休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
休学してフィリピン英語留学が社会人になってどう活きる?
このエントリーをはてなブックマークに追加

私事ですが,
今年4月から社会人生活をスタートしました。
ただいま、3ヶ月間の絶賛OJT中です。

休学してフィリピン留学が今どのように活きてるのか
4月からの2ヶ月間で感じたことを軽くぼやいていきます。

日々の業務の中で...
〜フィリピン現地新聞社でのインターンの経験〜

私が就職した先は、大阪の某貿易商社ですが、
海外顧客とのやり取りの基本はやはりEMAILですね。

ビジネスライクの表現方法はさておき、
メールで相手に真意を伝えるのって、なかなか難しいですよね。
直接会うよりも、やはりセンシティブです。

フィリピンの現地新聞社でインターンを通して、
この単語はこういうニュアンスだとか、
こういう表現をすると真意が伝わらない、
分かりやすい、分かりにくいとか、

多少なりとも、意識してたので、
相手に送るメール内容を考える時に大きな助けになってますし、
飲み込むスピードは早いのかなと感じます。

もちろん100%では無いんですけどね。

現地を深く知りたいと始めたインターンでしたが、
いろんなとこで活きてくるもんですね。

社内の人間関係や雰囲気で...
〜現地で出会った同世代の仲間達〜

4月にスタートしたばかりで、
毎日、変化を敏感に感じます。
ここ変やな、とか
ここもっと改善したら仕事もしやすくなるのに、とか。

でも、もしこの会社で10年20年と働いていくとしたらと考えると、
その感覚も普通なら薄れてしまって、
違和感も普通になってしまう。

私の場合は、フィリピンで北は北海道から、南は沖縄まで、
いろんな方と出会えたことで、
語弊があるかもしれませんが、
イイ意味で、自分の会社に対してのみ100%の力を注ぐことは、
ありません。

意識は社内だけでなく、社外にも向けることで、
自分を律してます
(自分でモチベーションを維持するのが下手なんですw)

これらはごく一部ですが、
これから少しずつ、こういった発見が出てくるんではないかな、
と思ってます。
今の時点でも、ハッキリと言えるのが
「あのとき休学を決断して、よかったな」
ということです。

The following two tabs change content below.
吉村 大樹

吉村 大樹

福岡生まれ、福岡育ち。 西南学院大学3年生終了後、1年休学して、フィリピンへ留学+現地新聞社でのインターン。 この1年間でいろんな方たちと出会い、成長してきました。 吉村 大樹の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加