休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【不安200% /(^o^)\】それでも僕は『新卒で海外就職(セブ島)』します
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
記事をクリックしていただきありがとうございます。
海外就職の記事にたいして、一般的な読者が欲している情報を予測してみます。
・海外就職する方法が知りたい
・海外就職ってどんなメリットがあるの?
・そもそも、新卒で海外就職とかってアリなのかな…
 
はじめに謝っておきます。
今回の記事では、うえにあげたニーズには答えられません。
 

新卒のぼくが海外就職を決意した『根底にある考え』を書いていきます。

※ニーズに答える記事はのちのち書いていきますー。
※更新情報(2016年1月)
新卒での海外就職情報の記事を書きました。
新卒でフィリピンに海外就職した僕が考える『メリットとデメリット』とは
 

■ ■ ■ ブログ開始 ■ ■ ■

 
フィリピン留学からの帰国後に1つだけ強く思っていることがありました。
日本人はもっと海外に出るべき。てか全員出ろ出たほうがいいよ。
 
ぼくは海外に行くことで、おおきく考え方が変わりました。
よくある表現をつかうと『視野が広がった』『価値観がかわった』あたりです。
 
『どうしたら日本人全員を海外に出せるだろう…』
※日本を捨てろという意味ではないです。
 
ずっと考えていました。
・外国人と会う機会があればいいのかと思い、国際交流パーティ開いたりしました。
・フィリピン留学をひろめる活動をしてみました。
休活BLOGをはじめたときにも、根底にこのような思いがありました。
 
悩みに悩んだ結果、やっと解決策がみつかりました!
 

解決策:『新卒で海外就職(セブ島)』をすること。

job1
 
ここまで読んで「こいつ意味不明」って感じで離脱しないようにお願いします!
しっかり理由がありますので、もう少々お付き合いください。
 

まず、ぼくが日本社会に感じている問題点からお話します。

日本の問題点:『暗い、疲れてる、なんかドンヨリしている、(花粉症つらい)』
ちょっと難しい言葉をつかうと『閉塞感』です。
朝の時間帯の電車とかとくにつらいです。
「オモテナシの日本はどこいった?」って感じです。

もちろん考え方は人それぞれ違うので、全員に同意を求めている訳ではありません。
ただ、ぼくの主観として感じた日本の問題点は『閉塞感』があてはります。
『閉塞感のあるニホン』では自殺者が多いです。

job2

 

ほんと意味がわからないです。

日本人に生まれた瞬間、完全に勝ち組です。
ぼくがこういった考え方ができるのは、海外にいったおかげです。
とくに途上国などにいくと『日本のすばらしさ』を身にしみて感じます。
日本のすばらしさの例をあげるとキリがないですが、
・給料が高い
・清潔
・食事がうまい
・なんでもそろっている…etc

海外にでることで、じぶんの悩みのちっぽけさを感じたりもします。
例えば、、、
・レジ待ちでのイライラ
・電車が3分遅延
・寝起きで目が腫れている…などなど。
 

ここまでで日本の問題点とその解決策の話がおわり

話をすこしもどします。
日本の問題点は『閉塞感』です。
閉塞感のあるニホンでは『自殺者が多い』です。
でも、ちょっと外にでてみれば『日本のすばらしさ』を簡単に実感できます。

めっちゃシンプルです。
ただ、外にでてみればいいだけ。

job3
 

外にでる目的はなんでもいいです。

留学、旅行、ワーホリ、、などなど。
Googleマップで旅するツールとか出てきてるけど、これじゃダメです。
外に出て、五感ですべてを感じてください笑。
 

どうやったら日本人は外にでるか?

job5

日本人がもっと海外にでてみれば、確実にニホンはよくなります。
でも、ぼくができることは限られてきます。
 

ニホンをよくするために、ぼくができること。

・Webサイト開発
・Webマーケティング
・情報発信
 
現状、できるできることはこれくらいです。
かつ、ぼくのスキルなんてたががしれています。

1人でやってたら、人生をかけても時間が足りないです。
でも、ニホンの問題点はなるはやで解決したいです。
どうすべきか…。

そして、、、思いつきました。
現状、ぼくが考える最適解です。
 

ニホンをよくするために、ぼくができることの最適解。

job4
・Webサイト開発⇒スキルアップする
・Webマーケティング⇒スキルアップする
・情報発信⇒説得力を高める

スキルアップは地道に勉強をするだけなので、ここでは深くは書きません。

重要なのは『情報発信における説得力を高めること』です。
次にあげる2人を比べてみてください。
 

▶︎ A君 (六本木在住)
manabu
「セブ島はすばらしい!みんなセブ島いきな!」

 

▶︎ B君 (セブ島在住)
manabu
「セブ島はすばらしい!みんなセブ島きなよ!」

 

B君のほうが説得力ありますよね。
なので、ぼくは海外就職(セブ島)を決意しました。
これだけの理由です。

 

ドヤ顔で記事を書いていますが、新卒で海外就職(セブ島)するにあたっての内心は違います…。

job7

正直、海外就職はめっちゃ迷いました。

去年1年間はITスタートアップでインターンをしていました。
スキルアップを実感すると同時に、自分のスキルの低さを痛感していました。
 
『いったん日本の企業でスキルアップを目指すべきか…』と思ったりもしました。
 
24歳にして、人生の岐路にたっていました。
海外就職研究家のもりぞおさんの記事を読んだりもしました。

でも、さいごに決断するのは自分です。
・日本人をもっと海外にだすためには、海外就職(セブ島)は最適。
・30歳までは転びまくってもなんとかなる。
・日本で3年間働くべきって考え方がよくわからない
・いったん自分の力試しをしてみたい。

こういった理由から決断しました。
内心は不安だらけですが、日本人を海外に出すというライフワークのために頑張ります。
 

さいごに…

job8

休活BLOGのライターでも何人かが記事にしていましたが、
『やりたいことを周りに宣言する』ことはとても重要だと思っています。

ぼくも半年前に『海外就職がしたい!!』という記事を書いていました。

記事を書いたあとは、ちょくちょく友達に『海外いくの?』みたく聞かれます。
これがプレッシャーとなって、実現に一歩近づくと思います。
 
てわけで、さいごに宣言をしておきます。

セブ島から日本を良くしていきます。
とくにぼくはITと情報発信が好きなので、オンラインからいろいろ仕掛けていきます。
IT × 情報発信 × オフライン あたりを考えています。

メディアをとおして、若い世代が世界へ踏み出すために必要な情報を発信し『海外に出て当り前』という日本を創ります。
 

とはいえ、、、
セブ島で寂しがっているので、こっちくる人はSNSから連絡くださいー…( ◜◡‾)
Facebook:Manabu Bannai
Twitter:@manabubannai

The following two tabs change content below.

坂内 学

休活BLOG(@kyukatsu)創設。 ITとセブ島とお酒を愛してます。新卒で海外就職して11ヶ月後に退職。今は日本いたり海外いたりでゆるくフリーランスをしています。お仕事はWebマーケティングとプログラミングが専門領域です。詳細はブログにて。
このエントリーをはてなブックマークに追加