休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
休学して「社会科見学」をしよう!!
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
とある大学の先輩が言った。
「大学生活は人生の夏休みだ。後悔しないように時間を使った方がいいぞ。本当に大学4年間あっという間だからね。」
サークルの追いコンでの一場面。
この言葉を大学1年生が終わりかける時に聞き、「充実した大学生活を送ろう」と決心した事を今でも鮮明に覚えている。

 

Summer on a beach
 

簡単な自己紹介

みなさん初めまして。
最近は「ささもん」の愛称で活動している笹本 康貴(ササモト コウキ)です。
法政大学 国際文化学部 国際文化学科 所属の現3年生。

 
専攻は勝手に言語学と思い込み、特に心理言語学に興味を持ちながら勉強してきました。
趣味は雑貨や文房具が大好きで、よく集めたりお店をまわったりするのが好きです。他にはカフェ巡りやアクション映画鑑賞(特に秘密組織モノは大好物)、母の影響で韓流ドラマ鑑賞(特にIRIS/ATENA/華麗な遺産)です。
今までの21年間「なんくるないさ〜」を座右の目とし、人生を乗り切ってきました!
アルバイトは、高校3年生(大学入学 内定以降)から飲食店で調理補助(キッチン)や、大学3年生からカフェ店員です。

 

今回の記事の流れ

① 休活BLOGに参加する理由

② 休学前の私

③ 休学する理由

④ 今後の流れ

 

[こんな人に読んで欲しい]

「休学」に悩んでいる人
「何かやりたい」けど、「行動」に移せていない人

 
$B7G_<L??-" (B
 

①〜休活BLOGに参加する理由〜

私がこの度、休活BLOGに参加しようと思った理由は大きく分けて3つあります。

まず1つ目は、色々な人に私の記事を通して「手助け」と「影響」を与えたいからです。
私は今まで様々な人にお会いし、お話をし、相談に乗ってもらい、少しずつ自分を形成してきました。
なのでこれからは、私が少しでも「みなさん」の為になるように、私がいままで多くの人にして頂いて来たように、「手助け」と「影響」を与えていきたいと思ったからです。いわゆる「間接的な恩返し」です。

そして2つ目は、私自身の「休学」を、リアルタイムに実況中継していきたいからです。

この休活BLOGには既に休学を終えて、今までの経験を遡り記事にしているライターさんが多いかと思います。
そこで私は、「休学」という選択をし、一定の期間大学に行かず、どのような「時間」を過ごすのかを実況中継し、みなさんに「休学するとはどのような事なのか」をお伝えしたいと思ったからです。

最後に3つ目は、現在大学生活で悩んでいる人に、解決策の「キッカケ」を与えたいからです。
何事にも「決断や解決」は自分自身でしなければなりません。
しかし、それらを一緒に共有して悩み、「策」をみつけることは私にも出来るかと思います。
なので、これからの私の記事を通じて、みなさんに何かヒントを「得て」もらいたいと思ったからです。

 

② 〜休学前の私〜

少しばかり今回の休学に至るまで、私はどのような学生生活を送っていたのかまとめて振り返ってみようと思いました!

 

[大学1年]

・ 必修授業が多かった為、日々課題を熟す事で精一杯。
・ 居酒屋のキッチンで深夜遅くまでアルバイト、クタクタ。
・ ラッケットボールという競技をやるサークルに入る(3年生前に辞める)。

 

[大学2年生]

・ 専門科目の履修が出来るようになり、大学は忙しく充実。
・ 後期から学部のプログラムにより、約4ヶ月弱カナダのトロントに留学。
・ 人生の価値観が変わる。

 

[春休み]

・ 英語力保持の為、Skype英会話「Langrich」を始める。発音を一から学ぶ。
・ アメリカのフロリダにあるディズニーワールドでキャストとして働くプログラムに応募。しかし、準備不足で二次選考(日本語面接)で脱落。

 

[大学3年生]

・ できて2年目のゼミに入る。副ゼミ長として活動。学会にて最優秀賞を受賞。努力が報われた。
・ フィリピン人の知人を通じてアメリカのフロリダにあるテレビ局にインターンシップ生を募集していないにも関わらず、インターンを依頼。
CEOから「君のことをもっと教えてくれ」とメールを頂き、ゼミの先生と共に初めて英文レジュメ(CV)を作成。しかし、インターンの話は流れる。

 

[春休み]

・ 4年時の休学を決断。
ITベンチャー企業にて約1年間有給インターンシップに参加。(2/3より)

 振り返ってみると、ザックリこんな感じです。

 一見活動しているように見えますが、実際すべて話が流れているので、
 「特徴のない学生」です。笑

 

〜休学する理由〜

$B7G_<L??-# (B

 

「休学」という決断に至るまで、もの凄く悩み、悩み、悩みました。
親をはじめ様々な人に反対されました。

でも私は決めました。

以下、私が休学を決断に至った3つの理由です。

 
まず1つ目は、学生のうちに「社会人」になりたかった。
だったら「休学」なんてせず、大学と平行して「短期インターン」に参加すれば良いじゃないか。(この一言、周りの友達からよく言われた。)

 
違うんです!

 
私が学生のうちに「社会人」になりたい理由は、学生という社会的地位の上で社会に出て「経験」がしたかったのです。そして「社会人として不足」していた部分を、もう一度学生に戻り残りの1年間で調整をしたかったのです。
※ この理由の詳細は、後日別の記事で詳しく述べます。

 
そして2つ目は、「差異化」を求めて。
3年生になり少しずつ就活を意識するようになりました。
まずはじめに「今までの20年間、私はどのような人生を送ってきたのか」を明らかにする為、自己分析を始めました。

そこで、気が付いたのです。

 
他人に主張出来るようなこと、大学生活でやってきてない・・・
 

そこで、就職の為ではなく、今後の人生を見据えて、他人に勝てるような「強み」を作る必要があると認識したのです。まさにそれが「差異化」です。

 
最後に3つ目は、留学での変化です。
上記でもお話しましたが、私は2年時に4ヶ月程カナダで留学をしました。
そこで様々な国籍の人と関わり、友達に恵まれました。
(たった4ヶ月くらいのうちに70人くらい友達が出来た!!)

そんな色々な人や文化に毎日触れ合いながら一つ違和感を持ち始めました。
それは…友達の「年齢」について。

私が通っていた語学学校では、ほぼ皆 私(当時19歳)より年上(平均23~25歳)でした。
このような環境の中で勉強していたら、日本では当たり前とされている常識(一般的に18歳で大学に入学し、4年間で卒業し、22歳で社会人になる)に違和感を覚えたのです。

 
よって私は、「大学は4年間ではない!」というアブノーマルな思考に変化し、
休学を恐れる必要がない事に気が付きました。

 
だいたい休学を決めた根本的な理由は上記の3点です。
本当はもっと複雑に絡まっています。笑

 

④〜今後の流れ〜

はじめにも書きましたが、私は今月の上旬に休学を決断したばかりです。
※ 実際、「休学」扱いされるのは4年時(4月から)です。

なので、これからの私の休学をみなさんに「実況中継」できるかと思います。

それと同時に、ぼやきとして「ササモットー」(私の名字:ササモトとモットー:心がけ の掛け合わせ)も紹介し、記事にしていけたらと思います。

質問を頂ければ随時お答えしていきます!
直接会ってお話を聞きたい!と言われれば、可能な限りお会いしたいと思います!

今後とも暖かく見守ってください!よろしくお願いします!!

The following two tabs change content below.
笹本康貴

笹本康貴

◆休活BLOG代表◆法政大学/国際文化学部/4年次休学◆【休学×国内インターン】◆「働くとはなにか」という疑問を抱き、その答えを探すため休学して週5ITベンチャー企業@渋谷にてインターン。その後、@六本木、@白金台の有名ベンチャー企業でもインターン。カナダのトロントへ約4ヶ月の語学留学経験あり。お気軽にご連絡ください!
このエントリーをはてなブックマークに追加