【休学×デンマーク留学⑤】いざ後半戦~フォルケ見聞録Part3~

デンマーク留学

こんにちは。Komachi995です。
さて、前回はSnoghoj Hojskoleでのクリスマス前の学生生活のお話をしました。今回はその後の話とフォルケ留学の総括をしたいと思います。

☆過去記事はこちら
【休学×デンマーク留学】➀いきさつ編
【休学×デンマーク留学➁】渡航準備編
【休学×デンマーク留学➂】~フォルケ見聞録Part1~
【休学×デンマーク留学➃】~フォルケ見聞録Part2~



クリスマスホリデー

年末年始はほとんどの学生が家族や友人と過ごしていたようです。私は学校に残っていたのですが、なんと5人の学生しかいませんでした!! 時間を見付けては出掛けていました。
写真(上)(中)スウェーデン観光
コペンハーゲン空港から約20分電車に揺られると、スウェーデンのマルメに着きます。
街並みが何となくコペンハーゲンに似ているような気がしました。

マルメ城があります。

夜になると街中にイルミネーションが点灯していて、とっても綺麗でした。

写真(下)学校近隣のThe Historical Mini-Town
学校の最寄りのフレゼリシア駅から15分くらい歩いたところにあります。
文字通り昔の街並みが縮小されています。
夏季しか入場できないのでご注意を。

Snoghoj Hojskoleでの新学期生活♪

新たなクラスメイトとの出会い

同じコースに、ウクライナ、ベルギー、パナマ、ガーナ、ドイツ、アメリカ、デンマーク各国からやって来た学生15人が増え、一気に賑やかになりました。前の学期に7人が修了して帰国してしまったので、新入生と初対面したときはワクワクしました。私が転入時に受け入れてもらったことを思い出し、私も新入生に話し掛けるようにしていました。

コースを越えた交流

リフレクションという授業(小グループ内で「私」について話す)や選択科目(料理、歌唱法、作曲、音楽の歴史、ニュース記事のディスカッション、ライティング、スピーチ、ダンス)が加わったことにより、同じコースの学生はもちろん他のコースの学生とも話す機会が増えました。
写真:スピーチの授業で販売員になりきって品物を売るエクササイズをしているところ
買い手役に品物を勧めているときに、一つのモノを多面的に見て利点を見出す難しさを体感しました。

波乱あり、涙ありのプロジェクト・ウィーク

この学校ではコースごとに成果発表会があり、その準備期間として2週間のプロジェクト・ウィークが設けられていました。前回少し触れたクリスマスショーがこれに当たります。今回のお題は「Sexuality&Power」に関するパフォーマンスを創ること。それまでほとんど扱ったことがないテーマだったので、どのようなものが良いのかさっぱり分かりませんでしたが、頭に浮かんだことをとにかく言うようにしていました。そして、パフォーマンスごとに3~5人のグループに分かれて準備することになったのですが、そこからがとても大変に感じました。私は、どこに向かっているのかも分からずに進んでいく毎日に大きなストレスを感じました。クリスマスショーのときのようにリーダー格の人はいないし、だからと言って私が皆を引っ張れる訳ではなく……。皆で間際まで話し合って色々試した結果、発表に漕ぎ着けたと思います。

フォルケ留学の総括

以前も述べたように、フォルケでは基本的に学位や単位、そして特別な資格を得ることはできません。しかしながら、過去記事の➀いきさつ編で挙げた5つの理由(=目標)をどのくらい達成できたか考えてみました。

1. 水準が高いと言われる北欧の教育を自分の目で見たかったから。
→実際見て……
・カフェタイムがあり、オンオフがはっきりしていた。
・先生と学生の間に壁がなく、意見を交わしやすかった。
念願だった北欧の教育現場を垣間見られて良かったです。ほんわかしたフォルケの雰囲気に癒されていました。
2. 海外で演劇を英語で勉強してみたかったから。
→実際体験してみて……
・即興劇の面白さを知った!!
私はアイディアを出すのが苦手でした(今も)。そのため、台本がない即興などできるはずがないと決めつけていました。しかし、人前で思い切ってやってみると出来はともかくとして形になるものだと分かり、即興を気軽に楽しめるようになりました。多くの人で協力して創る難しさに何度も直面してやめたいな……と感じたこともありましたが、やはり自分一人では成し遂げられない醍醐味を味わえたと思います。近いうちに絶対勉強したいと思っています!
3. 英語のスピーキング力を上達させたかったから。
→実際学んでみて……
・英語を生で活かせる楽しさを味わえた
1日中英語を使ったのは、高校2年生のときのアメリカ短期留学(2週間)以来でした。授業の他、毎晩のように雑談を重ねるうちに、自分が話す英語が伝わる嬉しさを感じるようになりました。私の英語に懲りずに付き合ってくれた友人にとても感謝しています。現在は、スピーキング力を衰えさせないようにスカイプ英会話をして奮闘しているところです。
4. フォルケの学費は他国の大学より手頃だと感じたから。
→実際滞在してみて……
・フォルケで生活する分には10万/月で収まった。
・頻繁に休日に出掛けていたので、嬉しくも悲しくも出費が💦
外で食べると毎回2、3千円飛んでいきました。コンビニも甘くみれません:(
5. ターニングポイントが欲しかったから。
→実際行ってみて……
・人生の視野が広がった。
出会った人それぞれにフォルケに来た理由がありました。ある人は高校卒業後の進路を探すため、またある人は仕事で行き詰まったため。彼らの話を聞いていて、人生にはいろいろなことが起こり得るのだなと気付きました。私も良い意味で我慢せずやりたいことに挑戦していきたいです。
・人間関係はやはり難しかった。
正直に言うと一筋縄ではいきませんでした。言語や文化の問題ではないような……。もう少し時間が必要だな、と思います。
・就職活動を淡々とかつ前向きに進められた。
渡航前の準備やら転校やら奮闘したからか、留学前に少し就職活動をしていたときと比べて、冷静でいられるようになったと思います。たとえば、面接で休学の理由を尋ねられたときは、内心では「休学ってそんなに珍しい?」と疑問を抱きつつも、話せるチャンスを貰ったんだと思考転換していました。以前の私だったら考えられないことです。また、留学前には見向きもしなかった職種に興味が湧きました。次のステップに進むのが少し不安でもあり待ち遠しくもあります。

まとめ

今回は、Snoghoj Hojskoleでの春学期の生活+留学の総括のお話をさせて頂きました。私は、楽しいことも辛いことも全部含めて大学を休学して良かったと思っています。拙い記事ですが、どなたかのお役に立てたら嬉しいです:) 今まで読んで下さりありがとうございました!

☆過去記事はこちら
【休学×デンマーク留学】➀いきさつ編
【休学×デンマーク留学➁】渡航準備編
【休学×デンマーク留学➂】~フォルケ見聞録Part1~
【休学×デンマーク留学➃】~フォルケ見聞録Part2~

The following two tabs change content below.
Komachi995

Komachi995

私は大学4年次後期に半年間休学し、デンマークの教育機関、フォルケホイスコーレ2校に留学していました。Komachi995の詳細プロフィール

スポンサードリンク