休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【フィジーの裏の顔】フィジー留学の費用・英語力・環境を全て暴露します
このエントリーをはてなブックマークに追加

第2回目となる今回は半年間のフィジー語学留学について書いていきます!!
前回の記事⇒『迷ったら前へ』迷う事に疲れた大学生の決断と休学で得られた4つの結果

実は僕、留学前にフィジーが国ということすら知らなかったんです(笑)

そんな僕がフィジーを知ったきっかけは仲の良い友達から聞いて調べ始めたことでした。

フィジーの魅力といえば物価の安さと、何と言ってもきれいな海!!!

1
ん~やっぱりきれいですね。
今すぐにでも帰りたいくらいです(笑)

 

僕が考えるフィジーの魅力

1. 語学学校の値段がほかの国に比べて安い部類に入る

2. 物価が安いため生活にかかるお金が安い

3. 英語学習者にとって優しい環境

4. フレンドリーな国民性のため現地の友達もできやすい

5. きれいな海、ビーチ、アイランドがたくさんある

6. オーストラリア、ニュージーランドに近い

大きく分けてこのような魅力があると思います。
それではもう少し詳しく紹介していきます!!

留学の際、最初に大きな問題となるのがお金の問題ですよね。

僕も大学生でお金なんて全然余裕なかったのでフィジー留学の安さは魅力的でした。

フィジーの語学学校の費用(僕の調べたとき)

1年間の授業料1年間のホームステイ費(朝食・夕食つき)
110万円前後

学校+ホームステイでこの値段はかなり安いといえるのではないでしょうか?

そして語学学校の安さより大きいのは物価の安さです。

僕が毎月使っていたのは、月2万5千円~3万5千円ほどでした。

毎日昼食は外食、月に2、3回は映画館通ったり週末はビーチへ遊びに行ったり、飲みにいったりと、節約に励んだというわけではありませんので、頑張れば2万円で十分生活できるといった感じでした。

2
3万×滞在月数+@で考えていただければ、大体の生活費が分かるかと思います。
またフィジアンは本当に陽気でフレンドリーです。

特に日本人に対してすごく親日で、道を歩いているだけで声をかけられたりすることもしばしばありました。

3

また彼らも母国語は英語ではないため(フィジアン、インディアン6:4くらい?)、
会話で自分が分からなくても何とか分かるように時間をかけて付き合ってくれる人が多かっです。

自分もフィジーでは現地の友達と筋トレをしたり、映画に行ったり、パーティを行ったりと現地の友達も多くできたと思います。

そしてなんといってもフィジーの醍醐味といえば海!!

町の近くの海は全然きれいではないという誤算もありましたが、
少しバスに乗れば感動するくらいきれいな海がたくさんあります。

アイランドも数えきれないほどあり、フィジーの良さ、魅力はハンパないです。

ネガティブな面について

ただ、もちろんマイナス面も多くあります。

まずフィジーは今留学先として人気が広がりつつあります。

学校の生徒もほぼ100%日本人しかいません。

これは非常に大きなマイナス面で偽りようのない事実です。

その中で僕が考えるのは、学校選びには注意してほしいということです。

どの学校が良くて、ここはやめとけとは記事の中では言えないので

もしフィジー留学を考えていて気になる人がいたら直接聞いてください(笑)

またすでに書きましたがフィジーの人たちは日本人が大好きです。

特にインディアンの男性は日本人の女の子と仲良くなりたくて、しょっちゅう声をかけてきたり執拗に連絡先を聞いてきたりします。

ちらほら危ない話も聞くので特に女性の方はそういうことを理解した上で生活していただけたらと思います。
そしてホストファミリーに関してもフィジアン、インディアンのどちらかになるのですが
家庭内での会話はそれぞれの母国語で自分たちと話すときだけ英語といった家庭がほとんどです。

僕は本当にいいホストファミリーに出会ってよくしてもらったのですが、やはり英語で常に話してくれる環境だったらなぁなどと思ったりもしました。
4

※今でも連絡してくれる大好きなファミリーです!!!

結果として・・・

これらのことを踏まえたうえで、
僕の個人的な意見として、フィジー留学はオススメです。

特に今現在に英語が全く話せない、苦手という人には最適ではないかと思います。

ただフィジーでの英語学習は基礎レベルが中心、もしくは限界だと思います。

今現在英語が得意だったり、本当に将来英語を使って仕事をするようなことを目標にしている人たちには残念ながらオススメは出来ません。
やはり英語の本場といわれるような国に行ったほうがいいのではないかと思います。

また、留学を考えているなら、今一度自分の英語力を試してみてはいかがでしょうか?
CASECならいつでもオンラインで受験可能!しかもTOEICよりも安く短時間で受けられるのがポイントです。
詳しくはこちら→【旅×英語】世界一周経験者がCASECのスコアを晒してみる

 

そして大学生などお金に余裕がないけれど留学、英語の学習がしたい人には
フィジーで英語の基礎+オーストラリア、ニュージーランドなどでのワーホリなどが良いのではないかと思います。交通費を節約するなら格安航空券を取り扱っているスカイスキャナーがおすすめ!最安値の航空券を探してくれるので、いつも利用させていただいてます。
詳しくはこちら→【休学希望者は必読】格安で航空券を買うにはタイミングが重要!?

実際に僕がフィジーで知り合った人の中でも多くの人がニュージーランドでワーホリをしています。

ワーホリは語学力は伸びないなどと言われていますが、ワーホリビザで語学学校に通うことも可能ですし、英語で仕事をしてお金を稼ぎながら勉強できるワーホリは個人的にアリなんじゃないかなあと思います。

さて、だんだん長くなっていてしまいましたので、ここら辺で今回は終わりにしようかと思います。

フィジー留学を考えている方、まだ留学先で迷っている方、フィジーに興味がある方、旅行で行ってみようかなって方、何でも構いませんので聞きたいことあれば連絡ください!!
安くアイランドに行く方法や安いエクスチェンジ場所、お酒飲むのにオススメな場所などいろいろと現地で得たディープな話など興味があれば教えます(笑)

もし、みんなが聞きたいことなあればそれについても書きますのでリクエストがあればぜひ!!

最後までありがとうございます~
twitter:@shampoo_y
Facebook : Yuto Sugiura

The following two tabs change content below.
杉浦 悠斗

杉浦 悠斗

愛知県出身、山梨県立大学3年の杉浦 悠斗です。休学中の活動内容は フィジー留学(2013.2~8)、カナダワーホリ(2014.2~)、アメリカ大陸バックパッカーです。 これから休学を考えている人やフィジー、カナダに行くことを考えている人、中南米を中心としたアメリカ大陸に興味がある人への有意義な情報を休活Blogの記事にまとめていこうと思います。 杉浦 悠斗の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加