休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【幸せって何?】鬱ニートになってからの日々について
このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単な筆者紹介

運動好きだけど、運動音痴。勉強頑張っても偏差値35.大学行けば堕落生活。
TOEIC280点で留学行って価値観変化。就活するうちに経営者を志す。
修行のために社員数の少ない人材ベンチャー企業に休学して就職。
しかし、鬱になり退社を決める。

これを読んでいるあなたに問いたい事

あなたにとっての幸せってなんですか?

愛知に帰省した私は心身共にどん底でした。
死ぬんじゃないかと思う程咳がひどくなり、呼吸しているのか不明な状態。
何も食べていないのに吐き気が止まらない。ただ横になるのみ。
朝になっても寝られず、睡眠は3日に2回死んだように意識を失って寝る。
たまに外に出れば、次の日は確実にダウン。

この時から「幸せ」について無意識に考え始めました。

自分の幸せってなんだろう?

d8fb81722f5fa59f97be6c58e0465174_s
(こういう幸せは今回なしで)

志がなくなった私から去る人励ます人バカにする人

まだ軽い症状だったため、普段あまり飲まない薬を使いながら徐々に回復しました。
体の痛みはなくなりましたが、何もしたくない無気力な人になりました。

無気力な私に興味がなくなり、仲がよかったのに関わりが消えた人がいました。
志が失った私なんて面白くないし、当然だろうとは思っていながらもきつかったです。

逆に励ましの言葉や変わらない姿勢で接してくれた人もいました。
嬉しくて感動して泣いたこともありました。
aab7b49133aac68f6b49d12bd9f51659_s
(励ましていただいた皆さん心から感謝しています)

「やっぱりダメだったなバカだなー」
「さっさと大学卒業して就職しなさい」
経歴を話しても興味すらもってもらえない等。
結果結論至上主義をメインとした多数の方に
自分のプライド、心をさらに傷つけられました。

この経験が逆に価値観をフラットにさせる良い経験になりました。
今では鬱になってよかったと思っています。

(次回フラットになり、どんなことをしているかを紹介予定)

何も縛られない日々

とにかくご飯がおいしくてたまりませんでした。
東京にいた頃はカップ麺が主食。
たまに食べる牛丼は最高の贅沢だった私。

愛知に帰ってからは何を食べても美味しくて美味しくてたまりません。
食べることにとても「幸せ」を感じていました。

また、とにかく「YouTube」を見ました。
アニメから野球から様々なジャンルを見直しました。
ゲームも復活してやりこみました。

寝たい時間に寝て、起きたい時間に起きる。
好きなことをしたい時にして、食べたい時に食べたい物を食べていました。

おそらくこれを読んでいる皆さんは、
「羨ましい生活をしているな!石井ってやつは!」
と思っていると思います。 

この生活をしていて感じたことは「生きてる実感がない」
充実感がないという表現も近いかもしれません。

44388637197e9abe71d2bacf022d2c5a_s

私にとっての幸せってなんだろう

今、私にとっての幸せってなんだろうと疑問をもっています。
東京にいた頃の方が幸せだったのかもしれません。
愛知に来て、さらに鬱の進行が進んだのかもしれません。

何をしても心から楽しくない日々が続いていました。
熱中できるような、夢中になれるような。
そんな趣味でも、遊びでも、仕事でも見つけたい。
また、楽しい時を過ごせるようになりたい。

これを読んでいるあなたの幸せは何ですか? 

どんな時に幸せを感じますか?

答えがないこの問いに少し興味をもっていただければ幸いです。

もしよければ考えてみてください。

その人によって、幸せに思うことは違うと思うからです。

最後までご覧いただきありがとうございました。
次回もよろしくお願い致します。

The following two tabs change content below.
石井 達也

石井 達也

休学して愛知から上京し、ベンチャー企業で経験を積んでいます。私は自他共に認めるダメ人間でした。留学やゼミ活動で大きく考えが変化しました。2014年には起業を考えています。 石井達也の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加