休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【カナダ・ワーホリ】知りたくない?ワーホリの費用?
このエントリーをはてなブックマークに追加

◆前回の記事はこちら◆
【カナダ・ワーホリ】英語学習以外のもうひとつの魅力『オーロラ鑑賞』を紹介します
 

カナダでの生活をリアルタイムで更新しようと考えていたのですが何かと忙しく、カナダに来てから早くも4か月半が過ぎてしまいました。
 

今回はワーキングホリデーに必要なお金について自分の経験をまとめてみたいと思います。大学を「休学」してワーホリを考えている人にとっての問題はやっぱりお金の問題が大きいですよね。バイトして貯金するにも限界があるし、親に頼むのも抵抗がある方も多いと思います。
 

「じゃあ一体いくらワーホリに必要なのか?」
 
気になりますよね!

私が買ったワーホリの本やワーホリ斡旋している会社など、自分が留学前に得た情報では大体80120万円が必要とのこと。大学に通いながらこの額を貯めるのはかなり大変だと思います。
 

ちなみに私は休学2年目で昨年、半年間Fiji留学ののちに半年間キャベツ畑で毎朝3時からキャベツを収穫したり、収容人数3000人近くの巨大ホテルのフロントで英語を使いながら住み込みでバイトしたり等で80万円強貯金しました。今考えてもこれが可能だったのは半年間の休学が残っていて住み込みで生活費がほとんどかからない、娯楽の少ない田舎だったため支出が最低限で済んだということが大きいです。

話が少しそれましたが、それではいくら必要なのか。

個人的には最低限20万円くらいで何とかなると思います。
 

【私の場合】
・片道航空券が $700
・1か月の家賃 $350~$450(+デポジット半月分)
・最初の月の食費 $200
・携帯電話 $100~$150
・雑費 $100
 

最初の必要最低限かかるお金はこんな感じでしょうか。僕は携行品保険を13か月つけたので日本円で10万円くらいしましたが、これはあくまで中南米をバックパッカーで周るのに備えてつけたので、カナダだけなら僕は加入する必要はないと思います。比較的カナダ(特に自分が住んでいるVictoria)は治安がいいので。健康保険も特に加入していません。というのも最初の3か月間はクレジットカードの無料のものがあり、その後も大学生だと大学生協に加入していれば海外留学中も保障されるとのこと。(と、うちの大学の生協のおばちゃんは自信なさげに言っていました。要確認です!)自分自身これだけだと少し不安になったりもするので中南米に行く前にもう少し保険に加入する予定ですが、幸運なことにここまで特に民間の保険なしで困ってはいません。とは言っても何かあっては困るので必要最低限は何らかの保険には加入しておくべきでしょう。
 

3月支出 $1,100 / 収入:0
4月支出 $700 / 収入:$993
5月支出 $920 / 収入:$1,620
6月支出 $700 / 収入:$1,530
 

これが私の4か月分の収支です。正直自分の場合はかなり節約しています。食費などは毎月100ドル前後ですし、なかなかここまで支出を減らすのはなかなか簡単ではないと思いますが、見てもらえばわかるように、仕事を見つけて、生活が落ち着けば赤字にはまずないでしょう。
※支出には小旅行の費用は含まれていません。自分の場合は極力支出を減らして旅をするスタイルなので。実際にはWhitehorse7泊8日、Seattle3泊4日、Whistler2泊3日、Portland4泊5日、Alaska6泊7日などで結構お金は使っています。ただそれでも4月以降は毎月余裕をもって黒字生活ですので多少遊んでも何とかなります。
 

杉浦さん①
 

つまりいくら必要なのかという質問に対する個人的な回答。
留学後に仕事を見つけ、収入を得るまで耐えられるだけの金額、少し余裕をもって15万円20万円あれば何とかなります!!それにプラスで片道航空券ですね!個人的にお金がないなら最初から往復で買う必要ないですし、そのほうが後々自由でいいですよ!!笑
 

留学を考えているけど、お金の面で悩んでいる方、少し頑張って航空券VISAの取得費用プラス15万円~20万円用意できれば、留学はできます。本当に留学がしたいなら留学後生活が落ち着くまでのたった1か月~2か月くらい乗り切れると思うし、海外でもやっていける自信つきますよ!むしろそれでやっていけないようならもう諦めて帰国したとしても、やらないよりかはずっといい経験になると思います。
 

まあでも「なんとでもなるからやってみなよ」というのが本音です。
海外生活、楽しいですよ!!
 

杉浦さん②
 

さて、今回はワーホリに必要な資金について、簡単にまとめてみました。もちろんワーホリの申請費など準備に何かとお金はかかりますがあまり考えすぎないことも時には大切なのかなと思います。いよいよ夏になりこれから留学を考えている方も多いと思いますが、迷っている方に少しでも役立てばうれしいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。質問などあれば聞いていただけたらと思います。時差もあり返信が遅れることも多々ありますがきっと返します。
 

◆前回の記事はこちら◆
【カナダ・ワーホリ】英語学習以外のもうひとつの魅力『オーロラ鑑賞』を紹介します
 

The following two tabs change content below.
杉浦 悠斗

杉浦 悠斗

愛知県出身、山梨県立大学3年の杉浦 悠斗です。休学中の活動内容は フィジー留学(2013.2~8)、カナダワーホリ(2014.2~)、アメリカ大陸バックパッカーです。 これから休学を考えている人やフィジー、カナダに行くことを考えている人、中南米を中心としたアメリカ大陸に興味がある人への有意義な情報を休活Blogの記事にまとめていこうと思います。 杉浦 悠斗の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加