【女性向け】フィジー留学に必要な持ち物4選

こんにちは〜!
いわいざこ、4回目の投稿です。

今回は、前回の「【フィジー留学】【費用】:渡航前から渡航後まで、全部でいくらかかった??」に続きまして、フィジー留学の持ち物についての記事です!

海外に行くとき、持ち物って結構悩みますよね。
荷物の量に制限があるし、向こうで買えるものは持っていきたくない。
だけど、日本で買っていかずに後悔しても遅いし、なるべく万全に準備したい。
この記事は、「これは是非日本から持っていってほしい!」と心から願う物4つ紹介します。

フィジー留学の持ち物【女性編】

フィジー留学をはじめ海外留学の持ち物って男女で結構違いがありますよね??
男性にとっては無駄に思える物が、女性にとっては必要不可欠だったり。
また、女性はどうしても男性より持っていく物が多くなりますよね。
だから、取捨選択がとても大切なんです。そして、重要な物を「捨」としないためには情報が必要だと思い女性向けにしました。

男性も女性も関係なく必要になる物については、とっても参考になるサイトが沢山あるので「フィジー 持ち物」で是非検索してみてください!
たとえば⇒【フィジー留学持ち物チェックリスト】準備が必要なもの・いらないもの、FIJIAN WALKER

では、さっそく紹介に移ります!

日本から持っていくべきフィジー留学の持ち物4選

フィジー留学の持ち物を選ぶにあたり、私と同じように2~3カ月のフィジー留学経験がある女性2人にも意見を聞いて参考にしました。
その点は、ご安心を。(?)

フィジー留学の持ち物①サプリメント


これは、かなり盲点です!持ってきてた人はほとんどいなかったです。
しかし、フィジーの食事を考えるとマストだな~と帰ってきてから思いました。
ホームステイする方は特に持っていった方がいいです!

現地の食事は、日本のようにご飯と味噌汁とおかずといったバランスの取れた食事ではありません
フィジー系の家は芋やパンなど炭水化物が食事のメインです。8割炭水化物なんじゃないかってくらいです。つまり、野菜は少ないです。(野菜自体は沢山売ってるんですが…)
インド系の家なら、お察しの通り毎食カレーです。
多少カレーの具が変わるにしても、やはりカレーだけだと栄養偏ります…

せっかくの滞在を肌荒れや体調不良でブルーに過ごさない為にも是非持って行ってください!

フィジー留学の持ち物②普段のヘアケアグッズ


フィジーは紫外線がとても強く、日本にいる時より髪が痛みます
その環境で普段より手を抜くとダメージ倍増です。

私の場合、「髪なんてそれなりでいいや〜」と考えていたのでシャンプーからヘアオイルまで現地調達しました。
ですが、髪質に全く合わずキシキシ&ボワボワになりました。
フルセットで持っていくのは大変なので、せめて流さないトリートメントやヘアオイル等お風呂上りのケアグッズはフィジー留学の持ち物に欠かせません。

フィジー留学の持ち物③日焼け止め


日焼け止めは、フィジーについて紹介しているサイトの多くで、現地調達できるから持っていかなくても大丈夫!と書いてあります。

確かに売ってないことはないですが、種類は限られています。特別安いこともないです。
これは、現地の人は日焼け止めを塗る習慣がないのが要因かと思います。
とあるフィジー人は、私が日焼け止めを塗っている横で「俺たちは肌が強いから必要ない!」と自慢げに言ってました。
日焼け止めはそんな荷物にならないですし、日本で自分の肌に合う物を買っていく方がいいと思います。

フィジー留学の持ち物④水着


これも、フィジーで買えます。
が、安さと可愛いさと種類の豊富さは日本が圧勝だと思います。
「あ、可愛いのあった!」と思っても海外ブランドでそれなりの値段します。

現地調達派だった私は水着も向こうで買いました。フィジー人に「水着買いたいんだけど」と言ったら小さな洋服屋に連れていかれ、4・5種類の中からまあいいんじゃない?くらいのモノを買いましたが、5000円しました。
「これだったら日本で気に入ったやつ買えば良かった!」と後悔しました…
フィジーで楽しい海の思い出をつくりたい方は、お気に入りの一着を日本で買っていくのがオススメです!

フィジー留学の持ち物【おまけ&まとめ】

いかがだったでしょうか?
サプリメント以外は案外当たり前に思えるかもしれませんが、現地にもあるならいっか~とフィジー留学の持ち物リストから抜いてしまうのは要注意です。
是非日本でばっちり揃えていってください!
そして、快適で楽しいFIJI LIFEを送ってください!

※ちなみに、意見を聞いた2人があげてくれた物は他にもありました。
これらも、スーツケースに余裕があれば入れていくのがおすすめです。
・生理用品(日本製の安心感といったら…!夜用だけでも持っていくといいかも。)
・日傘(差してる人はほぼいないですが、離島やビーチなど長時間外にいるときあると助かると思います。)
・塗り薬(日本より虫にさされます。痕が残ると悲しいので頼れる塗り薬があると安心です。)
・露出少なめドレス(日曜日に教会へ行くとき用です。ドレスの代わりに現地でスルを買うのもありですよ。)
・薄手のスボン(フィジー到着からすぐ使う用に1枚はあった方がいいかと思います。個人的にGパンは結構暑いのでおススメしません)

では、また次回の記事でお会いしましょう~

 

※フィジー留学の人気記事【フィジーの裏の顔】フィジー留学の費用・英語力・環境を全て暴露します

The following two tabs change content below.
祝迫智子

祝迫智子

大阪大学/人間科学部4年。休学中はフィジー留学3ヶ月とオーストラリア留学3ヶ月、国際協力NGOの国内事務所で半年間インターンを経験。現在は復学して卒論に励んでいます。19年春にベンチャーコンサル企業就職予定。 祝迫智子の詳細プロフィール