休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
外に向かうだけが休学じゃない。【生きる】ための休学。
このエントリーをはてなブックマークに追加

<はじめに>

 休活ブログに参加している全ての方は(今のところは)、世界に向かって、外に向かって飛び出した人たちです。

おそらくこのサイトを見に来ている方々も、そういったことに興味があり、

それについてとにかく情報を得たい!

と考えている方がほとんどだと思います。

 

 私は骨髄移植を受けるために休学しました。

 

 これから私が書いていくものは、それらとは一線を画した、

 あるいは相対するものになる可能性があるので

 見に来ていただいた方のニーズに答えられないかもしれません。

 

 

ただ、

 

こんな人もいるんだ、こんな休学の使い方してる人がいるんだと

 ほんの頭の片隅にでも置いておく程度で構いませんので

 お付き合いくだされば嬉しいです。

 

また、このブログを通して皆さんに伝えたいと思うことは、

当たり前のことが当たり前にできることが幸せだということ

迷えることが幸せだということ

選択できることが幸せだということ

挑戦できることが幸せだということ

 

 

海外にチャレンジするにせよしないにせよ、

このブログが

また違った観点からもう一度自分を見つめ直すための手助けになればと思っています。

 

 

<自己紹介>

初更新なので、まずは軽い自己紹介から。というよりほぼ病歴(笑)

吉澤耕介 (よしざわこうすけ)

千葉大学法経学部総合政策学科5年目4年生

長野県長野市出身

ペンネーム ほんわかほ耕介(ジャン魂G)

小学3年から野球を始め地元の少年野球チームで俊足が売りの1番ショートをはる。

小学5年の5月に再生不良性貧血発症

10か月の入院、化学療法で順調に回復

中学に入り卓球部に入部 2年生にして全国大会出場

この年に骨髄異形成症候群に移行(ただし症状がないので無治療経過観察)

高校進学 高校でもバリバリ卓球に励む 3年夏北信越大会出場

2009年千葉大入学

同年9月脳静脈洞血栓症発症 左半身麻痺

驚異的な回復とリハビリで生還 2ヶ月後大学復帰

2011年5月末骨髄異形成症候群が急性骨髄性白血病に移行

同年9月に骨髄移植を受ける

無事生着し翌年1月に退院 以後入退院を繰り返すも

2012年10月 大学復帰

現在に至る

 

 

 

これだけ見ると、

ぶっちゃけひきますね。自分でもひくもん笑

これから書いてくブログの内容も、下手したら

ほとんど闘病日記になってしまうんじゃないか(震え声)

でもまあ今は月一で病院に定期検査に通っているくらいで、

他はもうほとんど普通の人と同じ暮らしをしています。

「お前ほんとに白血病だったの!?」

って言われるくらい普通の大学生です。(イェーイ)

 

他の人のブログと比べるとどうしてもネガティブなイメージのブログになりそうなので

ブログと並行して休学中に培ったおもしろ能力もお見せしていければと思っています。

 
次回記事:自分の時間だけが止まる~入院という異シャカイ~

The following two tabs change content below.
吉澤 耕介

吉澤 耕介

千葉大学3年時に持病の血液疾患が悪化。 みんなが留学や世界一周のために休学してるなか、骨髄移植を受けるため休学を余儀無くされる。そして今、僕はドナーさんの細胞と自分の細胞と共に、第2の人生を歩んでいる。 吉澤 耕介の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加