休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
ホリエモン「新卒採用なんかぶっこわせ」〜就活にリクナビは必要なのか?〜
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカ大使館とクーリエジャポンの共催で「働くこととは何か?」という問いに新たな答えを求めて、議論がされたようです。
詳細:「新卒採用なんかぶっこわせ」 堀江貴文さんたちの考える”21世紀の働き方”とは
 

なかでもホリエモンの以下の発言が注目を浴びています。

「俺は、新卒採用なんかさっさとぶっこわしたいんですよ。あれ、本当何なんですか?みんな新卒で就職しないとドロップアウトしちゃうって思ってる訳ですよ。でも本当は人生にレールなんかないんですよ、あるって思ってるのがおかしいんですよ。みんなが向こうの方向に向かってるからあっちがレールなのかなって思って、ただそれに付き従って歩いてるだけじゃないですか」

『新卒採用をぶっこわしたい』という発言に対して疑問を感じました。
ホリエモンは『新卒採用が原因で、ドロップアウトが起きている』と言っています。しかし、そもそもの問題点が違うのではないでしょうか。さっそく意見を書きたいのですが、「おまえはどんな立場から意見を言うんだよ」と言われそうなので、まずはじめに『ぼくはどういった就活をしてきたか』をまとめます。

      ・10月から就活を開始。ITを中心に就活する。
      ・最終的に志望企業は2つに絞れ、1社内定、1社お祈り。
      ・内定後は興味のあったスタートアップ企業の社長にTwitterでアプローチ。そして事業へ参画し、現在もインターン中。ありがたいことに一緒に続けないかとお声をいただいています。
      ・海外就職も視野に入れていたため、友人の紹介からフィリピンにある現地企業にも就活をして、内定をいただけました。

『ようするに、一般的な新卒採用』と『一般的ではない新卒採用』を経験しました。
上記を経験したうえでホリエモンの意見である『新卒採用をぶっこわしたい』に対する考えを書いていきます。
 

問題点ってほんとうに新卒採用にあるの?

syukatsu

ここに疑問を感じます。問題点は『新卒採用』ではなく『学生の思考停止』にあるのではないでしょうか。よく、「日本の新卒採用採用はおかしい」という学生がいますが、おかしいと思うなら従わなければいいじゃんと思います。現状すでにそういった問題解決につながるツールは数多くあります。具体例をちょっとあげると、Wantedly逆求人など。使い方によってはTwitter、Facebookも十分活用できるかと思います。そういったツールを知らなかったor気付かなかったという人も、調べていないという面で思考停止にあたると思います。
 

内定を量産する友人たちをみて思うこと。

small__4907642470

『内定を量産する=企業が欲している学生』に共通していることがあります。それは、一般的な就活方法に対して疑問を感じたあとに、その方法を放棄している点です。いわゆる一般的な就活では『リクナビに登録して、合同説明会に参加して、エントリーをして、ESを書いて、Webテストを受けて、面接を受ける』などのフローです。それに対して、内定を量産する学生は『気になる企業をぐぐって、気に入った場合は公式サイトから直接エントリー』するだけ。ここでは、一般的なフローでの就活を否定している訳ではありません。重要なことは『一般的な就活方法に対して疑問を感じた』かどうかにあると思います。
 

「え?リクナビ登録ってデフォルトだっけ?」

『一般的な就活方法に対して疑問を感じたかどうか』に関して深堀りをしていきます。
以下のような会話に聞き覚えはないでしょうか?
 

「12月になったしとりあえずリクナビ登録するか」
 

上記の会話をきくと「え?」と思います。いつから就活においてリクナビ登録がデフォルトになったのでしょうか(笑)べつにリクナビがなくても就活できるのに…と思います。また、大学のキャリアセンターで開かれる就活対策セミナーにもかなーり疑問を感じます。外部から人事の社員を招いてセミナーするならまだしも、キャリアセンター職員がセミナーをしています。「キャリアセンター職員って何年前に就活をしたのだろう…?」と思いませんか?ぼくの場合は『先輩に相談したほうが効率良い』と思ったのでセミナー参加はしませんでしたが、多くの学生がキャリアセンターによるセミナーに参加をしていました。なせだろう…。
 

新卒採用が壊れた先にある未来は?

road

話をもどします。ぼくの考えとしては『就活』における問題点は『学生の思考停止』にあると思います。では、もし仮に、ホリエモンの言う通り『新卒採用』を壊したらどうなるでしょうか?ぼくは『なにもかわらない』と思います。既存の新卒採用が壊れたとしても、またマジョリティ層が生まれて、世の中にレールのようなものができあがる。そこに乗ることができなければ『ドロップアウト\(^o^)/』の無限ループです。
 

無限ループから抜け出すには…

思考停止しないことです。思考停止しないために大切なことは『視野を広げること』だと思います。ただ、「視野を広げるってなに?」って感じですよね。もうちょい具体化すると『多様な人に会う機会を増やすこと』が重要だと思います。『海外にいって視野が広がった』みたいな話はよくありますが、本質は『多様な人に会う機会が生まれて、新しい価値観に気付けた』からだと思います。いろいろな人に会って、いろいろな人生観を聞くと、自然と自分の思考の中にそういった思考(選択肢)が芽生えるのではと思います。べつに海外に行かなくても全然もんだいなしです。
 

記事のまとめ( ◜◡‾)

新卒採用の本質的な問題は『学生の思考停止』にある。
上記を解決するには『多様な人に会う機会を増やすこと』が重要。

 

The following two tabs change content below.

坂内 学

休活BLOG(@kyukatsu)創設。 ITとセブ島とお酒を愛してます。新卒で海外就職して11ヶ月後に退職。今は日本いたり海外いたりでゆるくフリーランスをしています。お仕事はWebマーケティングとプログラミングが専門領域です。詳細はブログにて。
このエントリーをはてなブックマークに追加