就活の前に『休学』すると圧倒的有利になる3つの理由

この記事はこんな人に向けて書いています。

 

『休学してみたいけど就活に響そう…』
『親や友達に休学を反対されそう…』

 

そんな方達、ご安心ください。
この記事を読んだ後は絶対に休学してみたくなっています。

 

そもそも、休学って?

大学に在籍する生徒が病気や金銭面などの理由で休学の許可をもらい、一定の期間授業を受けないことを言います。
休学についての詳細は『休学は覚悟が必要?就職への不安や英語力を伸ばしたいと思ってる人へ』をご覧ください。

休学ってネガティブなイメージがある…

確かに『休学』って響きだけを聞くと、その期間は大学にいかないことから停学、留年、浪人に近いイメージを保たれます。(僕も思っていました…w)

でもそんなの全くの逆。停学、留年、浪人は本人の望まない結果でなってしまったネガティブな状態。

休学は自分から取りに行った結果のポジティブな状態だということをはじめに知っていただきたい!

とはいえ、興味はあるけど『家族や友達から止められそう…』『就活の時に不利になりそう…』なんて理由で踏み出せないのがホンネ。

でも大丈夫!この記事を読めば、今、休学することがどれだけ就活時に評価されるかわかるはず(((o(*゜▽゜*)o)))
休学すると就活圧倒的に有利になる3つの理由をまとめましたのでご覧ください!

休学すると就活が圧倒的に有利になる3つの理由その①
〜『その他大勢』の就活生から抜け出せる〜

世間からのバッシングを承知で言います。
その他大勢になった時点で就活は詰み、です。
僕も就活を経験しましたが、集団面接はグループワークでは笑っちゃうくらいにみんな同じことを言うんです。
バイトやら、サークルやら、ボランティアやら。事前に打ち合わせしてきたの?ってレベル。

個性がないから選ばれようがない。牧場の牛が10匹いて、活躍しそうな牛選んでください!って言われてもどうしようもないでしょ?他に比べて少し毛並みがいいかな〜ってくらいの差しかない。

何度も言いますが、その他大勢になった時点で就活は詰みです。だって特に選ばれる理由がないから。
でも、休学をするといろんな経験や人生観を積めるのでここが圧倒的に強くなる。牛10匹のなかに馬1匹入るようなもんです。
どうすればあなたが勝ち馬になれるかは、次で詳しくお話しします!

休学すると就活が圧倒的に有利になる3つの理由その②
〜インターンをすることで他の就活生と天と地ほどの差をつける〜

これ、本当におすすめです。就活でやるような1日体験インターンシップ、ではなくベンチャー企業での長期インターンがおすすめ。
なんでかって言うと、もう面接官からの期待度が違う。

面接の時に話せる体験談のクオリティが、他の就活生とは圧倒的に違う。だってみんながサークルやバイトに夢中になっている中、こっちは本当のビジネスに触れてるんだもん!
それも週5日のフルタイムで。
今はベンチャーも、たくさんシフトに入れる意志ある学生を求めていますよ。


またまた例え話で恐縮ですが、ちょっと考えてみてください。
あなたがレストランを運営しているとして、シェフを1人だけ雇うことにしました。そしたら2人から応募が。

一方は、21歳のフレッシュでやる気のある若者。『これからこのお店でお客さんに喜んでもらえるようないい料理をたくさん作りたいです!』と、とっても元気!でも料理のスキルはまだなくて、クックパッドでみたことがある程度。

もう一方は22歳の落ち着いた、ギラギラしたシェフ経験者。『立ち上げたばかりのレストランで、週5日で働いていました。得意料理はフレンチとイタリアンで、これまでの経験を活かしてこちらのレストランでは創作料理にチャレンジしてみたいです!』クックパッドはみたことないけど、実践経験が同世代に比べてバツグン。


話は戻って、あなたは経営者。人件費を考えると1人しか採用はできない。しっかりのお客さんを集めることのできる味を提供しないといけません。
さあ、どうしますか?

もうお分かりだとは思いますが、経験のある方を求めますよね。そこに『でも1年休学してるってのがネックだよな〜』とか言う面接官がいたらそんな会社絶対行かない方がいいですからね!w たまにいますが、頭が全時代的すぎるw

多様性を認められない会社は必ず淘汰されます。
『休学してたの!?面白いね、きみ!』って言ってくれる風通しのいい会社で働きたくないですか??

大丈夫、僕も大手の人材会社に就職しているけどこれまで受けた大企業もベンチャーも、みんな休学した勇気と個性を褒めてくれたから!

休学すると就活が圧倒的に有利になる3つの理由その③
〜自分で意思決定したという事実が君を勇気付ける〜

これまで説明した何よりも、君が、君自身で他の人とは違った道を、意思を持って進んでいく、といったプロセスが何よりも財産になります。

就活生との差別化やインターンのアドバンテージを説明しましたが、もっとも重要なのはリスキーに見える道をしっかり自分の考えを持って進める力があるってこと!これに尽きます!

ただ流されるんじゃなくて、『インターンでスキルを身につけるんだ!』『留学でたくさん友達を作るんだ!』『誰に何て言われたって関係ない!私は私のやりたいことをやるんだ!』など…この思いを持てることが休学で手に入る、大人になってからも使える最高の武器です。

大人も、面接官も、周りの就活生も、君が自分の口からハッキリと休学した理由と想いを聞かせられれば納得してくれると思います。

もしそれでも悩んだら、いつでも僕まで連絡ください。きっといいアドバイスができると思います。
そして晴れて休学したら、その想いをこのブログに寄稿してくれたら嬉しいです(笑)

最後に、この言葉を送ります。
『森の中で道が二つに分かれていた。そして私は人があまり通っていない道を選んだ。そのためにどんなに大きな違いができたことか』
〜ロバート・フロスト〜

休活ブログ代表
上野 翔平

The following two tabs change content below.
上野 翔平

上野 翔平

1年の休学を終え就活モード突入。某ベンチャー企業にてインターンシップをしながら大学に通いつつ執筆中。休学・自分探しに興味ある方の背中を押せたらと思っています。自分も勇気づけられたこの休活ブログに参加できることに感謝!