休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×どん底】なーーんにも上手くいかない、そんな時は休学してみよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

初めまして♬初投稿!ドキドキ~♡♡♡
もうすぐ卒業するのに就職先がない!フリーター確定大学生ミラちゃんです。

934778_1830434800515548_1763210954034546838_n

塚西美来

立教大学観光学部4年

2015年5月~1年間 オーストラリアにワーホリで滞在

→シドニー、タスマニアに半年ずつ在住しました

こんな人に読んでもらいたいな。

・人生、大学が楽しくない人

・将来が不安な人

・自分が嫌いな人

このブログでは、私がどん底のネガティブクズ状態↓から、どのように明るく楽しいポジティブクズ↑になっていったのか、包み隠さずお話します。今の自分に悩んでいる方の肩の荷を、降ろすまではいかなくても、少し軽くできたらいいなーと思っています。

さて今回は、私が休学するに至った経緯について少しお話してみたいと思います。

休学する前の私↓

77c7a0ea0c31a536095519a781cf21b5_s

 

皆さん、何かに迷ってこのブログに辿り着いた方なのかな?

私も本当によく悩みます。悩み始めると何にも手に付きません。

休学する前は特にそうでした。

自分の容姿や、周囲との関係、将来、とにかく常に悩んでいた気がします。

どうにかして今の自分を変えたい、今の自分から抜け出したい、そう思っては何もできずにいる、そんな毎日の繰り返しでした。

今でももちろん悩みますよ、それでもね、今は何かが違うんです。

大げさかもしれないけれど、見える世界が違う。悩んでいても向いているのは前なんです。

つい2、3年前とはまるで違う自分がここにいます。

色々な体験が少しずつ私を変えてくれたし、休学する前に悩んでいたあの時間もかけがえのないものなんだと思います。

ただ、休学した一年間が私の人生の転機になったことは確かです。

 

何一つ上手くいかない大学時代

人から言われたことをやるのが大嫌いだった私は、とにかくバイトが長続きしませんでした

ハンバーガーチェーン店、カフェ、バーなど色んな種類のバイト、しかも接客業(何で接客業選んだのかは最大の謎)に挑戦しましたが、

思ってもいないのにどうして笑って「いらっしゃいませー!」「ご来店ありがとうございます!」と語りかけなくてはいけないのか、

何故周りの仲間は文句も言わず楽しそうに働けるのか、

そんなことばかり考えてしまって、心から一生懸命、または楽しんで働けたことはありませんでした。

このバイトは私には向いていない、もっと良いところが見つかるはず、

そう思って辞めては次、辞めては次を繰り返していたんです。

ただのへそ曲がりです(笑)(笑)(笑)

何故このような思考を持つようになってしまったか。

→それは、「何もかも上手くいかないと思い込む病」という病に侵されていたからです。

今思えば、あの時の私はただ、全てのことを否定することによって、自分を守りたかっただけなんです。

上手くいかない人生を、回りの誰かや自分の置かれた環境のせいにすることによって逃げていました。

1_20140728161147

第一志望の大学に入学できたはいいものの、

・友達がなかなかできず、

・加入した二つのサークルは3か月も経たない内に「馴染めない。という理由で両方辞め、

・その後入部したラクロス部は「朝早い、辛い。という理由で一年で辞め、

・授業は寝てばかりで、ゼミも面倒なので加入せず。

・バイトもなにもかも長続きせず、、。

私の思い描いていたキャンパスライフはこんなものではなかった!!!

大学に入ったらたくさんの友達に囲まれて、皆と一緒に楽しいことたくさんして、自分の夢見つけて、毎日がキラキラしたそんな生活が送れる。良い大学に入りさえすれば全て上手くいく。好きなこと、やりたいことも見つかるし、良い人生が約束される。

本気でそう思っていた若かりし頃の自分。

受験勉強中に、何度か母から「大学に何か目的があって行くの?大学って高いのよ?」と言われたことがあります。

「その目的を見つける場所が大学じゃん。」そう思っていました。

母の言葉の意味は後に分かりました。実際に入学してみて、確か3か月くらい経った時にふと思ったんです。

「ん?あれ?つまんないぞ?」

授業中に寝ていたって怒ってくれる先生は大学にはいない、

友達を作らなくたって、高校のクラスのような小さいコミュニティーもないので特別困らない。

何もしなくても何となく毎日が過ぎてしまう、それが大学。

別の言い方をすれば、何かしたいという思いを持って行動すれば何でもできるのが大学なんです。

あぁ、あの頃気付けていたらなぁ、、。

しかし「大学という夢」を失った当時の私には、行動の起こし方が分かりませんでした。

そうこうしている内に時は過ぎ去り、気づけば「え?私もう3年生なの?!」といった状態!

月日の過ぎゆく早さにとっても悲しくなりました。

「自分は4年間の内にこれを頑張ったんだ。」と誇れるものが何一つない。

これで良かったんだろうか。

大学ってもっと、楽しいところじゃなかったの?!

終わろうとする大学生活に加え、迫る就職活動。

毎日悶々としていました。

このまま就活でいいの?

「就職活動なんてしたくない。何故やりたいことすら見つかっていないような未熟な私が、一度入ったらなかなか辞められないような職場をここで決めなくてはいけないのか。

何故皆と同じスーツを着て、皆と同じようなことを話して、

皆と同じように「企業に好かれる自分」を演出しなくてはいけないのか。」

そう思っていた私。

ここまで書いてみて本当に思います。こういう子とは友達になりたくない(笑)

(まあ就活に対する気持ちはほぼ変わってないんだけどね(笑))

文句は言うくせに自分から行動を起こそうとはしない。

自分と向き合おうともしない。

もちろん楽しい瞬間もありましたよ(一応言っておこう。)

友達とショッピングしたり、ご飯食べたり、クラブ行ったり、合コン行ったり、

だけどどこかで「虚しい。」とか思ってしまう自分がいる。

多分ね、どん底だったんですね。

でも、そんな私にも一つだけやってみたいことがありました。

それは海外留学です。

中学生の頃から海外ドラマや洋画が大好きで、その影響からか勉強の中でも英語が一番好きで、

英語の歌の歌詞を紙に書いては意味を調べて一緒に歌ったりしていました。

「いつか実際に海外に行って暮らしてみたい。」という思いは、大学に入ってからもずっとありました。

なーんにもやってこなかったかのように書きましたが、実は大学の交換留学制度の枠獲得を目指して、何回かIELTSという英語の検定試験を受けました。

試験勉強にはかなり時間もかけたし、お高めの教材も買って頑張りました。

でも何故だろう、「全力」で勉強できなかったんです。さあやろう!と机に向かっても、集中力は続いて1時間。

多分ね、その時の私は、「何でも上手くいかないと思い込む病」ならぬ「何でも中途半端病」に侵されていたんでしょう。

何をやってもこれが本当に自分のやりたいことなのか分からない、今までたくさんのことで最後までやり切れず挫折してしまったから、何かをやり切る自信と勇気がない。

そして何より、その中途半端状態に慣れてしまうと、その状態が一番心地よくなってしまう、抜け出したくなくなってしまう。

結局留学生選考の応募に必要となるスコアを出せず、唯一自分でやりたいと思っていた海外留学のチャンスまで逃してしまいます。

あーあ、これでもう本当に終わりだ。諦めて就活かな~。

って、思ってました。

ダメダメからの這い上がり

でもね、しばらくしてからこんなことも思ったんです。

「あ、やっぱ無理。」

このまま就職なんてできない。後悔を残したまま仕事なんてできない。恐らく相当嫌だったんでしょうね(笑)

またこの悪循環を違う環境で繰り返すなんて耐えられない。

そう思った時、それまで視野に入れていなかった方法が一つあったことを思い出しました。

それがワーキングホリデーです。

「留学をしていた。」と言える方が響きが良いし、就活でもポイントに繋がるという理由から、

それまでは大学の制度を利用した交換留学しか考えていませんでした。

しかし、休学して自分の資金を使えば、ワーホリでも海外に行ける。

少しの間迷いましたが、私は最終的に、行くことを決めました。

やっぱりね、ずーっと暗いのってきついんですよね。どこかで「這い上がりたい」ってずっと思っているんです。

この時「行こう。」と決断してくれた自分に、心から感謝しています。

 

以上が私が休学を決断するまでの経緯です。

私の暗黒の大学時代、楽しんでいただけたでしょうか?(笑)

すんごい病んでたな~

大学時代の経験の詳細とかは、私のYouTubeチャンネルでその内話そうと思います♪

「菜食」&「動物の権利」を広めるため動画配信しています。

就活をしなかった私がこれからどのような人生を歩むことになるのか、全てをカメラに収めてシェアするライフブログ動画にしようと思っています!

ぜひチャンネル登録してみてください♡♡

↓↓
https://www.youtube.com/channel/UChk18Z2S873FuGqs-R5bxww

 

 

次回の記事→【休学&ワーホリ準備(前半)】気になる休学費用と行く国

The following two tabs change content below.
塚西美来

塚西美来

立教大学・観光学部。休学中はオーストラリアにワーキングホリデーで滞在。ワーホリの楽しさや価値観の変化、ヴィーガニズムやエシカルライフのおもしろさ、夢を持つことの勇気と素晴らしさを伝えていきたいです。塚西 美来の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加