休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×理由】ネガティブだった僕のポジティブな休学
このエントリーをはてなブックマークに追加

高校生活がつまらなかった、嫌いな奴がたくさんいた、地元が大嫌いだった。だから東京の大学に行って、洒落た生活を送って、派手に遊んで、お前らと俺は違うんだってことを、自分を馬鹿にしたやつらに見せつけてやりたかった。

でも、気が付いたら大学に入って6カ月で休学して福井に帰ってきた。

そして、2年後。僕は1年半休学して世界に行ってきます。

 

・こんな人に読んでほしい

・休学して留学?世界一周?インターン?なにそれレベル高すぎ自分には無理だ、って人

・自分を変えてみたい人

 

・自己紹介

初めまして。旅とお酒と服が死ぬほど大好きな大学三年生、田中大基と申します。

FB_IMG_1482908276331

現在は武蔵大学の人文学部、日本・東アジア文化学科に所属しており、今年の2月から1年半休学して6カ月のアイルランド留学、4ヶ月のイギリス留学、8カ月の世界一周を計画しています。

地元は福井県の越前市。高校卒業まで福井で過ごし、卒業後は進学のため上京。

ちなみに、休学するのはこれが初めてではなく1年生の後期に甲状腺機能亢進症という病気になったために半年休学しました。

 

今後はこのブログで留学生活、世界一周の様子を紹介できればと考えています。

 

・なぜ休学するのか

自己紹介に書かれている通り僕は2回休学しています。しかも合計で2年の休学。言ってしまえばよく休学しているやつ(笑)

そんな感じなのでよくいろんな人になんで休学するの?と聞かれます。答えはとてもシンプル。1回目の休学は病気になって辛かったから。2回目の休学は留学と世界一周がやりたいから。

でもまあ、こんなに簡単に言っちゃってますが休学に至るまでは色んな葛藤がありました。

そこでの葛藤、そしてどうやってそれを乗り越えたのか、そうした上でなぜ休学をするのか、ということをさきほど取り上げていたこんな人に読んでほしい、と関連させて書いていきます。

 

休学して留学?世界一周?インターン?なにそれレベル高すぎ自分には無理

初めて休学を決めた大学一年生の秋。休学について調べていたらこの休活ブログに辿り着きました。しかしそこに書かれていたのは留学、世界一周、インターン、かたや僕は大学に入学してたった半年で病気になって休学。このサイトに書かれていたキラキラしたポジティブな文字たちを見て自分はひどく卑屈になりました。

ダウンロード

 

なんだこの人たちは・・・自分とは住んでいるレベルが違う・・・俺はこの人たちみたいなことをすることは一生ないんだろうな。

 

この時の僕は何かにつけて自分と他人を比較していました。この人は自分より下で、この人は自分より上、というように。

元をたどれば東京の大学に進学しようと決めた時からこのようなことをし始めました。高校に馴染めずに半ば不登校。まあ、そうなったのはあんまり勉強ができないくせに自分のレベルより上の高校を選んでしまったこともあるんですが。

勿論、授業にはあまりついていけずにあっという間に落ちこぼれの出来上がり。変に尖ってしまったせいもあり、学校の色んな人から冷ややかな目で見られたり、馬鹿にされたりしました。結果。高校が大嫌いに。

 

俺はこんな田舎の高校に通って、一生地元から出ずに地元で威張り続けるやつとは絶対一緒にはならない。東京の大学に行って、お洒落な生活を送って、地元の人間を田舎者といって馬鹿にしてやる。

 

こんなことをずっと考えていました。事実、東京には僕のつまらない自尊心や競争心を満たしてくれるものはたくさんありました。

渋谷で服を買ってみたり、洒落たバーやカフェに行ってみたり、友達とクラブに行ってみたり。

自分の想像した東京生活を満喫しました。でも、それだけ。何も満たされはしませんでした。結局、自分は空っぽな人間だってことが頭の片隅にずっとありました。

 

そして、そんなときにこのブログを見たとき、その思いが爆発しました。

結局自分は空っぽで、無価値で、「下」の人間だということを。

一回目の休学である半年間はひどく陰鬱な気分で過ごしたことを覚えています。

 

自分を変えてみたい

復学後、なぜか僕はボランティアをしにネパールに行きます。理由は当時好きだった子に振られてとにかく女の子との出会いが欲しかったから(笑)。正直、当時の僕はかなりネガティブだったのでそんなやつ振られて当然な訳ですが。そして自分を変えてみたい、という気持ちも少しだけ芽生えました。

 

初めての海外、発展途上国。ネパールで大地震があった直後なので瓦礫の山や、足のない少年の物乞い。自分には衝撃的な出来事ばかりでした。そして、世界の色んな所に行って、いろんなものを自分の目で見てみたいと思いました。そんな経緯でバックパッカースタイルで海外に旅に行くことを決めました。

12043053_483252965200348_3881729083525057905_n

 

初めての旅はベトナム、カンボジア、タイ。友人と二人で行きました。二人ともパッケージツアーではない海外旅は初めてのため、最初はなにも勝手がわかりませんでした。

 

空港から市内までどうやって行くのか、バスの予約はどこでするのか、そもそも英語がまったくわからない・・・

 

もちろん、かなりぼったくられまくりますし、英語ができなさ過ぎて宿のスタッフには呆れられますし、お腹を下して死にかけますし・・・

 

正直、辛いことが多すぎて日本に帰りたくてしょうがなかったですし、行かなければよかった、って思うこともたくさんありました。

しかし、日本に帰国する飛行機の中で考えていたことはやっと日本に帰れる、ということではありませんでした。ただ、根拠のない圧倒的な自信だけです。

 

英語もろくに喋れないし、トラブルたくさんあったけどなんとか日本に帰れる!!!俺らって意外とやるじゃん!!!

MAX98_yattazeyossya20140531_TP_V

 

そして、今度はその根拠なき自信だけをたよりにインドへ一人旅に。勿論、頼れる人は周りに誰もいないので自分を信じなければいけません。

そして、もちろん話し相手がいないのでとても寂しいです(笑)

そんな孤独感を無くすために宿にいる人、電車で近くに座った人などにとにかく話しかけてみました。勿論、相手から話しかけられたら必死で会話を続けようとしたり。

 

結果、人見知りを克服しました(笑)

DSC_0338

FB_IMG_1471251139377

 

そして、もやもやとした根拠のない自信ははっきりとしたものになりました。

 

俺は自分の力で何かを達成することができるんだ。俺はできるやつなんだ

 

また、旅を通して出会った人たちも自分を大きく変えてくれました。

ビジネスをして成功している現地の人、自分より偏差値が下の大学に通っているが遥かに僕より経験豊富な人。まだ16歳なのに3か国語をしゃべる人。

 

発展途上国の人、自分より学歴が低い人、年下。昔の僕なら無条件に自分よりも「下」だと決めつけていた人を素直にすごい、こうなってみたい、と思いました。

そして、誰が自分よりも「上」だとか「下」だとか、っていう考えはバカバカしい。その人を外面だけで判断するのはつまらないことなんだと気が付きました。

 

そうすると、自然と自分と他人を見比べなくなりました。理由は人と接するときに常にフラットな姿勢になることができるから。

 

自分を変えるのって長い時間がかかるっていう人もいます。でも、僕は嫌いな自分なんてすぐに変えれるって思ってます。

 

あるインド人の言葉で決めた休学

元々、初めての海外旅に行った後の僕はもう一度休学して留学と世界一周に行きたいと思っていました。海外に行ってみて英語の重要性を痛感したのと、もっといろんな国に行ってみたいと思ったからです。実際には1年以上休学したいと思いましたが、さすがにそんなに休学すると卒業年度が遅れて、就活で不利になるのを恐れて、半年だけと決めていました。

 

しかし、インド一人旅の時、とあるインド人の言葉が僕を変えました。

たまたま仲良くなった彼にこのようなことを話したとき、急に真面目な顔になって彼は言いました。

 

「何かをやるときに、でも、だとか、もし、っていうのは考えちゃいけない。とにかくやってみるんだ。もし失敗してしまっても大丈夫。君はまだ若いんだからいくらでもやり直せるよ。」

 

これを聞いたとき、頭に物凄い電流が流れました。ネパールに行くとき、初めて海外旅をしたとき、インドに一人で行ったときに、でも自分には無理だ、だとか、もし何かあったら、って考えていたら今の自分はいないってことを。色んなリスクを冒して、乗り越えたからこそ自分を変えられたことを。

だから、でも、とか、もし、って言って挑戦することを辞めたらいけなことに気が付きました。

そして思い切って、1年半という期間を休学に当てて、挑戦することに決めました。

 

今自分を変えてみたいって考えている人、とにかく、でも、とか、もし、って考えずにとにかく何か勇気をだして一歩踏み出して自分のやってみたい、って思ったことをやってみてください。それには色んなリスクが付きまとうかもしれません。でも、それを乗り越えたときに気づくのは、自分はもう以前の嫌いな自分ではなくなっているっていうこと。

 

そんなこんなで、僕の1年半の挑戦、はじまりはじまり。

次回の記事→【休学×アイルランド留学】アイルランド留学ってぶっちゃけどうなの?

The following two tabs change content below.
田中 大基

田中 大基

武蔵大学/人文学部/日本・東アジア文化学科。現在、大学三年生。旅とお洒落とお酒が死ぬほど大好きです。1年生の後期に甲状腺機能亢進症というひたすら汗をかきまくって、ひたすら心臓の鼓動が早くなって、ひたすら疲れやすくなるという病気にかかり半期休学。復学後は暇だから、女の子との出会いが欲しい、という理由でネパールへボランティアしに行く。このことがきっかけで海外に興味をもつ。その後は長期休みにはバックパッカースタイルでアジアを旅するようになる。現在は4年次に上がるタイミングで1年半休学し、アイルランド、イギリスへ合計10ヶ月英語留学、その後は8ヶ月世界一周に行く予定。田中大基の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加