休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリピンで観光に行くと言ったら首都のマニラかセブ島というのが日本では多いですが、
僕が訪れたこの町は最高でした。

まず驚かされたのが、フィリピンとは思えない綺麗さです!!

dm2
フィリピンに行った事のある方はわかると思いますがジプニーと、
謎の焚き火〔僕が行っていた学校の近くだけでしょうか?〕のせいで
空気はあまりよくないし、道は基本汚いというのがあたりまえでしょう。

ただドゥマゲッティにはジプニーはめったになくて
交通量もセブやマニラの4分の1ほどだったと思います。

その代わりにジプニーよりクリーンだと思われるトライシクルで風を切って町を爆走できます!!
三人乗りかと思われるその荷台つきバイクのような乗り物ですが、

現地の人は7人でも余裕でした。
img530

バスのように乗りたいところから乗り、
降りたいところで硬貨をカンカンすると止まってくれます。
代金は気持ちです。

僕の場合、フェリー乗り場からホテルまでは15ペソ払いましたが、
ホテルからレストランまでは少しの距離だったので10ペソ払ったらOKでした。

また、スコールなのに頑張ってくれた運転手さんには20ペソ払ってあげました。
話をもどすと、このトライシクルと交通量のおかげもあってか空気がきれいなのだと思います。

そしてなにより町並みがすばらしかったです。
海岸沿いは欧米か!!と錯覚させるほどです。
やしの木が等間隔に並んだ海岸に、オレンジのやさしい街灯と
スペイン時代の名残を残すおしゃれなレストランやバー。
そして何よりやさしい波音ときれいな星空。陽気な笑い声とお口の恋人サンミゲル。
天国でした。

この島の特徴はまだあって、

欧米人の比率が他島に比べ高いことでしょう。

そのせいかは知りませんが、僕の行ったwhy notというクラブでは
バーとビリヤード場が併設されており、椅子とソファーが多いです。
僕はセブのクラブにはよく通いましたが、
設備のよさと内装はセブの1番人気クラブ、ジュリアナを超えていたと思います。
why notではドイツ人のおじちゃんにビールをおごってもらった思い出があります。
おじちゃんの英語がクラブミュージックのせいもあって超ききとりづらかったです。汗

良い点は他にも料理が美味しかった、ダイビングでも有名なので海が超きれいなどがあります。

そして悪いところは船です。
5時間片道で乗るのですが海のコンディションが悪いとめちゃめちゃ酔います。
改善策としては、ボホール島を経由して1泊はボホールに泊まるとかが良いと思います。

簡単でしたが以上ドマゲ体験記でした^^
みなさんも行ってみて下さいドゥマゲッティ!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加