休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×カナダ留学】カナダで過ごした半年間
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事→【休学×英語力】英語ができるようになってどうなりたいの?
今回は僕がカナダで過ごした6か月について書きたいと思う。具体的には以下の通り。
・語学学校の選び方
・カナダでの金銭のやりくり
・留学中の過ごし方
・向こうでの友達の作り方

語学学校の選び方

学校を選ぶ際には色々と考える必要がある。
どこにあるのか、費用はいくらかかるのか、どんなカリキュラムを用意しているのかetc,etc‥‥。
考えれば考えるほど考慮しなければならないことは山ほど出てくる。

ここで大事にしてほしいのは「どこにあるのか」と「カリキュラム」の2つだと思う。
まず「どこにあるのか」についてだが、国によって英語のアクセントは異なってくる。
圀によって治安の違いもあるが、これに関しては確実なことが言えないので
あえて学校選びの際には考慮しない(実際カナダは治安はいい方だが僕が行っている間に日本人女性が殺害されている)。
次に「カリキュラム」についてだが、1,2か月ほどの短期留学であればあまり気にしなくても構わないと思う。
6か月を超えてくると、カリキュラムが少なければ同じ授業をうけるハメになるので受けられる授業が多い学校を探した方がいい。

でも一番大事だと思うのは、実際に話を聞きに行くことだ。
インターネットで調べるのもいいが、直接学校の人から話を聞くとその場で質問できるし、もしその人が外国人だったら自分の今の英語力も大体わかる。
自分の足で集めにいった情報はそれだけで価値があるし、そういうことの積み重ねで行動力も身につく。

カナダでの金銭のやりくり

海外は基本的に日本より物価が高いところが多いのと今は円安の影響もあって、油断していると一瞬でお金を散財してしまう。
最初の頃は海外に来た、というのもあって最初の月は買い物や飲みに行ったりして1月で7,8万使っていた。
また海外ではクレジットカードを使うのが当たり前なのだが、カードだとお金を使っている感覚がないので出費に拍車をかけていた。
僕は使いすぎないようにアプリで出費を管理していた。今は無料で便利なアプリがあるのでぜひ探してみてほしい(僕は家計簿コツコツWalletというのを使っている)。

留学中の過ごし方

留学といってもただホームステイ先と家をただ行き来するだけではない。
確かにそういう日もあるが、毎日がこのように単調だとさすがに飽きてくる。
日々の生活にもちょっとした変化を加えるだけでかなり違ってくる。

以下、ある日の僕の一日を書いてみる。

9-16時:学校
16-17時:下校、ジムへ向かう
17-18時30分:トレーニング
18時30分ー19時:着替え、帰宅
19ー20時:晩ご飯
20-21時:読書
21-22時:シャワー、歯磨き
22-23時:課題
23-0時:ネット、就寝

基本的にはこんな感じだがここに少しずつ変化を加える。
例えば毎日ジムに行くことはないので、この時間で読書をしたり早い時間に友達と晩ご飯を食べたりする。
また休みの日には晴れていれば外に出かけたり、友達と予定を組んで遠くに出かけるのもアリ。
大切なのは小さい変化でもいいので自分で変化を作ってそれを全力で楽しむこと。

向こうでの友達の作り方

これは一番気になる部分だと思う。海外でぼっちになることほど寂しいことはない。
僕自身は初めに受けたクラスに一体感があり、自分から積極的に話しかけなくてもクラスになじむことができた。
そのクラスの友達とシアトルに行ったりしたが、他のクラスの友達に聞いてもそういうことはしなかったというから改めて自分はラッキーだと思った。
初めのクラスで一緒になった友達とは今でも連絡を取っている。
File_004
(画像はカナダにある有名?な灯台)

これはかなりラッキーなケースなのでこのパターンをあまり期待しない方がいい。
実際、他のクラスでは小グループができていてグループ同志の絡みは少なかった。
文化の違いはあるだろうが、やはり自分から話しかけるのが一番だ。
特にヨーロッパや中東系の学生はオープンな性格の人が多いので、むしろ話しかけないと
「この人は自分のことを嫌いなのかな?」と思われる可能性すらある。
よっぽどのことがない限り話しかけて嫌われることはないので、自分から積極的に話しかけてほしい。

留学する際には色々なことを考えると思うが、準備や実際に行った時に必要になるのが「積極性」と「変化を楽しむこと」の2つ。
留学を機に自分の殻を破ってほしい。

次回の記事→【休学×変化】カナダ留学へ出発する前と帰国後の変化

The following two tabs change content below.
細川 優樹

細川 優樹

必修を落として留年し、一年間やることがないので大学を半年休学して、バンクーバーに語学留学。将来の夢は同時通訳になって仕事で世界中を飛び回ること。カナダに来て感じたこと、考えさせられたこと、励みになったことを主に書いていきます。自分の体験が誰かの夢を後押しできれば嬉しいです!細川優樹の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加