休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
エンジニア志望の『理系コミュ障』は留学するべき|就活で矛盾を自作する
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は『留学先で日本人と付き合うメリット』を書きました。今回はちょい就活系です。
 

◆今回のテーマ
エンジニア志望の『理系コミュ障』は留学するべき
 
disable
 

■記事で伝えたいこと
自分のなかで『矛盾』をつくることの大切さ
弱み克服の話でもあります。
 
実体験に基づいた記事です笑。
恥ずかしいけど、ブログ書いていきますー㏄= ㏄=┌( ・_・)┘
 

■まずはじめに、、、
今回のテーマを分解してみる。
(※あくまで僕の自論です。)

□エンジニア志望   □理系
– オタク        – オタク
– 主張が弱い      – 主張が弱い
– 家が大好き      – 家が大好き

つまり、以下のことがいえる。

□エンジニア志望 × 理系
– オタク
– 主張が弱い
– 家が大好き

かけ算しても、なにも変わらない。。
「これはまずいでしょ…」と思います。
 

■なんでまずいのか?
結論:他の学生と差別化できない。

面接で差別化するのもむりです。
理由:コミュ障は「自分のことを話すのが苦手」だから。
 

■じゃあどうすればいいか?
結論:アクションを起こす。

アクションはなんでも構いません。
ex) 留学、インターン、世界一周…etc
 

■就活前にアクション起こすとどうなるか?
企業から興味をもたれる。
嘘だと思うなら以下をご覧ください。

□理系 × エンジニア志望 × 世界一周
– オタク
– 主張が弱い
インドア系
世界一周

赤字部分に『矛盾』が発生しています。
企業は、この矛盾を解決したいのであなたを面接に呼ぶでしょう。
 

■理系コミュ障だから面接とか無理なのでは…?

結論:赤字部分のみを対策する。

つまり、『インドア派だけど世界一周した理由』を考えて面接に行けばいい。
コミュ力の高い人は、幅広い質問に答えられるように対策すると思います。
コミュ障が同じことをしたら日が暮れます。
そのために、あえて「矛盾」を作りました。
 

■結局なにがいいたいか?
弱み克服のはなしです。

今回のテーマをもう一度見てみます。
エンジニア志望の『理系コミュ障』は留学するべき

弱みは『コミュ障』の部分です。
今回の記事をまとめると、以下のように弱みを対策できます。

コミュ障を克服したい!
 ⇒面接対策しなきゃ…
  ⇒質問項目が多すぎてむり…
   ⇒質問を誘導するしかない!
    ⇒じゃあ矛盾点をつくってみよう!

以上となりますー!

『かわいい』は『危ない』|180日間の留学で『夢』が『英語化』した | 休活BLOG
次回の記事はこちらからどうぞ

The following two tabs change content below.

坂内 学

休活BLOG(@kyukatsu)創設。 ITとセブ島とお酒を愛してます。新卒で海外就職して11ヶ月後に退職。今は日本いたり海外いたりでゆるくフリーランスをしています。お仕事はWebマーケティングとプログラミングが専門領域です。詳細はブログにて。
このエントリーをはてなブックマークに追加