種類は多くありますが、カテゴリーとして以下の3つが挙げられます。

 

①大手orベンチャー

②有給or無給

③長期or短期

 

僕が知る限り、大手企業はほとんどが無給かつ短期で、ベンチャー企業は有給かつ短期or長期です。

主観でものを言わせてもらうと、「ベンチャー/有給/短期or長期」がおすすめです。

logo

 

理由としては、「会社で働くことをリアルに体験することができるから」です。

 

・目標達成するためにチーム・個人でどう取り組むかが実践できる

・会社及び社員はどんなことを大事にしているのか学べる

・ 責任感や当事者意識を大事に働き報酬をもらうという喜びを味わえる

 

醍醐味はこれらに尽きると思います。仕事の一部に関する座学を受け、ちょっとしたグループワークをするだけの大手企業のインターンと比べるといかに「会社のことを知りつつ、自ら成長できるのはどちらか」というのは言うまでもないでしょう。

 

これらはあくまで僕個人の意見に過ぎないので、時間がある人は大手とベンチャーどちらもインターンやってみると良いと思います!やってみようと思った際は、できるできないではなく「やるかやらないか」を軸として大事にしてください!

 

 

ちなみに僕は「大手→大手→大手→大手→ベンチャー→ベンチャー→ベンチャー→ベンチャー→ベンチャー」という感じで途中でベンチャー企業のインターンをやってみたことで、よりベンチャー企業のインターンの方が会社のことを知りつつ、自ら成長できると気づくことができたので後半はベンチャー企業ばかり選んでインターンをやっていました。

 

 

「時間は有限」なので、選択と行動は大事にしたいですね。僕は3年までサッカーとアルバイトばかりやっていたので気づくのが遅かったですww僕が経験したインターン11社ほどの内容はまた別の記事に書こうと思うので、参考までに是非読んで下さい。

The following two tabs change content below.
芝尾 匡人

芝尾 匡人

立教大学法学部国際ビジネス法学科5年。休学中は日系企業12社のインターンシップを経験し、大手からベンチャーまで幅広く企業研究を実施。現在は国内外で広告プラットフォーム事業を展開しているMicroAd,incにて営業を担当している。
このエントリーをはてなブックマークに追加