休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【英語語学留学】こんな大学生はとりあえずフィリピンへいけ【効果測定】
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_1253
「英語留学」
 

今や様々な場所に英語を習得するために留学する事が可能です。
 

アメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、フィリピン、インド、フィジー、マルタ、タイetc…
 

留学先ってどうやって決めればいいのか、とても迷いますよね。
 

そして英語留学には様々な目標や条件がつきものです。
 

■目的(例)
旅に困らないくらいの英語力を得たい!
TOEICの点数を860点まであげたい!
外国人ともっと話したい/交流したい!
海外で働けるレベルの英語力を得たい!
etc…
 

■条件(例)
予算は150万円以内。
期間は1年間。
治安の良い綺麗な環境での生活。
etc…
 
 

そこで、今回は【どんな人がフィリピン留学へ行くべきなのか】を勝手に定義付けしたいと思います。

 

あくまで自分のフィリピン留学の経験と、フィリピン留学経験のある友人達の経験談から考えた結果ですので参考までにどうぞ。
 

以下の9つの項目4つくらい当てはまる人はまずはフィリピンで勉強してみる事を強くおすすめします。
 

【留学前英語レベル編】こんな学生はとりあえずフィリピンへいけ

 

■TOIEC 700点以下…


→700点以下では正直履歴書には書きづらいレベルですよね。ただ、大学受験をした学生であれば3ヶ月程フィリピン留学をすれば700点は普通に超えるレベルになります。リスニングパートに関しては完璧ではないですが、ある程度何話しているのかはわかるようになりますよ。*もちろん個人差はあります
 

外国人と話す事がとても億劫であるor怖い…


→このどこからか湧いてくる外国人恐怖症はフィリピン留学で解消されると思います。一日5時間以上フィリピン人と1対1で話さなければいけない環境なので。外国人が目の前にいてもどっしり構えられる姿勢が身に付きます。
 

■英語での数分間にも及ぶ自己紹介なんて絶対無理


→自己紹介ですら絶対無理!と感じるという事は相当英語に対して抵抗があるかと思います。その英語に対する苦手意識や抵抗はフィリピン留学で改善されると思います。話せたり、聞けたりすると英語学習ってすごーく楽しくなりますよ!
 
 

【目的編】こんな学生はとりあえずフィリピンへいけ

 

■ワーホリ/旅に行きたいからとにかく旅行/日常会話くらいはできるようになりたい!


→まずはフィリピンで修行してください。2ヶ月もいれば相当変わりますよ。あなたの旅の濃度もその2ヶ月間で大きく変わると思います。ちなみに私は2ヶ月目くらいで、外国人と2人で遊びに行っても特に気まづくならないレベルになりました。フィリピン留学だと1日中英語を話してないといけないのであっというまにそれくらいのレベルに行くと思います。
 

■就活/入社でTOIECの点数が800点以上必要!


→800点くらいなら、わざわざアメリカ/イギリスなど行く必要はありませんね。フィリピンで充分です。期間にもよりますが、授業に全力で参加する事はもちろん、常に外国人と話す事、TOIECの過去問を解きまくる等の自習は必要です。短期留学(3ヶ月程)で目標がTOEIC点数の獲得ならば、ネイティブ圏で留学をして15人くらい生徒がいるグループに参加するより、フィリピンで1:1で鍛えられた方が短期間の伸びが早いです。自分の友人でネイティブ圏で留学していた友人達の話を聞いてみると短期留学なら圧倒的にフィリピン留学の方が有利です。値段もフィリピンなら欧米圏の半額くらいで行けますしね。
 

特に目標はないけど英語初心者だからとにかく英語力を伸ばしたい!


→目標ないのはよくないですけど、こんな感じの学生がたくさんいると思うので書いてみました。ちなみに当初僕もそのうちの1人でしたが…笑
とりあえず英語力伸ばしたいけどどこ行けばいいかわからん!って人はまずはフィリピンで数ヶ月間勉強してみるといいと思います。
ある程度、英語が話せるようになると自信が着いたり、できる範囲が広がるのでそこからまた考えればいいと思います。
休活BLOGのメンバーにもフィリピン留学からカナダやアメリカへ行って留学/インターンをしたり、インドへインターンをしたり、ベトナムでインターンをしている人など、フィリピン留学からのその後は多岐にわたっています。

 

【条件編】こんな学生はとりあえずフィリピンへいけ

 

■お金がない。できるだけ安く!!!


→んーこれはもはや言うまでもないですが…
まぁフィリピンだったら3ヶ月で現地で使う金等全て含めて50万円くらいでおさまるのではないでしょうか。
 

■英語だけじゃない。発展途上国支援やボランティアもしてみたい!


→こんな条件を満たせるのもフィリピン留学の強みかと思いますので書いていおきますね。
フィリピンには大都市もある一方で、貧困地区もたくさんあります。そのため、様々な支援団体やボランティア活動が盛んに行なわれています。語学学校でそういったプログラムを準備している所もありますが、フィリピン留学経験の友人の1人は、自ら団体にアプローチして活動に参加している人もいました。日本人はその学生1人しかいなかったみたいで、非常に良い経験をしていたと思います。
大学生のうちにこういった日本では考えられない環境を見るのも良い経験になるかと思います。
 

■留学で異文化を体験してみたい!


→正直フィリピンは日本人の学生からしたら異文化だらけです。学校に引きこもってるだけではこれは経験できないと思いますが…
フィリピンやフィリピン人に対して多くの疑問を持つかと思います。日本の当たり前なんて一切通じません。滞在当初は疑問ばかりもっていました。笑 個人的にはフィリピンに長い事滞在して性格が変化したと思います。笑
ストレスをあまり感じなくなったり、物事に対して楽観的になれた気がします。。
また、フィリピンと日本を比較する事で「日本ってどんな国なのか」という事を改めて考えさせられます。
 
 
さあ、皆さんどうでしたでしょうか???いくつ当てはまりましたか??
4つくらい当てはまったら次は語学学校をインターネットで調べてみましょ。何事もとりあえず行動が大事ですよ。
 

で、実際にフィリピン留学行ってみたらどんくらい成長するの?

参考までに今まさにフィリピン留学をしている大学生2名にインタビューと授業の見学をしてみました。実際に効果を測定し、全て公開したいと思います!
*先月お世話になっていたNexseedというフィリピン、セブ島の語学学校の生徒さん2名に協力していただきました!ありがとうございます!
 

■慶應大学Y君
IMG_1290
•滞在期間:2週間目突入

•Y君の留学前英語レベル:「全然話せなく、自己紹介もほぼできないレベルでした。」

•私がY君の授業を見学した感想:簡単な質問に関してはさくさく返答できていました。難しい質問に関しても時間はかかるものの、何とか説明する事ができていました。また、もし間違っていたとしても先生から適切なフィードバックを受けて正しいセンテンスを作りなおして会話できていました。2週間でこんなに伸びるのかと関心…

•フィリピン留学に対する感想:(Y君)→「授業に関してはとにかく自分がやりたい授業に対して先生達が柔軟に対応してくれるため非常にやりやすいです。また、頻繁に使う言葉を(フレーズ)覚えられるようになり、語彙力もかなりついたかと思います。
ただ、やはり汚いですね、フィリピン。。。笑」

 
■立教大学S君
IMG_1291

•滞在期間:2ヶ月目突入

•S君の留学前英語レベル:「Y君と同様、自己紹介すら厳しい状況でした。何か質問されても何とか一文で返答できるくらいのレベルです。」

•私がY君の授業を見学した感想:自然なスピードで日常会話ができていました。会話中に冗談を言えるくらいの余裕があり、一言返答だけではなく、2、3文で返答していました。また、逆に会話中に先生に質問をしたりと英語での会話に非常に慣れてきているのではないかと感じました!!自分も留学開始から2ヶ月が経過した時はこれくらいのレベルだった気がします。

•フィリピン留学に対する感想:(S君)→「マンツーマンで毎日数時間も先生と会話しなければならないので、予想通り英語の伸びは早いです。想像していたよりも英語のなまりはなく大変満足しています。ネイティブスピーカーとの会話に関してはきついかもしれませんが、アジア人となら2人で遊びにいっても気まづくならないくらいのレベルにはなれたかと思います。
生活面に関しては、夜出歩くのは若干抵抗がありますが、生活は非常にしやすいです。
あと、野菜が少ないです。笑」

 
 

さて、どうでしたしょうか?少しでもフィリピン留学の決断/留学先の選択の参考になれれば幸いです。
次回はフィリピン留学してはいけない人について書いてみたいと思います。笑
それでは!

次の記事を読む→【セブ島の裏の顔】フィリピンセブ島スラム街から

The following two tabs change content below.
渡辺 淳

渡辺 淳

明治大学5年半。就活を中断し、フィリピン留学/フィリピンでインターンを経験。帰国後また就活。2014年から社会人予定。「思考停止」をせずに考える事の重要性を伝えていきたいと思います。 渡辺 淳の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加