休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×理由】日本語教師・韓国留学~欲張りな私の取った行動~
このエントリーをはてなブックマークに追加

自己紹介
10432479_641223359357195_62435822348527765_n 

初めまして!

津田塾大学英文学科(17卒)の大森美和です。

専攻は英文学、日本語教員養成課程、高校の外国語の教員免許取得コースを取っています。

見た目とは違い?学生時代、バレーボール、バスケットボールをしていたスポーツ少女です 笑

中学生のときに初めて観た韓国ドラマにはまり、大学入学前まではK-popアイドルのコンサートに

いきまくってました!そんな私が言語に興味を持ち始めたのは大学生になってから!

専攻が英語で第二外国語でも韓国語を取っていたのが大きなきっかけです。

大学生活を通して短期留学3回(シカゴ、マルタ、韓国)、日本語教育機関でのインターンシップやボランティア、

教育系のアルバイトなどなど、したいことは何でもしてきました!

ここまでの自己紹介で感じる人も多いと思いますが・・・・・・そうです 私は欲張りです 笑

ということで、こんな私の記事を読んで欲しい方は・・・

こんな人に読んで欲しい

①欲張りな人!したいことがたくさんある人!

②韓国留学に興味がある人!

③教育関係の仕事や経験を積みたい人!

大きな範囲で言えば上記の③つですが、英語圏留学はもちろん、就職活動での休学時の経験の生かし方も

書いていければと思うので、ぜひ読んでいただければと思います!

 

さて、最初のテーマとして、

休学した理由

を書いていきたいと思います。

私が休学した理由は大きく3つあります。

①将来海外で日本語教師として働きたい!そのためにこの仕事が自分にあっているのか、

また、したい仕事なのか確かめたい!

②ビジネスレベルの英語を習得したい

③自力で生活してみたい!

以上の③つです!日本語教員になりたいと思っていた私は、その夢が実現可能なのか

確かめたいと思い、日本語教育が進んでいるオーストラリアで日本語教師アシスタントの経験をすることに決めました!

 

そんな簡単に決めたの??

と思う人がいると思いますが、もちろん悩みました

悩みの種は

①お金 ②4年で卒業したい ③行って結果を残せるのか・ためになるのか

この③つでした。

この③つの悩みを解決してくれたのは、オーストラリアでのワーキングホリデーと経験者からのアドバイスでした!

①オーストラリアなら自分でアルバイトをしながら生活費を稼いで、日本語教師の経験もつめる

③明確な目標があったため、その目標達成のために自分が努力するのみ

この②つは解決しましたが、あとひとつ、4年で卒業したいという悩みはなかなか解決できず

そんな時に、いつもお世話になってる知り合いのお姉さんに相談しました!

海外で働いていたそのお姉さんに相談したところ、お姉さんはこういいました

私は大学生のときに休学して海外に行かなかったことに後悔してる。

学生じゃなくてもワーホリはできるけど、学生の時に行けば、その後の就職に対する考え方とか

人生の選択肢の多さとか、もっともっと考え方が広がるよ

4年で卒業しなくたっていいじゃん。人それぞれだよ。」

この二つの言葉を聞いて、もう一つの悩みも消え、休学することに決めました。

休学を決めてから3ヵ月後、私はオーストラリアのシドニーへ向かいました!

 

え・・・・・韓国は??

と思う方いると思いますが、それはまた次の記事で 笑

今後の流れ

・オーストラリアでの日本語教師インターンシップ経験

・オーストラリアから韓国へ行った理由と韓国での生活

・帰国後の活動と就職活動での生かし方

大きくこの3つの段階で記事を書いていければと思います!

これからどうぞよろしくお願いします。

The following two tabs change content below.
大森美和

大森美和

大学3年時を休学して、オーストラリアで9ヶ月間ワーキングホリデー日本語教師のアルバイトやレストランの受付のバイトをしながら、日本語学校でアシスタント教師のインターンシップをしました。 その後オーストラリアからそのまま韓国へ3ヶ月間ビザなしで大学付属の韓国語語学堂で1学期間勉強✐ 英語も韓国語もどっちもビジネスレベルまでになりたい!と欲張った結果、どっちも行くことになりました(急遽)帰国語は就職活動に、教育実習に、外国人向けの学習塾や子ども向けの塾でアルバイトなど充実した日々を過ごしています。大森美和の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加