【休学×復学】休学するなら自分がなりたい姿を明確に!

就活

こんにちは。休学してゲストハウスでヘルパーや農家でWWOOFなどをしていた児嶋佑香です。

前回の記事はこちら
【休学×WWOOF】携帯の電波より山菜採り!

今回は復学後に私が感じたことを書きたいと思います。
とは言っても私は皆さんに有益な情報を提供することはできません。
というのも、私は休学を上手く復学後の生活に生かすことができなかったからです。
ですから、この記事は反面教師として読んでほしいです。
私の失敗談を赤裸々にお伝えすることで、これを読んだ人が私と同じ過ちを繰り返さず、休学期間を上手に使い、スムーズに復学する参考になりましたら幸いです。

 



この記事を読んでほしい人

  • 目的がないけどなんとなく休学したい人(休学してる人)
  • 休学せざる負えない状況に陥った人
  • 成功談より失敗談を知りたい人
  • 自分探しから抜けられない人

 

復学後の試練

yasumi

大学がつまらない

復学して私が最初にぶち当たった問題は、大学生活を楽しめなかったことです。

復学すると、休学前より大学の授業に興味を持つようになる人と、自分の興味と大学の方向性のギャップに気がつき、大学が意味のないものだと思ってしまう人に分かれるのではないでしょうか。

前者の意見もよく聞きますが、私は後者でした。
私は休学中に様々な場所で多様な人と出会い、これからも移動をしながら様々な人と関わっていきたいと思っていました。
生きていくために必要な情報や技術は問題にぶち当たった時に学べばよいと考えるようになり、大して興味のない授業を受けるためにわざわざ大学に行く毎日がとても退屈だと感じていました。

また、専攻が英語であるにもかかわらず、休学中に全然違うことをしていた私にとって、授業についていくのも大変でした。
久しぶりに読む英文やプレゼン、ネイティブスピーカーの会話など英語に対して拒絶反応を起こしていました。

復学した私は結局、大学生活に意味を見出せなかったのです。

 

価値観が合わなくなった

休学をした私は様々な生き方をしている人に出会い、大学に入って良い会社に就職することだけが良い人生ではないと思うようになりました。

「みんなと同じ時期に就職しなくてもいいのではないか」「放浪しながら生きていきたい」「フリーターでもいいんじゃないか」とあれこれと考えました。

その度に、「とりあえず就職しなさい」「入社したら3年はいなさい」「新卒で就職しないと後で困るよ」などと言われ、ずっともやもやした日々を過ごしていました。

 

就活なんてしたくない

そんな状態がいつまでも続き、同じく休学していた仲間達(私の大学は留学や海外インターンで休学する人が多い)もどんどん内定を獲得していきました。

周りの人には「とりあえず就職しなさい」と言われていましたが、当時の私は休学中の生活が楽しすぎて、会社に入りたくありませんでした。
「自給自足的な生活がしたい」という漠然とした将来像だけがあり、そのために今何をすべきかも考えられていなかったし、人に話を聞く度に彼らの意見に流され、自分の道が定まらず、ストレスばかりがたまっていきました。

 

失敗から学んだこと

では、休学後に気持ちよく復学するために私はどうすれば良かったのでしょうか。

 

復学後になりたい像をイメージしそれに沿って行動する

gannbaru

私の一番の問題点は復学後のことを意識せずに休学期間を過ごしてしまったことでした。
理想は休学前に復学後に自分がなりたい姿を明確にし、それに向けて具体的なプランを考え、日々方向性が正しいかを確認しながら確実に前に進んでいくことです。

しかし、最初の記事で書いたように私の休学理由はポジティブなものではありませんでした。
私以外にもやりたいことがあるから休学するのではなく、大学が嫌だからとか日常生活に支障をきたすほど精神的に弱ってしまったなど様々な理由があると思います。
それはそれでいいと思います。

そういう時にエリート大学生と自分を比べたところで何の意味もありません。
ですからとりあえず休学して自分のやりたいことを片っ端からやればいいと思います。
しかし、休学期間が半分くらい過ぎたら今までの自分とこれからの自分を考える時間を作って欲しいです。
何も考えずに自分のやりたいことをひたすらやるために休学した場合にも、自分が行っている一つ一つの行動に繋がりが見えてくると思います。

例えば、自給自足体験キャンプに参加したり、ゲストハウスでヘルパーをしたり農家でWWOOFをしてきた私は農業や人が集まる場所、お金が介在しない仕組みに興味があることがわかってきました。
その経験を復学後の生活や就職にどう生かすかを休学中にある程度考えられていれば復学や就活がスムーズに行ったのだと思います。

 

迷うのは時間の無駄 とりあえずやってみる

「どの会社がいいか」「自分がどんな生き方をしたいか」なんていくら家で頭を抱えていたところでわかりません。
周囲の意見だってどれを取り入れてどれを無視すればいいかもわからないと思います。

それだったらわからなくてもとりあえず始めてみましょう!
自給自足的な生活に興味があるならまずは畑を借りてみるとか、放浪して生きていきたいならそういう生活をしている人に話を聞いて、まねをしてみたらいいと思います。
そうする中で先が見えてくることもあれば、限界を知ることもあるでしょう。

そうやってできるかできないかを考える前に自分の興味のあることをやってみて、可能か不可能かはその後に考えればいいと思います。
時間は有限です。
迷っている暇があったら行動しましょう!

 

情報発信は大事!

zyouhouhaxtushinn

最後に情報発信の大切さをお伝えしたいと思います。

私は情報発信の利点は3つあると思います。

  • 頭の中が整理される
  • 情報が集まってくる
  • セルフブランディングになる

情報発信でなくても良いのですが、文章を書くことで自分の考えがまとまりやすくなります。
ただごちゃごちゃと考えているなら文字にしましょう!

加えてそれを発信することによって自分が何を考えているのかが人に伝わり、関連する情報を教えてくれる人も増えてきます。

情報発信は武器になります。
自分が情報を発信するということは読み手に価値を与えることができるということです。
それをうまくやればそれに興味を持った人が自分の周りに集まり、新たな可能性が広がることになります。

休学する人だったら自分のブログを開設し、ブログに近況をアップしながら活動をすれば形に残ります。
そうすれば同じようなことに興味のある人と繋がることができたり、就活の時に注目してもらえたりします。
広告を張り付ければ収益も得られるし、Google アナリティクス(サイトに埋め込んでアクセス数などを分析できるツール)などを使いこなせばwebマーケティングの企業などの選考で有利になるかもしれません。
ブログを書いている中でデザインをより良いものにしたくなって、HTMLやCSSも学びたくなるかもしれません。

そうやって情報発信をすることで、それに付随して、自分の興味関心も広がっていくのです。

 

まとめ

  • 休学する時は復学後に自分がなりたい人物像を明確にし、それに向けて確実に進めるように日々振り返りながら生活する。
  • 進みながら考える。
  • 休学中、復学後は情報発信をする。

休学を決意することは勇気がいりますが、それ以上に復学してからが大変です。
休学中の活動が無駄にならないようにしっかり戦略を立てて確実に前に進んでいきましょう!

皆さんの休学がより良いものになりますように!

The following two tabs change content below.
児嶋佑香

児嶋佑香

神田外語大学外国語学部国際コミュニケーション学科4年。 三年次に一年間休学し、ゲストハウスでヘルパーをしたり、農家に滞在したりしていました。 児嶋佑香の詳細プロフィール

スポンサードリンク