休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学経験者がオススメする】学生のうちに読んでおきたい本24選
このエントリーをはてなブックマークに追加

休学してきた人たちが選んだ、「学生さんにぜひ読んでほしい!」おすすめ本をまとめました。モチベーションの向上にスキル習得、世界に飛び出したくなるような好奇心に駆られること間違いなし!「読書量と年収は比例する」と言いますね。休学を考えている学生もそうじゃない学生もおすすめしたい本ばかり揃っているので、ぜひ手にとってみてください。

1. 僕らの人生を変えた世界一周

世界一周を経験した人達による体験記。貧富の差や国際問題、宗教など様々な問題を感じられ、安全で平和な日本のありがたみを改めて実感できます。読んでいるだけなのにドキドキワクワクが止まらない!海外旅行に興味があるが、恐くて一歩踏み込めない学生におすすめ。読み終えたころには世界に飛び出したくなるでしょう。

2. WORLD JOURNEY~世界一周しちゃえば?~

世界一周した著者によりエッセイ本。こちらも海外旅行に興味がある学生さんにおすすめの一冊。世界各地の写真を見ながら文章を読んでいくので2時間もあれば読めます。世界一周経験者による「宿探し・お金・持ち物」などのアンケート結果も記載されているので、長期旅行を考えている学生は参考にしてください。

3. 7日間で人生を変える旅

「まずまずの人生をこのまま送るか?二度とない人生を求め続けるのか?」「大切なのは、自分のしたいことを、自分で知っていることだよ」
この言葉から始まる旅物語が詰まった本です。旅をしたいが一歩踏み出せない人のためのおすすめエッセイ本。さあ学生よ、旅へ出発しよう!

4. Adventure Life ~愛する人と、自由な人生を~

20歳で大学を中退しアメリカンバー4店舗と出版社を立ち上げ、26歳で結婚。その3日後に妻と二人で2年間の世界一周へ。そんな20代の10年間を送ってきた著者が綴った物語&言葉集が詰まった1冊です。就活を控える学生や、これからの人生に悩んでいる学生におすすめ!勇気を与えてくれる本です。世の中にはまだまだすごい人がたくさんいることを実感させられます。

5. 流学日記―20の国を流れたハタチの学生

著者が大学を1年間休学して世界20カ国を旅した本。発展途上国や子供の教育支援活動の現場を見て触れて考える。学生だからこそ悩む人生に正面から立ち向かった日記です。著者が綴った言葉に勇気をもらえると同時に、世界について改めて考えさせられるでしょう。休学希望の学生は特におすすめの本です。

6. LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】

「ミニマリスト・ノマドワーカー・旅人」。こちらのキーワードに興味がある学生は要チェックです。内容は著者である高城剛さんの持ち物を写真付きで紹介したもの。約5年の歳月をかけて自身の持ち物を99%減らし、ノマドワーカーとして必要なものだけを残す。ノマドワーカーになりたい学生、これから世界へ旅に出ようとしている学生におすすめの本です。

7. 世界よ踊れ歌って蹴って! 28ヶ国珍遊日記 南米・ジパング・北米篇

有名アーティスト「ナオト・インティライミ」が世界各地を歩いて音楽活動を行ってきた本。コロンビア、キューバ、ジャマイカ、日本、アメリカと周り、旅日記やコロンビアやアメリカでの音楽活動をメインに紹介しています。【世界と音楽】をつなぐポジティブな旅行記です。歌・音楽に興味がある学生におすすめ。

8. FAMILY GYPSY 家族で世界一周しながら綴った旅ノート

「Adventure Life ~愛する人と、自由な人生を~」の続編本。著者『高橋歩』が妻、6歳の息子、4歳の娘を連れ再び世界一周に出ます。旅・自由・家族を愛する人に贈る勇気をもらえる旅本。休学して世界一周したい学生におすすめ。

9. エグザイルス

著者・ロバート・ハリスが世界を放浪し、歩んできた軌跡を綴った自叙伝。社会の敷くレールの上を歩きたくない、自分の好きな事をしたい。そんな思いを心に秘め、訪れた国々で必ず夢を成し遂げる彼の行動力に尊敬されてしまいます。「自分って何だろう。。」と思った学生さんにおすすめの本

10. 君がオヤジになる前に

休学を経験した学生から大人気!人生が変わったという人続出です!オヤジ世代に突入する38歳のホリエモンが不安を抱える若者に向け、「思考停止」しない生き方を紹介した本です。経済の行先が見えない不安定な社会を生き抜くために必要なノウハウが身に付きます。とにかく学生にはおすすめしたい本です。

11. 日本がヤバイではなく、世界が面白いから僕らは動く

世界を舞台にしている方々の話が詰まった本。知らない世界へと飛び立つ楽しさを教えてくれます。今の仕事に満足していない、グローバルな世界に興味があるが一歩踏み出せない、英語の必要性は感じるが勉強に取り組めない。そんな学生にぜひ読んでほしいおすすめの一冊です。

12. 心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣

サッカー日本代表キャプテンとして最多の出場数を誇る長谷部選手。心技体で最も重要な「メンタル」にこだわる彼が、精神状態を最高のコンディションを保つための手法を教えてくれる。は留学先にこの本を持って行って、不安な心を救ってもらいました。これから留学を控えている学生さんにおすすめの本です。

13. 20代にしておきたい17のこと

20代のあなたに向ける17つのメッセージを贈った自己啓発本。学生時代から知っておきたい仕事・プライベート・恋愛、すべてにおいて背中を押してくれる言葉が詰まっています。休学を考えている学生におすすめの本。

14. 超訳ニーチェの言葉

トップアスリートも絶賛するほどのベストセラー啓発本。ドイツの哲学者ニーチェが残した心強い言葉の傑作集です。大きな目標を持っている人、休学するか迷っている学生の背中を押してくれるおすすめの一冊。

15. 夢をかなえるゾウ

「明日から頑張る!」ではなく、「明日から頑張るには今どうしたらいいのか」という仕組みの大切さを教えてくれる本です。ユーモアたっぷりの文章でとっても読みやすいので学生におすすめ!

16. ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

あのホリエモンが逮捕後に語る「はたらく」ことの意義と価値観を記した自伝本。あんなキャラクターはこうしてできあがったんだ、とか事業を開始したばかりのストーリーを堪能できます。起業や会社運営に興味がある学生におすすめ。

17. 齋藤孝 孤独のチカラ

休学というのは、ある種今までの人間関係や所属から一度離れて、孤独になること。本書は「もっと自分自身に向き合うような時間、もしくは自分の技量を深めて行く時間」=孤独と定義し、その孤独の技法について、著者の考えが綴られた一冊です。休学をする予定の学生におすすめの本です。

18. 採用基準

超一流企業「マッキンゼー」の採用活動を12年間勤めた著者が日本で求められる真の人材を紹介。現代社会におけるリーダーシップ教育の現状や課題が述べられてます。これから就職活動を控えている学生さんにおすすめですよ!

19. 未来化する社会 世界72億人のパラダイムシフトが始まった

ヒラリー・クリントンの元参謀として世界中のテクノロジーを見てきた筆者が、AIや暗号通貨を加味しこれからの経済を予測し書き記した本。学生の時に読んだ感想は、「しまった、就活前に読んでおくべきだった!」です。笑
僕らがどんな時代を生き、どう価値を発揮していくのか。この本を熟読すればそこらのサラリーマンより10倍前向きに仕事ができるようになると断言します!

20. 「言葉にできる」は武器になる

就活前の学生におすすめの本。面接対策に読んでおくべき一冊。相手にうまく伝えられない。。そんな時ありますよね?それは頭の中で伝えたいことを上手く整理できてないから。この本では、「どうやって整理するのか」が、とても分かりやすく載っています。

休活ブログ運営メンバーもオススメしてます
【就活生には絶対に読んでほしくない!】『言葉にできるは武器になる』の威力
21. やり抜く力 GRIT (グリット)

オリンピック選手やビジネスリーダーに共通する成功する秘訣「やり抜く力」を紹介する本。人生を成功に導いてくれるやり抜く力の身につけ方から伸ばす方法までを伝授します。これから成功したい学生だけに読んでもらいたいおすすめ本!

22. 自分の小さな「箱」から脱出する方法

人生が180度変わった人続出!周りの人間関係は全て自分が原因で引き起こされる。その元凶こそが自己正当化と呼ばれる「箱」なのだ。その小さな箱から脱出する方法を教えます。学生のうちに読んでおいて損はないおすすめの本です。

23. 嫌われる勇気

休学をしたい学生におすすめの本。心理学の三大巨頭と呼ばれるアドラー心理学を「青年と哲人の対話篇」という物語でまとめられた本。他人と違う道を選ぶこと、自分の人生にフォーカスすることの素晴らしさを教えてくれます。

24. 空は、今日も、青いか?

石田衣良氏のエッセイ集。切羽詰まった時に読むと心が落ち着くような優しい言葉が書いてあります。人生に行き詰ったら気分転換に読んでみることをおすすめします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加