休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
8歳の私の夢、「世界を変えたい」を実現するために。
このエントリーをはてなブックマークに追加

阿比留 望

青山学院大学 国際政治経済学部 国際コミュニケーション学科 (2009年入学、2014年卒業予定)

フットサルサークル女子代表

大学4年を休学して半年フィリピン、1カ月間東南アジアをバックパックで旅し、その後半年カナダに留学。

*こういう人間でした。

8歳の時、メキシコで社会格差を目の当たりにする。大きくなったら世界を変えたいと考える。
高校1年次、オーストラリア短期留学。ホームシックで泣く。
大学入学、いわゆる帰国子女とかがウジャウジャいる学科に入り、幼少時代エジプトとかケニア帰りとか皆の生い立ちが謎すぎて焦る。
大学1年次、1人でインド・ネパールに渡航し、ボランティア活動。インドに恋をする。
大学2年次、1人でベトナム。詐欺にあい、新聞に載る。しばらく人間不信に陥る。
そして、大学4年を休学して半年フィリピン、1カ月間東南アジアをバックパックで旅し、その後半年カナダに留学。

*なんで留学したか。

・英語をペラペラに喋って全世界に友達を作りたかった。
・長年の夢であった留学を諦めて社会に出る事で、人生への諦めグセをつけたくなかった。
国際協力の道に進みたかったので、そのために途上国での長期滞在経験と語学力が自分に必要だった。
まだまだ学生としてやっておきたいことが山程あるのにこのまま就活したら絶対後悔する自分が見えていた。
そこで1年を自分の学び、成長、そして世界を自分の目で見て感じて考えて、小さな自分の人生のマップ作りをするための耕作期間に使おうじゃないかと決めたのである。

*留学してやってみたこと。

【フィリピン】2012年2~7月
・スラムの子供達に向けて教育プロジェクトを立ち上げてみた
・語学学校
・インターンシップ(フェアトレードショップのマーケティング担当、ホテルのフロントスタッフ)
・NGO、ボランティア、ゴミ山めぐりなど
【東南アジアバックパック旅】2012年7月~8月
・タイ、ラオス、カンボジア横断
・将来的に起業するためのアイディア作り
・各国で活躍する社会企業家達を訪問
・タイ、ベトナム、フィリピン人の友人をめぐった
【カナダ】2012年8~12月
・ビジネス系語学学校
・インターンシップ(輸出食品会社のマーケティング担当)
・テレビ局でのボランティア
・パーティ

*こんな人におすすめです。

・海外インターンシップやってみたい
・途上国ボランティアに興味がある
・低コストで英語を喋れるようになりたい
・バックパックで一人旅してみたい
・就活か留学か迷ってる

休学を就活の理由に悩んでいる人達に言いたいことは、私にとって就活は人生において豆粒ほどの通過点であり、一年休んで海外に出るだけで人生において間違いなく10年に1度レベルの大大豊作の年になるだろうことです。

使い方次第で100年に一度になります。ものすごい破壊力です。

そんな私の310日間をのんびりつづっていきたいと思います:)

The following two tabs change content below.
阿比留 望

阿比留 望

アジアを1人で旅し、ベトナムで詐欺に遭い、新聞に載ってしまった女子大生。 青山学院大学を1年間休学してフィリピンのスラムで教育プロジェクト立ち上げてみたり、東南アジアバックパックで旅してみたり、カナダでインターンしたりしてました。 阿比留 望の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加