休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
「わざわざ休学しなくても・・・」外大生が説く休学×留学する事の3つのメリット
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事→20歳はアクションを起こすキーポイント
 
選ぶpoint-300x300
「わざわざ休学して留学に行かなくても、大学のプログラムでも行けるじゃん。なんでまた・・・?」
 
休学留学を決めて、周りの人たちに話したときによく帰ってきた反応。仰る通り!外大には長期の交換留学から短期留学、海外インターンシップ制度まであって、海外で勉強できる可能性は低いわけじゃなかった。

それでも休学を選んで留学するメリットは・・・

1. 語学学校で英語の基礎から勉強できる
2. 休学中の予定は全部自分で決められる=予定の変更など、融通が利く!
3. 大学の授業は全部受けられる。

 
簡単に言ってしまえば、将来の夢とかやりたいこととかがコロコロ変わって、英語力が全然足りていない私にはピッタリ!(笑)

語学学校で英語の基礎から勉強できる

 前回、前々回の記事でも書いたように、とにかく英語の基礎、とくにスピーキングはボロボロで「外大生です!」なんて自己紹介できるレベルじゃなかった。英語力を伸ばすための留学だと思っていたから、海外の大学で英語でなにかを勉強するっていう考えがなくて大学の留学制度という選択肢はあっさり外された。
 

休学中の予定は全部自分で決められる

 留学といっても結局は休学から始まってるから、留学中はどんなにプランを変えようが自分次第!私の場合は、最初の6か月間は語学学校に通うことを決めて、残りの半年間はカナダでなにをするか決めることに。なんなら、最初に行く学校も現地でトライアルを受けながら決めればよかったーなんて思うこともあったぐらい。実際に自分の目で見て学校を決めるのってやっぱり大切!!
 それに、なにより新しくやりたいことが見つかったときにすぐにトライしやすい環境にいられる。これを利用して、私は語学学校から現地で見つけた専門学校に通うことになりました^^
 

大学の授業は全部受けられる

 私にとっての大学の留学プログラムのデメリットの一つに「大学の授業を受けずに留学先で単位を取れる」があった。留学中に単位が取れるなんてラッキーじゃん!って思うこともあったけど、ふつうに通っていれば授業から吸収できていた知識が1年分欠けたまま卒業していくのが引っかかった。自分のレベルを上げてから大学の授業を受けたいっていうのも手伝って、あえて休学留学を選んだ。
 
 
ここまで読んでたら休学留学が素敵なことのかたまりに見えるけど、他のライターの人たちが書いてるように、デメリットだってたくさんある。
生涯年収が減ったり(私は言われるまで気づかなかった…(-.-))、卒業が遅れたり、交換留学よりお金だってかかる。私にとって休学留学の最大のデメリットは復学したときに友達と学年がずれること。周りの人に依存しがちで面倒くさがりな分、また新しく友達を作るのが億劫に感じた。
 
jinsei-kawatta-picture

背中を押したキッカケ

デメリットも知っていくうちに、休学する!ってせっかく決めたのに怖くなってやっぱり…なんて考えて自分が逃げ出さないようになにか策を取らなければ…!!
と思って始めたのが、とりあえず地元の友達から大学の友達までいろんな人に休学宣言をしまくる!(これ、他のライターでもやった人がいるみたいで、ちょっと意志が弱くなっちゃうのが怖い…って人におすすめです。ただし、だいぶプレッシャーがかかって絶対逃げれません(笑))
 この宣言で自分で逃げ場はなくなったけど、やっぱり不安が消せたわけじゃなかった。そんなときに背中を押してくれたのが父から言われた「やりたいことは今やりなよ」の一言。今の現状を変えたいっていう気持ちが再確認できたし、そこに前回の記事でも書いた「1時間ドラマ」の話も加わって、「20歳の今だから留学しよう!」とはっきり決めることができた。

休学することを仮決定してからちゃんと決めるまでは少し時間がかかったけど、今だからやりたい!と思えることを思い切ってアクションに起こせて良かったと思う。
きっと面倒くさがりの私だから、このタイミングを逃したら新しいことを始めるのも止めちゃってただろう。
不安もデメリットもあるけど、本当にやってみたいことがあるならいつかじゃなくて「今」始めたほうがいい!
そこにいくつかのキッカケが重なったなら尚更。ちょっと自分からアクションを起こしてみるだけで、そのキッカケっていくらでも増えてくはずです。

The following two tabs change content below.
本多 香織

本多 香織

生まれも育ちも静岡。現在は京都外国語大学の3年次を休学し、カナダへインターンシップを含めて留学中! このブログが行動を起こすちょっとしたキッカケになったら嬉しいです!! 本多 香織の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加