休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
世界一周ではなく..?!たったの20万と1ヵ月で、10ヶ国100人の外国人と友達になれる船旅とは?
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは

たかつかです!

今回は、


たったの20万と1ヵ月で10ヶ国100人の海外青年と友達になれる船旅を紹介します!


(先に断っておきますがピースボートではありません!)

普通、10ヶ国それぞれの人たち100人と友達になろうとしたら、
どこかの国へ飛行機へ行って、現地に2日間くらい滞在して、
またどこかの国へ飛んで…
っというのを10回繰り返しますよね。

10回も飛行機を乗り継ぐ…
ほぼ世界一周しているのに近しいかもしれませんね笑

世界1周チケットなるものがありますが、
その価格でさえ50万円もかかります。

さらに、食費、宿泊費などを含めるとうまくやりくりしたとしても、40万円。
海外で本場ネイティブの友達を創ろうとするとその費用は莫大なのです…

旅好きな方や、国際交流好きな方は承知の通りだと思います。

しかし、今回私が参加したプログラムは、
20日間、船の中で10ヶ国100人の海外の人と寝食をともにして、
文化交流をしたり、世界共通の課題について意見交換をしたりするものです。

たったの…20万円で!!!

そのプログラムとは、

「世界青年の船」事業です。

世界青年の船とは、内閣府が主催する歴史ある国際交流プログラムです!
つまり、国から認められた..というより、国が全面的に補助しているプログラムです!!
(知ってた人はごめんなさい。)

でも、これ知っている人少ないんです。

どんなプログラムなのかというと、
青少年の国際間のリーダーシップの育成と交流を目的とした事業で、
日本人参加者約100人と海外青年10ヶ国100人とが船の中で共同生活しながら、
ディスカッションだったり、伝統文化の発表だったりをして交流を深めるものです。

20日間、10ヶ国の海外の人と運命共同体になります。笑
友達とか言っていましたが、それ以上の仲間?濃い人?恋人?!の
関係にまでなる可能性があるような事業です!

まさに、

船旅したいけど、お金かかる…

色んな国の人と友達になりたいけど色んな国にいっぺんに行くことは無理…

などなどの人々にとっては、朗報です!

そして、参加費は約20万円!!!

内閣府が主催するプログラムなので、費用のほとんどを国が補助してくれるんです。

もうこれは参加するしかありませんね!

でも…
すごい人しか参加できなかったりするんでしょ…?

そんなことはありません!
このぼくでも参加しているのですから笑

参加資格は、18歳から30歳までの人ならだれでも参加可能です!!

試験ありますが。
でも、しっかり事前準備すれば、試験はパスできる確率が非常に高いです!

開催は年1回のだいたい2月~3月あたりです。

気になった方は、HPを紹介するのでそちらをご覧ください!
(世界青年の船の他にもいくつか事業あります!!)

今回は、概要だけを紹介しました。

とりあえず、
20万で10ヶ国100人の外国人と友達になれる船旅があるということだけでも知っていただけたら幸いです。

おそらく、不明なことが多すぎると思うので、

・ディスカッションってどんな感じなの…?
・伝統文化の紹介って何するの…?
・船乗ってどこ行くの…?
・選考会の試験ってどんなことやるの…?
などなど

より具体的な内容はこれからいくつかに分けて紹介していきますね。

ぼくもいっぺんには紹介しきれないほどの情報量なのでww

気になった方は、
ブックマークをしておいてください。
更新した際に、お知らせできるので。

542778_159336330887138_1200346799_n

世界青年の船事業の詳細はこちらからご覧ください。

内閣府国際交流事業HP
 

———————————

ちなみに…個人的な宣伝ですが、笑
現在、物々交換で家を目指す!!!という企画を一人で勝手にやっています!笑
おまけでついてきたキーホルダーからスタートして現在25交換目。

モノが3つで、

・ウイニングイレブン2009
・たばこ(アメリカ製)
・腕時計

になっています!

気になった方は、
ブログ更新とツイッターで交換の実況しているのでよろしければフォローお願いします!^^

○Twitter(@T_children

○ブログ

物々交換で家を目指す!わらしべ長者の足跡編
 

The following two tabs change content below.
高塚 大揮
休学して、世界青年の船事業に参加した後、ソーラーパネルの飛込み営業や各種インターンをしてました。 ブログでは「したい」に素直に生きる大切さを発信していきます。 高塚 大揮の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加