休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
メンバー紹介 >  倉重 佳奈(くらしげ かな)のプロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加

1383982_544746072272996_1926371023_n

◆名前:倉重 佳奈(くらしげ かな)
◆出身:山口県
◆山口大学教育学部

◆倉重 佳奈へ連絡⇒Facebook:kana kurashige
◆記事一覧はこちら

現在アメリカ・カリフォルニアにある日本語イマージョンクラスでインターンシップをしながら、現地のアダルトスクールのESLで英語を学んでいます。
もしかしたら、交換留学でもなく、ワーホリでもなく、インターンシップ、しかもアメリカの公立学校で、なんて珍しいかも。

簡単に留学を決めるまでの経歴を話していきたいと思います。

大学1年春休み

なんとなく、ほんとうになんとなくオーストラリアへ語学研修に行く。
当時話せた英語は ヤー のみ。
オーストラリアの食事が口に合わなくて、泣いた。もう一生留学なんか行かないと思ったのがこの時。

大学3年春

なんとなく、学内で気になった留学生センターのアルバイトに応募し、アルバイトを始める。学生に留学を勧める立場になったので、必死で留学やワーホリ、インターンシップの情報を集めはじめたのがこのころから。

大学3年夏休み

なんとなく、またほんとうになんとなく、大学最後のチャンスだと思いイギリスへの語学研修を決める。理由は学校から少しの奨学金が出たから。
ちなみにこの時も ヤー からのスタート。
英語は話せるようにならなかった。しかし、なんだか、自分の知らない世界が無限に広がっている気がして、このまま教員になるより、もっとたくさんのことを学んでから教員になりたいと思った。

そして、大学3年春休み…アメリカにインターンシップに行くことを決めたのです!この時ばかりは、なんとなく、ではなく悩んだ末に決めました(笑)
でも当時の私にはお金もないし留学準備もどこから始めていいか分かりませんでした。
準備段階で領事館の担当の方に叱られたこともあるほど。
田舎の大学で、情報もあんまりないし、海外に長期インターンシップに行く人なんかいなかったから、全部自分でしなきゃいけない。当時はそんな自分の状況を恨んだほどです。でもそんな私でも何とかなったんです!
こんな経験を踏まえて、何かためになる記事が書けたらな、と思います!

    このエントリーをはてなブックマークに追加