休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
英語力が【劇的】に変わる、本気の留学をしよう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

この記事を読んで欲しい人

・文系なのに英語ができない

・就職活動で他に売りになる資格やスキルもない

この記事は、そんなノースキルな文系の方に読んでいただきたい。

僕の肌感ですが、休学中に海外で出会った学生はほぼ文系だったと思う。
事実この休活ブログのライターさんも9割が文系の方だ。

なぜ休学する人は文系が多いのか?

kuukou0I9A1168_TP_V

 

 

 

 

 

僕は、これには理由は2つあると考えている。
1つは、文系は大学で研究室に所属しないということ。理系の大学生は早ければ1年次から教授の研究室に所属し各々の研究に没頭していきます。慶應大学で理工学部生として大学院にまで通っている当ブログの川井さんによれば「休学なんて選択肢、思いつかないくらい忙しいし夢中になる必要がある」とのこと。なるほど…

さて、もう1つは休学する学生はなにかスキルを身に付けたいと強く思っているってこと。
就職活動が見えてきて、面接で誇れる自分のオリジナルな経験がなくて焦りこれからの人生を見つめ直すために休学する、というのは休活プレーヤーのあるあるコースです。(僕がそうでした)

まあ事実、今の「英語もできないノースキルの文系」が就活において成功するのは結構厳しい。
でも逆に、履歴書にかける「何か」がスキルと自信を持ってポジティブに就活に望める。それだけは間違いない。

じゃあ具体的になにをすればいいの?

これはめちゃくちゃシンプルに、
海外インターンをして英語を使って働く経験を積むこと
これが一番手取り早く、確実にスキルを身に付けることができる。

そしてこの「英語スキル」と「海外インターン」を両立させてくれる会社が東京・新宿にオフィスを構える
サウスピーク。近年、人気急上昇中のフィリピン留学大手校のうちの1角であり、実績と信頼のある留学会社だ。
フィリピンにある68校もの語学学校を訪問した留学エージェントの中谷よしふみさんの著書、英語は「フィリピン」で学べ!の中で「本気向けの生徒にお勧めのTOP3校」として紹介されている。

サウスピークでは前述のノースキル文系に向けて、就活に向けて「自信」と裏打ちされた「英語・ビジネススキル」を身に付けるための留学プランを取り扱っている。

このサウスピーク、なんと無料で毎週説明会をおこなってくれている。(東京では毎週、大阪では毎月。詳しくはこちら)
資料請求や見積も無料なので、ぜひアクセスしてみて欲しい。
その際は「休活ブログをみた」とご一報いただけると現状説明がスムーズになるのでオススメしたい。
実際のこのプログラムを利用した方々の成功談があるのでこれもシェアしておきたい。

【大学生必見】休学中にノースキル文系から見事に脱却した3人にインタビューしてきました!

DSC06147-768x512 2

【休学+留学+海外インターン】ノースキル文系プラン募集開始!TOEIC800点+インターン経験で就職活動を成功させるためのフィリピン留学(2017年後期、2018年前期)

12359323_1674100906163459_163850287_o-1 2

最後に

毎年学生から当ブログに多くの就活に関する相談をいただくけれど、一貫して思うのは「就活は早くから準備をできる人が勝つ仕組みになっている」ということ。
スキルとマインドセットをしっかり習得して就活に臨むことは、本当に大切。
面接の時点で自信を持っていれば、その実力以上に面接官に「こいつは何事にも準備できる人間だ」とインプレッションを与えることができる。そのために今から実践的な力をぜひ付けておこう。

少しでも興味を持ったら、ぜひサウスピークにアクセスをしてみて欲しい。
もちろん、気になることがあれば自分宛に連絡をくれてもOKです!
ではでは。

休活ブログ代表・統括 上野翔平

    このエントリーをはてなブックマークに追加