休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
ほとんど考えずに行動した僕が、『休学』という決断をロジカルに考察してみる
このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして、休活BLOG新規ライターの高田と申します。

現在神戸大学を1年間休学中で、フィリピン語学留学とインド企業へのインターンを行っていました。

■  ストーリー

  • なぜ『休学』したのか
  • 休学という判断が今後にどう影響するのか
  • 休学に対する僕の考え

 

【なぜ休学しようと思ったのか】

gazou1

自己紹介にも書いているのですが、僕はフィリピンへの語学留学インド企業への長期インターンをするために休学を決意しました。

では、なんでこのような決断を僕はしたのか。

 

答えは、「グローバル」っていう言葉がしきりに引っかかっていたからです。

特に就職活動の企業説明会の時によくこの言葉を聞きました。

英語が話せない僕にとって、「グローバル」という言葉とは無縁だったのですが、とにかくどこに行っても聞かれるがこの言葉。聞くたびにイラついていました(笑)。

 

で、そこまで皆が口を揃えて「グローバル」と言うのならば、自分でグローバルを”体感”してみようと。

そこで、フィリピンへの語学留学とインドへのインターンを決意しました。

なぜフィリピン、なぜインドというのは次回記事で触れていきたいと思います。

 

あと、よく「就活のネタ作りのためにインドへ行こうと思ったんでしょ?」聞かれますが、これは間違いではないです(笑)。

ただ、『就活ネタつくり』が休学を決意した第一の理由では無いということは、予めお伝えしてきたいことです。

 

【休学という判断は、僕の人生にどう影響するのか】

 

休学を決断するときに、どうしても自分の将来への影響だったり、就活への影響だったりを考えると思います。僕もそうでした。「休学ってお金も時間もかかるし、ロジカルに考えたらするべきではないもの」だと思っていました。

 

ただ、休学するにあたって、親、大学の教授、先輩、社会人の方に僕が休学を考えているということを話すと、反対する人はほとんどいませんでした。むしろ、応援して下さる方が大半だったと思います。半信半疑でしたが、このような大人の意見の後押しと、自分の衝動が相まって、気づけば休学する方に向かっていました(笑)

 

就職活動に限った話だと、休学は影響しないように思います。

休学後に就職活動を経験した学生からよく聞かれるのは、「どうして休学したの?」「休学して何してたの?」という質問を面接でされただけという話で、休学自体が特に不利に感じたことはないということです。

 

こんな具合で、人生経験豊富な方からの助言と、就活経験者の声から、

休学という決断はマイナスにはならないし、むしろプラスに影響するのではないか

という仮説が立てられると思います。この仮説は、これからの僕の就職活動で検証していきたいと思っています。

 

【休学に対する僕の考え】

gazou2

休学について、皆さんはどんなイメージを持っていますか?少なくともこの『休活BLOG』に訪れている方なので、少しは興味があるのだと思います。

 

僕は、今年4月から大学を休学して良かったと感じています。語学留学とインターンでかなり英語力も付きましたし、キャリア観も1年前に比べると定まってきたと思います。

 

これも、留学やインターンで色んな人の人生を聞けたからかな、って感じています!

休学を考えている学生は一歩踏み出してみてください!応援します!!

The following two tabs change content below.
高田 佳和
◆神戸大学/経営学部/4年/現在休学中◆「グローバル人材!ってなんだよ!!」と自分と社会に嫌気がさし、休学を決意。休学期間ではフィリピンで語学留学・インドでベンチャーインターンを経験。『リスクは少なく、経験は最大に』をモットーに活動している。
このエントリーをはてなブックマークに追加