休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×計画】休学計画の立て方の極意っ!なんてものはない
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事→【休学×理由】平々凡々な学生(私大・文系)が休学に至った本当の理由

はじめに…

巻物のフリーアイコン

タイトルを読んで、期待を裏切ってしまったら申し訳ないです。でも、テンプレートがないというのが休学です。何をしてもいいんです。

 

一日家でお菓子つまみながらアニメを見てもよし。青春18切符で鈍行列車の旅をしてもよし。休学期間中は、一時的に今まで所属していたものから解放されます。あなたに干渉するものはありません。

 

私は「バイトフィリピン留学海外インターン(ベトナム)」という計画を立てました。

どういうプロセスでこの計画に至ったのか、今回はそれを主題に書きたいと思います。

フリーになったら何する??

登山者アイコン

ご自由にどうぞって丸投げされても困る、何したらいいかわからん」という人もいると思います。私はどちらかと言うとそのタイプです。じゆうというのは案外難しいです。自由は責任も伴います。

 

そんなとき大事な考え方は、「休学を終えたとき、自分自身が納得できるかどうか」、そこに尽きます。さらに言えば、自分は何をしたら満足感が得られるのかということ。これはまさに、自分と向き合う作業です。

 

ひるがえって、私はどうだったかというと、自分が認識している自分の枠から一歩出てみて、新鮮なことをやってみる。そして、そこから得られる出会い発見に飢えていたんだと思います。

(正直に言えば、自分に縁も所縁もない土地で暮らし働けば、なんか面白そうという軽〜い気持ちでしたw)

 

だから、私は「異文化×ベンチャー」(絶対にかけちゃいけない…笑)という環境に飛び込こんでみました。

 

でも、いきなりベトナムに行くのはちょっと怖い。なので、ワンクッション置くために、フィリピンの語学学校で英語を勉強することにしました。そのためのお金が足りなかったので、前半はアルバイトをして貯金というのが、私の一連の計画の流れです。

 

まとめ

以上が休学を決めたあとの脳内プロセスです。今回、私が伝えたかったことに下にまとめると…

 

  • 休学を終えたあと自分はどうなっていたいのか、その仕上りを想像することが大切。そして、そこから逆算して計画を立ていく。

 

月並みで目新しさはないかもしれません。でも、奇抜さだけを求めると中身がスカスカになってしまうと思います。なので、とことん向き合ってみてください。それも贅沢な時間です。

 

以上、お付き合いいただきありがとうございましたm(_ _)m

 
次回の記事→【休学×マッチング】海外インターンの選び方〜ミスマッチを減らす工夫〜

The following two tabs change content below.
佐藤剛

佐藤剛

2015年11月、就職活動直前に休学を決断し、半年間、海外で生活する計画を立てる。半年間分の資金を調達するため、2016年7月まで新聞社でアルバイトをし、7月末からフィリピン・セブへ2ヶ月間の語学留学。9月末から2017年1月まで、ベトナム・ホーチミンの日系ベンチャー企業でインターン。佐藤剛の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加