休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×就活】プロ野球ドラフトに見る、将来伸びる人のたった1つの能力
このエントリーをはてなブックマークに追加

【書いてる人】

(..)

江浪啓典(keisuke enami)

フィリピン・セブ島で奮闘した22歳。

うどん県出身、神戸大学4年生。現在就職留年中。

前回の記事:【休学×就活】 ‟就社”から‟就職”へ!あなたのビジョンは何ですか?     

【テーマ】

就活の時点で将来性なんて分からない!

では将来伸びる人の条件とは?

 

【この記事を読んで欲しい人】

◇就活中の人

◇就活を既に終えている人

◇プロ野球が好きな人

【最初に】

僕は昔からの巨人ファンで、毎日ネットでチェックしてるので、プロ野球にはそれなりに詳しい自負があります。

そんな僕には前々から1つ思っていたことがあります。

それは、

「ドラフトの順位なんて何の当てにもならない」

ということです。

これって、僕らの就活でも同じことが言えると思うんです。 

【ドラフト順位の信憑性】

プロ野球の世界ではプロ入り前にスカウトがアマチュア選手のもとに足繁く通って詳細なデータを取り、それをもとにドラフトで指名していくそうです。

しかし、毎年現れる「10年に1人の逸材」「〇〇のダルビッシュ」が必ず活躍するとは限りません。

それに、MLBで活躍しているイチロー選手や川崎選手は4位指名、岩隈選手や青木選手は5位指名ですが、今や世界の第一線で活躍しています。

Ichiro_Cropped_AL

確かに順位が高いほど活躍する確率は高いでしょう。

しかし、ドラフトの順位通りに選手が活躍するかどうかは全く分かりません。  

【就活とドラフト】

就活も同じだと思います。

実際、就活中に話題になるのは以下のようなことです。

「夏休みにインターンにたくさん行った」

「難関企業の最終面接まで残った」

「内定を3つ取った」

 

これを野球界に置き換えてみるとこんな感じでしょうか。

「練習試合にスカウトがたくさん来た」

「人気球団の指名候補に挙げられた」

3球団に1位指名された」

これって確かに“すごい”ですけど、練習試合にスカウトがたくさん来たらドラフトで指名される訳ではないし、3球団に1位指名されたら将来絶対に活躍できる訳でもないですよね。

何が言いたいかというと、

どれだけインターンに行っても、どれだけ内定を取っても、将来活躍できる保証なんてどこにもないということです。    

内定を何個も取っちゃうスーパールーキーもいますが、そのスーパールーキーも将来伸びるとは限りません。 lgf01a201305231700

【将来伸びる人の条件とは?】

では将来伸びる人の条件は何なんでしょうか?

僕の答えは

「人にビビらない力」

です。

【可能性をグッと広げよう】

例えば誰か繋がりたい人がいた場合、

連絡を取ることにビビって踏みとどまってしまうと貴重な機会を逃してしまいます。

一方、ビビらずに連絡を取れる人には無限の可能性が広がっていると思いませんか? c0016712_24315

僕は休学中にこれを確信したので、

セブターンの宮下さんには「セブターンやりたいです!」

休活ブログの笹本さんには「休活ブログ書きたいです!」

内定先の社長さんには「ぜひご一緒に働きたいです!」

と直接連絡を送りました。

結果的に可能性がグッと広がりました。

 

【ビビることは悪い事じゃない】

と、こんなことを言いながら、僕も普通にビビります。

 

去年の面接も怖かったし、父親に休学の話をするのも怖かった。初の海外も怖かったし、インターン先を探すのに電話をするのも怖かった。もちろん宮下さんや笹本さん、社長さんへ連絡する時もこれまた怖かった。

全部怖かったですが、ビビりながらも恐怖心を乗り越えられたから今の自分があるんだと思えます。  imagesIUQNOHRM

ビビることは全く悪い事じゃありません。

しかし、ビビったまま終わるのは本当にカッコ悪いです。

 

【将来性=将来の可能性】

休学期間中、連絡することにビビっていたら今頃休活ブログも書いていないでしょうし、父親にビビったままだったらそもそも休学すらしていなかったと思います。 他のことも同様に、

人にビビらなければ将来の可能性はどんどん広がります。

将来性=将来の可能性

なので、

人にビビらない人は将来性があります

【最後に】

就活をしていると焦りや劣等感を感じることもあるかと思います。

しかし、就活時の結果や能力なんて将来性と関係ありません。

あるのはドラフト1位とドラフト4位くらいの微々たる差のみ、横一線のスタートです。

過去ではなく、未来の自分を変えていきましょう。理想の自分を描きましょう。

 

みんな、可能性に溢れてるんだよ。

 

 

次回の記事:【休学×留学×インターン】大学生に海外挑戦の機会を!セブ島インターン求人メディア『セブターン』

The following two tabs change content below.
江浪 啓典(えなみけいすけ)
1年間で就活・留学・インターンを経験した就職留年生。『一歩踏み出す大切さを伝え、思いっきり背中を押してあげたい』 この想いを原動力に、セブ島海外インターンシップ求人サイト「セブターン」を運営中。 やりたいならやればいいし、やりたくないならやらなければいい。そんな素直に生きる大学生が増えてくれたら嬉しいです。LINE:enami0111 ⇒えなみけいすけの詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加