休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
オーストラリア ワーホリ『語学学校』の選択
このエントリーをはてなブックマークに追加

最近よく「語学学校って行った方がいいんですか〜?」
とか
「おすすめの学校ってあります〜?」
とか聞かれるので、今回は語学学校のあれこれを書きたいと思います。

記事の流れ

1ワーホリでも語学学校は行くべき

2語学学校選びのポイント

ちなみに私オーストラリアにいる1年間で
最初3ヶ月 語学学校(ケアンズ)
そのあと3ヶ月 語学学校(ブリスベン)

と2つの学校で学んできました。
その2つの学校での経験を元に私なりの意見を書きたいと思います。


1,ワーホリでも語学学校は行くべき

まず「短期留学したことあるから語学学校なんて行かなくていい」
とか「英語は自信あるから仕事だけしに行く」
という方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、そんな人にあえてアドバイスするなら

「1週間でも1ヶ月でもいいから語学学校いけば?」
ということです。
理由をこれから説明したいと思います。
まず語学学校のメリットとして
英語が学べるのはもちろんですが、それ以外に
友達を作りやすいことだと思います。
逆に言うと

「学校行かないと友達作るの難しいよ」

てことです。
私の周りの学校に行っていた人、行かないで仕事だけしていた人を比べると
友達の人数はやはり大きく差があるような気がします!

例えば
 オーストラリアで元同僚のMくん
 お金がなく学校には行かず日本食レストランで働く

 オーストラリアで一緒に学校だったGちゃん
 学校で3ヶ月勉強のち地元のレストランで働く

Mくんの休日
仕事の同僚またはシェアハウスの同居人(日本人)とビーチに行ったり釣りに行ったり

Gちゃんの休日
学校の友達(多国籍)と一緒にBBQしたりパーティーしたり

1年後

Mくん
英語はあまり上達しなかった

Gちゃん
ネイティブと普通に会話できる。メキシコ人の彼氏とメキシコを旅行中

ほんとにこれは極端な例ですが、すべて事実です。

よって、もし「学校でなんか学ぶことはもうないよ〜」
という方も1週間でも1ヶ月でも行くのがいいのかな〜と思います!

まあ今回は語学学校に限定しましたが、TAFE(職業訓練専門学校)などもありますので
そちらでもいいと思います!


2,語学学校選びのポイント


次に「語学学校いくのは決まっているけど、どの学校にしたらいいかわかんない!」
という方。

まず選ぶポイント
①カリキュラム
②日本人比率
③学校の立地
このポイントで私が行っていた学校を比較してみます。

ケアンズ某学校(3ヶ月)
①文法,スピーキング,TOEICなど
②4割日本人、5割韓国人、1割ヨーロッパ、台湾、タイなど
③中心部からバスで30分くらい、海が近い

日本人、韓国人がほとんどで、寮だったので最初はまったく英語が話せなかったわたしにはレベル的にはちょうどよかったです。放課後は近くの海に行ったりしてました。

ブリスベン某学校(3ヶ月)
①様々なクラスから全て選択
②日本人1割、南米4割、その他アジア3割、ヨーロッパ2割
③都市の中心部

日本人含めアジアはそんなに多くはなく、コロンビアブラジルなどの南米人が多かったです。またクラスは全て選択で、TOEICとスピーキングを強化したかったので
それらのクラスを選択し、文法のクラスは一切ありませんでした。
その他にもバリスタ(コーヒーの作り方から接客まで)を学ぶ授業も受講していました。

語学学校と一言にいっても料金もカリキュラムも様々です。
自分に合った学校をしっかりと見極めることが大事ですねヽ(*´∀`)/

ちなみに午前中は授業、午後はサーフィンレッスンなどができる学校もあるそうなので、
興味ある人はぜひ!

The following two tabs change content below.
樋口 夕記

樋口 夕記

2012年2月24日(当時2年生)~2013年1月下旬まで中央大学商学部会計学科を休学し、ワーキングホリデーとしてオーストラリアで生活してました。 いかにふつーな人間だったとしても変われる(変える気さえあれば)という事、そして別にたいしたきっかけなんて必要ないという事を伝えていきたいです。 樋口 夕記の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加