休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【頭に残る、使える英語勉強法】
このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんこんにちは。
初めての方は、初めまして。

前回は、自分が経験した、フィリピン・セブ島での新聞社のインターンシップについて
少し書いてみました。
その際の、履歴書と添え状もアタッチしてみたので、見てもらえると嬉しいです

さっ、今回は、僕がいろいろと試行錯誤した、留学中の英語の勉強方法について、です。

みなさん、それぞれ独自の勉強法をお持ちだと思いますが、
1つの参考になれば幸いです。

============================================

僕の勉強法は、やや原始的。
でも、いろいろ試した中でも、非常に効果的だと思うものを紹介したいと思います。

留学中の一つのメリットは、言うまでもなく、英語を話す環境が整っていること

挨拶も買い物も友達同士のチャットも英語を使うことができる。

この環境を活かすほかないでしょう。

 
 
 

〜文法編〜

話す⇨間違える⇨直す⇨話す

これが基本です。

フィリピン留学で、半年間は、
1日マンツーマン授業(100分)×2コマとグループ授業(100分 3〜4人)の授業を受けていました。

僕の行っていた英語学校は、4週間で担当の先生が変わっていくシステムでしたので、
毎回先生が変わるたびに、最初の授業で、
「教科書の文法の勉強はしなくていいから、もし会話の中で文法を間違って使っていたら、してきして」
と言って会話ベースの授業をお願いしていました。

文法は全く得意ではないのですが、
フィリピンまできて、せっかく話せる状況下にいるのに、
日本でもできるようなことをやりたくないという考えでした。

最初は当然文法ボロボロ。。
頭の中で、一度文を作ってから、
『発言する⇨間違える⇨直される⇨また同じとこ間違える⇨直される』 の繰り返し。

フィリピン人教師のいいところは、
それでも丁寧に細かいところまで教えてくれる優しい先生がいることです。(全員ではないですが…)

ポイントは、
①間違えたところをメモっておくこと。
②ザッと復習し、次の日の授業の時に必ず2、3回、
その間違ってしまった表現を正しく会話の中に放り込むこと。

これでもう忘れない。

 
 
 

〜「言いたいことが言えないもどかしさ克服編」〜

留学中に必ずと言っていいほどやってくる、
「これ言いたいけど、どうやって言っていいかわからない」って時。

ポイントは、
「言えない=表現できないもどかしさ」を感じたまさにその時に、
日本語でもいいから書いて覚えておく。

これ地味ですが、非常にいいです。

そして、後からすこし時間をかけて考えて文を作ってみる。
そして、
先生に使ってみる。
通じれば、通じた喜びで、
きっとどんど楽しくなってきます。

ダメなら先生や友達に助言を求めましょう。
もっとより良い表現のヒントを与えてくれるはずです。

 

受験勉強のように覚えた文法や表現は、頭にも短期間しか残らない。

本当に使える英語を留学で習得したいなら、

ゆっくり丁寧に頭の中の引き出しにしまって行く方が、

あとから取り出しやすく、長く定着していきます。

参考までに・・・
留学前のTOEICのスコアは、恥ずかしながら、300点かろうじて超えた、
悲惨な状態だったのですが、帰国して2ヶ月半経ってからう受けたテストで、
810点を取ることが出来ました。

本当に、本当に、全くTOEIC対策の勉強はしていないのですが、
帰国後、2ヶ月半経って、フィリピン留学の余力のみで受けたのです。
ただただ、ビックリ。

そのとき感じました。本当に使える英語を定着することが出来たのだと。
 

 
 

短期留学には関係ない話?

 
 

 

いえいえ、そんなことはありません!
覚えていく表現の数は少なくなりますが、
短期でこそ、限られた時間内で効果を最大限に
あげるために有効な方法と言えるでしょう。

頭では理解しているけど、実際にはアウトプットしようと思ったら、できない。
これは、ホンモノの使える知識ではないと思います。

だからこそ、ベースを『話す』(アウトプット)に置いたわけです。
知っている範囲でどんどん話してみて、どんどん間違えましょう。
そして、現状を理解しましょう。

「恥ずかしさ」や「面白さ」や「悔しさ」などの感情が伴ったときに、
ズドーンと脳にしみ込みます。

皆さんの経験上でも、インパクトのある感情が伴った時の思い出を
鮮明に覚えている時のように。

もし、英語学習で伸び悩んでいる方、本当に使える英語を身につけたいと思う方がいたら、
試す価値があると思います。

The following two tabs change content below.
吉村 大樹

吉村 大樹

福岡生まれ、福岡育ち。 西南学院大学3年生終了後、1年休学して、フィリピンへ留学+現地新聞社でのインターン。 この1年間でいろんな方たちと出会い、成長してきました。 吉村 大樹の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加