休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×周りの反応】自分がどう思われたか
このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!
東海大学3年の上野翔平です。

読んでもらいたい人

「休学したいけど、周りの目が気になる人」
「就活のときに何か言われるかな…と思い踏み出せない人」
今日は休学をしたことによる周りの反応と、オーストラリアに出てきて実際に感じた周りの反応をお話ししたいと思います!

まずは仲の良い大学の仲間たちの反応。

休学届けを提出する前
僕「俺、休学して留学とワーホリに行ってくる。」
友「なんで?」
僕「海外に住んで見たい憧れもあるし、何より今やりたいと思ったから!」
友「そっか。でも就活のときにできた空白期間はなんて説明するの?」
僕「それはこれから得る経験をうまく話せれば言いでしょ!」
友「休学なんてしたら就活の時の心象悪くなるよ。」
僕「・・・(別に就活のために行く訳じゃないし)」
友「俺は認められないわ。」
僕「・・・」

この後もことあるごとに反対されました。笑
今思えば僕を心配して止めてくれたのかな、と思いますけどもう心は決まっていた自分には雑音でしかありませんでした。
自分で決めた本当にやりたいことって誰に何を言われても気にならない物ですね。

ちなみに彼らはなんだかんだ出国の日にちゃんと空港まで送ってくれました。笑
今でも連絡を取り合って、夢を共有できる大切な友人です。
続いてゼミの教授。海外での教鞭経験もある国際政治・国際経済専門のグローバルな方。

僕「先生、休学して留学に行きたいのですが。」
教授「ほー、いいね。昔の教え子にもそういう学生がいたなあ。じゃあ教務課から書類もらってきて書いちゃおうか。」
僕「わかりました。」

一切反対されずに受理してもらいました。
反対されると思って構えていたので拍子抜けしてしまいました。
ここからはオーストラリアに来てからの反応。

シェアハウスを見つけるまでの間、ホステルに泊まった時にイギリス人の女の子と部屋が一緒で仲良くなりました。

僕「実は大学を休学して来たんだ。これって日本だとちょっと珍しいケースなんだよ。」
女の子A「へー、私が休学したときはイギリスからから東南アジアまで歩いて旅したなー。」
女の子B「私の休学中は別々のルートで世界3周したわよ。」
僕「・・・」

もうスケールが違いますね。何も驚かれることなんてなく、むしろ「あなたまさかずっとシドニーにいるつもりじゃないわよね?」なんてこと言われました。後から聞いたらイギリスではギャップイヤーを取得することは何も珍しいことではないみたいです。ちょっとドヤった自分が恥ずかしかったです。
そしてオーストラリアにいる日本人の方々の反応。

僕「実は僕、休学してこっちに来てるんです。」
日本人「そうなんだ!いいなー。絶対若いうちに海外に出た方がいいよ!」
僕「そうゆうものですかね?」
日本人「絶対に若いうちの方が良い。年上の人から色々なものを吸収しなさい。休学してでもその価値はあるよ。」

こっちにいると、とにかく若いことを言われます。
確かに大学生以上の年齢の人が多く、様々なバックグラウンドを持った人がいます。
オーストラリアで起業した人、家族に黙って来た人、路上で絵を描いてチップで生計を立ててる人、プロサッカー選手になるために来た人、ちょっといかがわしい商売をしていた人、etc…

まだ二十歳そこそこで将来のことを考える時間の多い僕には、眩しいほど自分の人生を全力で突っ走っている人に出会える機会が溢れています。これはオーストラリアに来るまでは予期していなかったので思いがけないラッキーでした。
これだけここにいて気付いた事は、休学をしたことが無い人はそれをある種のタブーだと考え、海外に出たことがある人はそれを推奨する、ということ。休学=海外、だけという訳ではなくインターンや他の活動もする時間があるので色々な人に出会えます。
大切なのは年上の人と接する時間を持つこと。それも枠から外れる事を恐れないアグレッシブな人達だと良いと思います。

そして何より休学中は自分の将来について自分自身と相談できる。
本当に深く向き合う事が出来ます。

他人に「休学なんてしたからにはそれなりに経験あるんだろうね?」なんて言ってくる人は気にする必要一切なし。
就活で休学した事をネガティブに捉えられる可能性ももちろんありますけど、その時に「私はこうしてきました!」ってはっきり言えるようにしておけばいいんです。全ては自分自身です。

休学をすることに対して構える必要はありません。
今しか出来ないことに、なりふり構わず突っ込んで行きましょう!

The following two tabs change content below.
上野 翔平

上野 翔平

1年の休学を終え就活モード突入。某ベンチャー企業にてインターンシップをしながら大学に通いつつ執筆中。休学・自分探しに興味ある方の背中を押せたらと思っています。自分も勇気づけられたこの休活ブログに参加できることに感謝!
このエントリーをはてなブックマークに追加