休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
休活BLOGとは
このエントリーをはてなブックマークに追加

休活BLOGとは?

休活BLOGとは、休学経験者を集めた「共同ブログ団体」です。

win-logo

『休活』とは休学活動の略であり、休学を経験したライターが、何故休学を考え、決意し、行動したのか、それにより、どの様な変化が起こったのかをブログ形式で発信しております。現在約30大学、40名のライターが記事を書いております。

 

ミッション -休活BLOGの存在意義-

全国の学生さんに「休学」という新たな選択肢を認知させる

   - 1つのWebプラットフォームに「休学体験を交えた記事」を集約し掲載しているのが、我々休活BLOGです。まず、学生であれば誰しも「休学」という選択肢が取れることを認知していただきたいです。認知させることができれば、その後は「休学」を選択するか否かは学生さん次第です。

 

「休学」をフラット化させる

   - 休学は大きく分けて2種類の形があると仮定します。「ポジティブな休学」と「ネガティブな休学」です。
近年では、以前と比較し多少休学を選択する学生がみられる傾向にありますが、主にその傾向は「ポジティブな休学」を示しております。「ポジティブな休学」とは、”留学するための休学”や“インターンシップに参加するための休学”。すなわち、意欲のある学生が選択する「休学」です。
一方、「ネガティブな休学」も存在することも事実です。“金銭的に厳しく選択せざるを得えない休学”や”体調が優れず選択せざるを得ない休学”です。
これら2種類の「休学」を一方の印象に偏らないようなコンテンツ掲載を行い、「休学」をフラット化させることが我々休活BLOGの存在意義です。

 

バリュー -休活BLOGが守っていきたい価値観-

ユーザー目線を忘れない

   - 我々休活BLOGは、ユーザーさん有りきのブログ団体です。我々の経験や意見を正当化し、一方的に押し付けることはいたしません。各ライターは自分のコンテンツに必ず「共感してもらいたい人」を明確にし、定めた「共感してもらいたい人」に可能な限り理解していただけるような内容並びに記事構成を心掛けます。

経験を素直に伝える

   - 我々休活BLOGのライターは、ユーザーに自らの経験や考えを提供する、すなわち「伝える」ことに意義を感じております。各ライターが休学をし、経験し感じたことを自らの言葉で発信することこそが、私たちの役割です。その役割を全うする為には、決して自らの経験や考えを偽らず堂々と発信することです。よってコンテンツ掲載においては、“素直”な内容記載をお約束いたします。

自己成長に繋げる

   - 我々休活BLOGライターは、コンテンツ制作において「自己成長」を視野に入れ取り組んでおります。正直、自らの経験や意見をユーザーに分かり易く「伝える」ことは決して容易ではありません。この難題にライターは真摯に向き合いコンテンツ制作に励んでおります。これより休活BLOGライターは、伝えること並びに自己の成長をモチベーションとし、コンテンツ制作に愚直にあたっております。

 

休活BLOG開始の経緯

就活生自殺のニュース記事がきっかけでした。
以下の記事をご覧ください。
「昨年、大学生らの自殺 初の1000人突破 就職失敗で」

記事を見た時に何かしたいと思い、ライターの坂内が個人的にブログを書いてみることにしました。
150人が『就活失敗したから、死ぬわ』と言うニホン
 

結果:なにも起こらない

あたりまえですよね。
訪問者数も50人くらいでした。
 

人を集めれば、何か影響を与えることができるかも?

Twitterで呟いてみました。
以下、Togetterからの抜粋をご覧ください。

Screen Shot 2013-05-03 at 21.11.15
 

以上が、プロジェクト始まりの経緯です。
Togetterの続きが気になる方はこちらからどうぞ。

 

活動メンバー募集

私たちの考えに共感して頂けた方は、一緒に休活BLOGを作り上げていきませんか?
ブロガーとして参加して頂ける方は新規ライター募集ページをぜひご覧ください。また、現在は運営メンバーも募集中です。詳細はメールにて紹介します。
 

    このエントリーをはてなブックマークに追加