休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
初めまして、フィリピンから!
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さん始めまして。

これから「休活ブログ」で記事を投稿させて頂く事となりました古川智大です。
まず始めに簡単な自己紹介から始めさせてもらえればと思います!

 

自己紹介

小から高校生までサッカーばかりしていました。

千葉県の選抜チームのキャプテンをしていたり関東大会に出たりと、
プロサッカー選手になる事ばかり考えて青春を過ごしていました。

その後、高校は千葉県の八千代高校という公立高校でサッカーをしていたのですが怪我に悩まされ、その他にも幾つかの理由からサッカー部を退部。何を思ったのか医者になろうと決意して勉強に集中する様になりました。

ところが高校の3年の夏休み頃に急遽文転をして、紆余曲折を経て何とか今の大学・明治学院大学へと進学する事が決まりました。

大学へ入ってからは、これまた何を思ったのか体育会の「ヨット部」に入部して気が付けば毎週合宿の様な海の上で生活をしていました。
毎週末は神奈川県の三崎口という京急の終着点へ行きバスに乗り、相模湾を駆け回っていたのを思い出します。
それでも部活も1年で退部。

そこから僕の生活は全く変わりました。
大学の部活を退部してからはいろんな事をしてきました。

  • カナダでの2ヶ月半の留学
  • タイ・ラオスへの旅行
  • セブでのボランティア
  • セブで就職

自分の持っている経験や考えなどを皆さんと共有できればよいなぁ、とも思っています!

 

日本から飛び出してみる

今までの生活を振り返ってみると、自分の視点や視野の範囲がかなり狭かった記憶があります。
部活や勉強に集中するのは良い事ですが人生の楽しみ方はそれだけでありません。

大学1年終了後の春休みにカナダ・バンクーバーへの留学を期に、僕の視野は大幅に変化し、人生の楽しみ方の多様性に気付かされました。

バンクーバーへの語学留学は刺激的な毎日で、いろんな国の人と友達になれる事に新しい楽しみを見いだす事が出来たのです。
幸いして英語にアレルギーは無かった事が一番の要因かと思いますが。

それでも日本から少しの期間でも飛び出す事で、新たな価値観や視野を手に入れる事ができるのです!

 

フィリピンとの関わり

今現在はフィリピン・セブで働いている訳ですが、僕のフィリピンとの出会いは高校時代になります。

あるNGOと関わりを持つ学校の先生がいた関係からボランティアに興味を持ち始めました。
活動をお手伝いしていく中に自然とフィリピンにも興味を持ち始めたのです。
大学2年の夏休みに実際に支援地へスタディーツアーをした後、半年後の大学2年生修了後から現地へ長く行く事を決意したのです!

思い返せば、フィリピンとの付き合いは7年くらいになると思います。
今では僕にとってフィリピンは第二の故郷であり、慣れ親しんだ地となりました。

 

フィリピンでしてきた事

簡単にこの1年半を総まとめしてみたいと思います。

2012年の4月からフィリピン・セブにて生活を開始しました。
始めはボランティアとして「Alay Kapwa」という現地NGOで活動のお手伝いを始めたのです。
まずは半年間からスタートしたのですが現地の生活環境、特にNGO団体の規律が厳しく挫折。

2013年10月から現地旅行会社へと正社員として入社しました。今はそこの会社で日々日本人観光客のサポートをしています。

それ以外にもセブ島情報マガジン「エキサイトセブ」のライターをしたり、各ホテルのレポートを日本の旅行会社のコンテンツとして提出したりと、本職以外にも活動をしていましたし現地大学「サン・カルロス大学」というフィリピンの私立大学で勉強していた事もあります。

 

今後の更新ではフィリピン学んだ事、経験など様々な事は現地の情報を織り交ぜながら、マイペースに更新していく予定となります!

なるべく読みやすい文章で伝えて行く様に心掛けますので、今後とも宜しくお願い致します。

今この休活ブログにはフィリピン留学関連の記事が多いかと思いますが、僕はフィリピンの語学学校には一度も行っていませんので、他の人々とは違った目線から休学体験やフィリピン情報、英語の勉強方法などをお伝えできるかと思います。楽しみにしていて下さい!

 
次回記事⇒休学を選択するかしないかは、自由意志です。

The following two tabs change content below.
古川 智大

古川 智大

フィリピンでボランティア、英語学習、海外就職と濃い1年半の休学体験をマイペースに語っていきます。 古川 智大の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加