休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×正社員×鬱】生きる意味を見失い死ぬ理由もない青年の日々
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡潔な自己紹介

運動好きだけど、運動音痴。勉強頑張っても偏差値35.大学行けば堕落生活。
TOEIC280点で留学行って価値観変化。就活するうちに経営者を志す。
修行のために社員数の少ない人材ベンチャー企業に休学して就職。
しかし、鬱になり退社を決める。

読んで欲しい人 自分と同じような気持ちの人

キラキラ輝いている人を見れば、羨ましく感じ興味を持ってくれます。
下を向いてトボトボ歩いている人には興味をもってくれません。
少し前の自分であれば、それなりにキラキラ輝いているなと思いました。
しかし今はひっそりと生きているただの22歳。
ひっそりしながら、それなりにもがいていく様子と感情を書いていきます。
e4e42223cbbcccda44b19652fea13589_s
(自分も本当の意味でキラキラ輝けるようになる!)

生きる意味を見失い、かといって今すぐ死ぬ理由もない日々

このような時間を世間では平和というのかもしれません。
いや、それとも充実感のないというのかも。
YouTubeもかなり見て、ゲームも飽きるほどやりました。
正直、何をしても面白くない日々が続いています。

「自分は何のために生きているのか?」

「今後どうやって何をしていくのか?」

「そもそも、自分がしたい価値提供があるのか?」

「いや、自分は何をしている時が楽しいのか?」

f29b12d54604258505967385ebc25e3f_m

社会人になる前の世界と社会人を経験した後の世界。
自分の中の価値観のズレが埋まってきました。
だからこそ、「自分のできることの少なさ」「できないことの多さ」
「自分が思っていた以上に未熟なんだな」

そうすることで、自分の中の価値観がフラットになり、
物事の考え方やまわりの意見などが偏りなく、吸収できるようになりました。
この経験で自分の価値観や世界観が広がったため、
鬱になったことに関して感謝するようになりました。

そして自分には、半年の自由な時間がありました。
ただせっかく社会人を経験して、このままダラダラ時間を過ごすのはもったいない。
そう思い、東京で学んだこと・反省点から自分に足りないもの。
または必要であろう知識、経験を積むために動き出しました。
(スタートはこの理由でしたが、最終的には面白そうなことのみになります。)

その1 プログラミングやワードプレスなどの勉強

行動タイプの自分には縁がないと思っていた「Webページの作成」の勉強。
「自分のWebページが作れたらいいのにな!」

「自分の思いついたアイディアを形にできたらいいよね!」

ただこれだけの理由で勉強会に何度か出席。参加するうちに
今後、自分でページを作成する能力は重要になってくると感じました。
将来的には自分で開発したWebページで1人でも多く
便利だ!と思ってくれるようなサービスを創造したいです。
(趣味の1つとして)

写真-3
(何度やっても横になってしまうという機会音痴です。)
人材企業にいた経験から「就活サイト」を立ち上げてみよう!
自分だけのブログを作ってみよう!
とワクワクして実際にやってみるとなかなか上手くいかずに苦戦中です………。

その2 就活関連のラジオ番組にゲスト出演

また、愛知で活動している企業の中にラジオ番組を運営しているところがありました。
そこにお世話になってラジオに出演させてもらいました。
写真-2
ただここで自分の人間力の低さ、会話力のなさを痛感。
ラジオ生放送で会話の中から話題や臨機応変な対応をしないといけない場にいて、
それが全くできなかったためすごい難しい経験をさせてもらいました。

(ラジオという貴重な体験をさせてもらいました)

その3 コールセンター業務で働くことへのリハビリ

また、社会人として自分が復帰するために
できるだけ社会人に近い環境でまず働きたいと考えました。
そして働く体力、外に出る体力を身につけるために働こう。
そこで自分が考えた策は「電話対応業務」コールセンター業務です。
東京でテレアポというものを多少経験していた自分は、
初日からそれなりに成果を出すことができました。
この仕事のメリットは「時給が高い」「服装・髪型が自由」であることが多いです。
社会人になってから欠かせないものになるので、とてもいい修行の場になります。
また働かせてもらっている会社は「上場企業」
とても規模が大きい仕事の一部を任されていて、すごくいい環境で働かせてもらっています。

73f0bdbf8dbcf3b21bb9fd3e9ddf5129_m

ただ、ここでまたいろんなことが起こりました。
次回はここで起きたハプニングについて記述します。

最終的に………

このような活動をすることで、自分の世界観がさらに広がりました。
また自分の知識、武器を増やすことができました。

鬱になるまでは、到底知るはずがなかった世界でした。
それでも、知ることができて自分の中の知識として得ることができました。
この経験は今後、少しずつ自分の大きな武器になっていくんじゃないかと思っています。

次回はコールセンターでのリハビリについての記事を書きます。

最後までご覧いただきありがとうございました。
次回もよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
石井 達也

石井 達也

休学して愛知から上京し、ベンチャー企業で経験を積んでいます。私は自他共に認めるダメ人間でした。留学やゼミ活動で大きく考えが変化しました。2014年には起業を考えています。 石井達也の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加