休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×きっかけ】海外インターンへの入り口〜フィリピン留学〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事→【休学×マッチング】海外インターンの選び方〜ミスマッチを減らす工夫〜

記事の流れ

  • 1.はじめに…
  • 2.海外インターンへの入り口はフィリピン留学
  • 3.英語への再チャレンジのために、休学!しかし…
  • 4.おわりに…

はじめに…

コミュニケーションアイコン4
「いきなり海外インターンはちょっと…」という人は、短期間でも海外に行ってみることをすすめます。そのワンチャレンジが将来のキャリアの入り口になるかもしれません。
 

私はなんの脈絡もなく、発作的に海外インターンをしたわけではありません。大学入りたてホカホカの私は、まさか3年後、自分がベトナムでインターンしているなんて夢にも思っていませんでした。そのはじめの一歩はフィリピン留学でした
 

海外インターンへの入り口はフィリピン留学

ドアアイコン

話を少し遡ります。大学入学当初、「在学中に一度、海外留学をしたい! ただ、お金がない… 家からお金も引き出せそうにない。自分で貯めるしかない。短期間で学生がアルバイトで貯められる額はせいぜい50万程度。予算から考えると、短期留学でアメリカがカナダかな」と思っていました。
 
その話を当時お世話になっていた大学の英語の先生に話したところ、「アメリカやカナダじゃなくて、フィリピンでもいいんじゃないか?」と言われ、「フィリピン留学」をググりました。
 
調べたところ、フィリピンなら、アメリカやカナダと同じ金額で、その倍の期間、滞在できるらしい。しかも、欧米は集団授業が主流の一方で、フィリピンの授業はマンツーマン。「なんかよさそう」と思い、フィリピンに行くことにしました。
 
ただ、一つ落とし穴がありました。英語が話せるようになることより、留学に行くことが目的になっていました。フィリピン人の先生と友だちになって旅行をしたり、格安マッサージを満喫したりと、「あ〜楽しかったなあ〜」で帰ってきてしまいました。
 
「実際、英語喋れるようになった?」と聞かれると、渋い顔をせざる負えない自分が何だか嫌でした。ここで感じた英語に対する不完全燃焼感が、次の休学の原動力になります。
 

英語への再チャレンジのために、休学!しかし…

地球アイコン9

 

そして、大学3年の秋。今度は1年間休学して、日本でアルバイトをしながら、ある程度、単語や文法の知識を蓄え、残りの半年間で、再度フィリピンで英語を使う訓練をしようと決めました。海外インターンの存在は知っていましたが、自分とは縁の遠いもの…という認識でした。
 
ここでまたきっかけをくれる人が現れます。フィリピン留学について情報発信を盛んにしている方に、よい学校を紹介してもらおうと留学相談をしました。
 
その時、「一度、フィリピン行ってるんだったら、海外インターンとかで実際に英語を使ってみる体験をした方がいいんじゃない?」と言われました。そのとき私は、「いや〜、、海外インターンなんて、自分にはハードルが高いっす」と返していました。
 
ただ、そう言いつつも、英語を学ぶために英語を学ぶより、具体的にどこかの国でインターンをするために英語を学ぶほうが、モチベーションや成長率が違うんではないかと思い、留学期間を半年から8週間に短縮。残りの期間を海外インターンに当てることに決めました。 

おわりに…

以上のような一連の流れがあったからこそ、海外インターンしよう!という決断ができました。今振り返ると、全てが繋がっていました。ただ海外留学したいなあとボヤッと思っていたままで、行動せず大学生活を過ごしていたら、今の自分にはたどり着けていません。
 
はじめの一歩が肝心です。新しい環境に飛び込んでみる勇気。それが必要です。
 

加えて、誰かに背中を押してもらうというのも大切です。だから、信頼のおける人に相談してみるというのもいいかもしれません。幸い、私にはそういう人たちが現れてくれました。人生の転機には、必然的にそういう出会いやきっかけがあるような気がします。

最後に、実際に私がフィリピンで留学した2校のリンクと短期の海外インターンシッププログラムを紹介して終わります。海外インターンへの入り口になってくれたらうれしいです。参考程度にクリックしてみてください。
 

◆CNE1

(2015年2月から3月、7週間滞在)
IMG_2743
マニラから車で北に5時間程度、田舎町にある語学学校。マンゴー畑を開墾して、校舎を建てたそうです。先生たちも生徒と同じ敷地内に住んでいるため、先生と生徒の距離が近いのが特徴。
 

◆サウスピーク

(2016年7月から9月、8週間滞在)
IMG_2744
セブ島にある本気留学がコンセプトの語学学校。日本語禁止(EOP)校舎があり、EOPがしっかり機能していて、モチベーションか高い生徒が多い。入学申し込み後に、個人ごとにカリキュラムを作成してもらえるのが特徴。
 
※サウスピークをもっと知りたいアナタヘ!
🔹英語力が【劇的】に変わる、本気の留学をしよう。英語力が【劇的】に変わる、本気の留学をしよう。

*おまけ 学校選びでお世話になったサイト

◆フィリピン留学ラジオ

実際にフィリピン留学した人の生の声を集めた留学体験記サイト。基本的に語学学校のホームページは、宣伝のためにあるので、悪いことは書かない。一方で、このサイトでは、いいところだけではなく、悪いところも語られている。音源もあるので、スマートフォン等で手軽にで聞くこともできて便利。
 

短期海外インターンシッププログラム

◆グロキャン!

foot_logo
1週間という短期間で、ベトナム・ホーチミンを舞台に、ビジネス基礎力とグローバルマインドを養成する短期研修プログラム。手前味噌で恐縮ですが、私が海外インターンでお世話になっていた会社、Spice Up Vietnamが力を入れている新研修プログラムです。講師は『地球の歩き方』の ベトナム版にも寄稿しているベトナム通、私の元社長こと、三宅秀晃。留学や海外ボランティアとは違う刺激が欲しい人や長期海外インターンを検討している人にはオススメ。費用も12万と学生でも手が届くお値段です。
 

The following two tabs change content below.
佐藤剛

佐藤剛

2015年11月、就職活動直前に休学を決断し、半年間、海外で生活する計画を立てる。半年間分の資金を調達するため、2016年7月まで新聞社でアルバイトをし、7月末からフィリピン・セブへ2ヶ月間の語学留学。9月末から2017年1月まで、ベトナム・ホーチミンの日系ベンチャー企業でインターン。佐藤剛の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加