休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
田舎フリーランス養成講座で学んだことpart2
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回は、
田舎フリーランス養成講座で学んだ新しい働き方と大切なこと
についてお伝えしました。
今回は、前回の続きといたしまして

  • 都会では中々できない貴重なワークショップ体験
  • お金よりも価値があるつながりについて
  • 参加してすぐに作った「やりたいこと100リスト」について

について述べていこうと思います。
前回と同じく、

  • 休学しようか迷っている人
  • これから就職するのに不安を持っている人
  • フリーランスに興味がある人

など、将来に不安を持っている人やフリーランスに興味を持っている人には有益な情報なので、休学する前に参考にしていただければ幸いです。

都会では中々できない貴重なワークショップ体験


まず前回もお話しした通り、僕が参加した際のフリーランス養成講座が実施されていた場所は千葉県富津市金谷にありますまるもという場所でした。
自然豊かな場所に位置し、全国からフリーランスの勉強を学びにくる人や移住している人たちと交流でき、人も環境も素晴らしい場所です。
そんな自然豊かな場所で、フリーランスの勉強をしながらたまに開催されるワークショップやイベントがありました。

  • ハゼを釣って天丼を作るワークショップ
  • 食卓の舞台裏~食品添加物の世界~について
  • 鶏解体ワークショップ
  • 薪で生活。ひぐらし体験

などなど、地域関連のワークショップやイベントが数多く開催されています。
フリーランスのことを学ぶのは都会でもできることですが、このように自然と触れ合いながら生活するという経験はなかなかできるものではありません。
僕自身も自然と触れ合う生活をあまりしたことがなく、特に鶏を生きたところから屠殺してさばいて調理してもらうという体験は非常に貴重でした。
今までスーパーで既に部位ごとに解体された鶏肉が当たり前と思っていたけど、実際に生きた状態から解体してみることで命の大切さについて改めて考えさせられ、食に関して向き合おうという気持ちが芽生えました。
ネットを使えばリモートなどでどこでも仕事はできてしまうのですが、自然と触れ合いながら生活することでバランスを取りながら生活できたように個人的には思います。

 

お金よりも価値があるつながりについて


この講座に参加するまでは、大学を卒業して大手の会社に入ってお金が貯まったらいずれ独立したりするのかななんて漠然と考えていました。
会社に入れば収入は月ごとに支給してもらえるし、貯金もすぐに溜まるだろうなと。
ただ、ほとんどの会社では自分のやりたいことをすぐにやらせてはもらえないし、それをしたいのであれば個人でやってくれという話なので当たり前のことなのですが。

 

まるもで皆で集まっている際に、こんな話題になったことがあります。
「人は皆やりたいことをやってお金を稼ぎたいというのが理想である」と仮定して、先にお金を稼いでからやりたいことをやるのか、やりたいことを先にやって時間をかけてお金を稼いでいくのか、どっち派ですかと。
僕はその頃は前者の考えだったのですが、その場にいた大多数の人は後者の考えを持っていました。
しかし、前者の考えだと短期的にお金は稼げるかもしれないけど、そのために費やす時間やストレスによる出費などを考慮すると後者の方が望ましいと最近は思い始めました。
近頃は会社に入ってもすぐにやめてしまったり、やりがいを見つけられず毎日会社と家の往復をするだけの生活がしんどいと言った意見をよく聞きます。
身体や精神をすり減らしてまでやりたくないことをやるんだったら、収入は少なくてもやりたいことをやる生活の方が人生の幸福度で考えれば高いですから。

なので、会社に入ってもすぐに辞める人は間違っているという意見は間違っていると個人的に思います。
もちろんお金を稼ぐことに幸せを感じる人もいると思いますが、そういう考えを持っている人はいくら残業が多かろうが単調な作業だろうが続けられると思うので、身体も精神もすり減らすことなく頑張り続けられるでしょう。

 

そしてこれを踏まえて、見出しにも書いてある「お金よりも価値が大切」ということについてお話ししようと思います。
今はインターネットが普及してくれたおかげで、いろんな人のやっていることや考えに触れることができ、コンタクトをとったり実際にあったりすることが可能な時代です。
1億総お隣さん社会どころではなく、世界中のインターネットを使っている人とお隣さんになれる時代です。
ネット上で知名度の高いYouTuberやブロガーなどの人たちは自分でお金を使って何かを買わなくても、自ら発信しているうちに支持してくれている方達から物をタダでもらえたりしています。
そういう意味では、資本主義から価値主義へ転換していっているのは明らかです。
また、特別に知名度がなくてもやってみたい面白い企画が思い浮かんだらクラウドファンディングなどを使って、自分の考えに賛同して資金調達してくれる場合もあります。
いずれにしても、自分の考えを発信して多くの人に見てもらうことが非常に重要です。
この休活ブログにしても、検索して見てくれている人、SNSで見つけて読んでくれている人がいるからメディアとして成り立っているわけで、重要なのは見てもらうための価値を提供することなのです。
YouTuberやブロガーなどとして生計を立てている人たちは常に最大限の価値を提供するために日々没頭し、その成果としてアフィリエイトで収入を得るといった構造になっています。
見る方は無料で見れるものがほとんどで便利、作る方は観てくれる人が増えるほど収入が増えるといった、価値主義時代に最も適した職業でしょう。
もちろんこれだけで生活していくのは簡単なことではなく行動力や継続力が非常に大切ですが、会社に属さなくてもこういった生き方があるのだということは知っておいた方が良いと思います。

学校で習っていないからといって、今の時代にアフィリエイトの知識がないのは完全に取り残されていくことになってしまいます。
ブログに関して興味がある人、これから書こうと思っている人は、以下のようなイベントに参加してみると良いでしょう。
【4月22日・23日開催!】まるもでブログ合宿「ブロガソン」をしませんか?【ブロガー向け】

参加してすぐに作った「やりたいこと100リスト」について


最後に、僕が田舎フリーランス養成講座に参加してすぐに作ったやりたいこと100リストを公開します。
やりたいこと100リストとは、自分が残りの人生でやりたいことを今あるお金や環境を考慮せずに100個書くというものです。
ネットで調べると多くの人がやりたいこと100リストを作っていますが、これを書いておくことによって時間の使い方や今後の方向性などが割とはっきり見えるようになるので、まずは作ってみて期間が経ってどのくらい達成できているか確認してみると面白いです。
以下は11月に作成したものなので、この記事を書いているのが4月でおよそ5ヶ月ほど経っています。
やりたいこと100リスト (11/7)
1 大学を卒業する ←順調に行けばあと1年で○
2 どこにいてもパソコンがあればお金が生み出せるようになる ←○
3 好きな時に釣りができるように海の近くに住む
4 分厚い洋書を1冊読む
5 無人島で生活する
6 世界一周旅行する
7 企業のサイトやホームページをつくる ←○
8 47都道府県それぞれに行って泊まる
9 料理ができるようになる ←○
10 アプリを1つ開発してリリースする
11 正しい礼儀作法を身につける ←勉強中
12 ブログで月間50000pv
13 食についての知識をもつ ←勉強中
14 フリーランスで生計を立てる ←まだバイト代程度△
15 英語ペラペラになる
16 渓流釣りしてその場で塩焼きにする
17 たくさんの服を古着屋みたいに展示する
18 世界中のビールを飲む
19 沖に出て船釣りをする
20 スカイダイビングをする
21 海中散歩する
22 トライアスロンで完走する
23 代表作の洋画を全部見る
24 富士山の頂上でご飯を食べる
25 世界遺産を全部めぐる
26 David Guettaのフェスに行く
27 DIYで家具をつくる
28 50cmを超える魚を釣って食べる
29 お店を持つ
30 宮古島に住む
31 本を1000冊読む
32 魚の3枚おろし ←○
33 動画を撮って自分で編集してYouTubeにアップする
34 海外文化に触れる
35 シェアハウスをする ←○
36 宇宙に行く
37 激痛足つぼマッサージ
38 アカスリをする
39 護身術を身につける
40 キャンプに行く
41 日本と海外でノマド生活をしてみる
42 自分のサイトを開設する ←○
43 100万円貯金する
44 日報を書く習慣をつける ←○
45 ipadを買う
46 親にお金を返して毎月仕送りをする
47 ボルダリングをする
48 Macを買う ←○
49 タイムマネジメントが上手くなる
50 オーストラリア1周する
51 ヒッチハイクする
52 本か電子書籍を出版
53 フルマラソンで42.195km完走
54 海外の友達をつくる
55 ギターを弾けるようになる
56 犬を飼う
57 調理師免許を取れるくらい料理の腕を上げる
58 ツイッターのフォロワー1000人
59 NPのコメントで80以上いいねをもらう ←○
60 自分の記事がバズる
61 カヌーに乗って釣りをする
62 船で1週間くらい旅をする
63 なにか1つ習慣的にスポーツをする
64 継続のお仕事をいただく ←○
65 ultra参戦
66 ホテル暮らしをする
67 プロクラウドワーカーになる
68 投資をする
69 シリコンバレーで写真を撮る
70 予防医療の習慣をつける
71 カラオケで90点以上出せる歌をつくる
72 歯科診療所に定期的に通う
73 住んでるとこの行きつけの店を何件かつくる
74 美術館の良さが分かるようになる
75 不労所得を得る
76 さいころの旅をする
77 ドローンで良い景色を撮る
78 堀江貴文さんに質問して答えてもらう
79 家を建てる
80 シャドータイピングができるようにする ←割とできるようになったので△
81 キャンピングカーで旅行する
82 経営者になる
83 高級店に行けるようになる(作法・礼儀・金銭面で)
84 河原で釣りしながらBBQ
85 海で釣りしながらBBQ
86 一通りコーディングできるようになる ←○
87 イベントを開催する
88 経済を語れるようになる
89 インタビューされる
90 外国人に何か聞かれて流暢に答える
91 メディアを作って企業に買収してもらう
92 誰にも負けない得意なものをつくる
93 油絵を描く
94 オーケストラを見に行く
95 歌舞伎を見に行く
96 自分で育てた野菜で料理する
97 天体望遠鏡で星を見る
98 仕事をつくれる人になる
99 ワーホリをする
100 インフルエンサーになる
これを見るのは久しぶりですが、5ヶ月で12個達成できていました。
ただ、これを見ると

  1. 将来どういう生活がしたいのか
  2. そのために今やらなければならないことは何か

などがはっきりするので、作っていない人は試しに作って見ることをオススメします。
10個ぐらいまではスラスラ書けるんですけど、それ以降は結構手詰まりしてしまうので時間がかかってしまいます。
後半の方が抽象的になっていくのは仕方がないので、とりあえず作ってみて再度書き直したりしながら仕上げてみると面白いですよ。

 

まとめ


今回は「田舎フリーランス養成講座で学んだことpart2」ということで、主に3つの見出しとともにお伝えしました。
個人で仕事をするということはそこまでハードルが高いことではないですが、行動力と継続力が必要なことです。
休学をすると世界一周をしたり留学したり、ワーホリに行ったりなど様々な体験をする機会を持つことになります。
その経験を自分のうちにとどめておくだけでなく発信していくことで、自分の理想とする生活に一歩つなげることができるのではないでしょうか。
また、ここまで記事を書いてきて僕の価値観や考え方について何となく理解していただけたと思います。
この人は年収○○万円とか、大手だからとかそういうのに興味がないんだなあと。
これは普通の道から外れているとよく大学内では言われるのですが、自分で色んなところにアンテナを張ってちゃんと情報収集したり、色んな人と会って話したりした上での考えであり価値観です。
なので、自信があるとは言い過ぎですが、時代に合わせて柔軟に変化できていると思っているので不安とかは全然ないです。
休学するときは勢いでしたが、今はきちんと考えて方向性を見失わないように行動できているので、悩みよりはやりたいことの方が多いといった状態です。
どうしても勢いで休学するのが不安な人は、まずは今持っているスマホやパソコンでたくさんの情報に触れてみることから初めてみると良いですよ。

次回は、そんな価値観の僕が国内ITベンチャーでのインターンをしての感想や思ったことなどを発信していこうと思います。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次回の記事→国内ITベンチャー創業期メンバーとしてインターンして思ったこと

The following two tabs change content below.
香取 侑太

香取 侑太

岡山県倉敷市出身。広島大学工学部。就活直前に休学して「国内ITベンチャーでインターン」「田舎フリーランス養成講座に参加」を経験。これからの時代の生き方や働き方について、約1年かけて勉強と実践をしていました。香取侑太の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加