休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【アメリカ留学】ホームステイに夢を抱いてはいけない?!
このエントリーをはてなブックマークに追加

前回の記事はコチラ!
『快適空間から1歩踏み出そう』

 
留学を検討されている方々にとって
現地での滞在方法は悩みの種だと思います。
 
私は留学中、ホームステイとシェアハウスを経験しました。

 
その中でも今回は、
私の『珍ホームステイ経験』をご紹介したいと思います。

 

ホームステイのイメージ

 
みなさんは『ホームステイ』と聞いて
どんなイメージを思い浮かべますか?!

 
大家族…
子どもがいる…
みんなでご飯…
休日は家族と一緒にお出掛け…
大きい犬がいる…

 
まぁこんな感じ…

※参考資料
ホームステイ

 
私も最初はこういったイメージを持っていました。
 
しかし、実際はこのイメージとかけ離れすぎたホームステイでした…。

 

私のホームステイ

 
私はアメリカのNYに留学をしていたのですが
 
最初の滞在方法の手段として

① ホームステイ
② 学生寮

の2種類がありました。

 
よくアメリカのドラマに出てくるシェアハウスに憧れていたので
本当は最初からシェアハウスをしたかったのですが
 
右も左も分からない最初の間はホームステイをしようと決めました。

 
留学先の学校が私のステイ先を決め
エージェントを通してホストファミリーの情報を渡されました。
 
大家族でー!
子どもがいてー!
犬がいてー!!
 
と、思い描いていた私。

 
渡された情報を見てみると
 

『27歳 一人暮らしの女性』

 
…若い…。
 
…まぁあれだな!仲良くなれば一緒に遊んでくれるかもしれないし!

 
しかし。
 
実際にNYに着き、ホームステイ先を訪れるとそこにいたのは…。

 

奇妙な同居生活

 

13時間のフライト、1時間弱の移動。
 
やっと着いたホームステイ先。

 
どんな人なんだろう…。
ここが自分の新しい家なのか…。
 
期待と不安が入り交じる中、部屋のインターホンを鳴らし、
ドアを開けてみると…。

 
 
 
「Hi.」

 
 
 
(…ボブ・サップ!!!!!!!!!!)

※参考資料
ボブサップ②

 
目の前にいたのは27歳の女性とはほど遠い
 
ボブ・サップのような男性でした。

 
そしてその男性の後ろから、小柄な女性が登場。
その人が私のホストマザーである女性でした。

 
(どうしてボブ・サップがいるんだ…)

 
不思議そうな顔をしている私に気付いたのか
彼女はこう説明してきました。

 
 

「あぁ彼は私のボーイフレンドよ☆」

 
(なるほど…今日は日曜だから遊びに来ているんだな…)
 
 
そう思っていたのですが
 
夜になってもボブ・サップさんは帰る様子なし。

 
 
私の嫌な予感は的中。

 
 
なんと彼らは

 
 

同棲していたのです。

 
27歳女性と23歳男性のカップル。
そして当時20歳のわたくし。

 
(ちょっと待て…私が想像していたホームステイとは違うぞ…)
 
初日の夜にベッドに入りながら、どうなることやら…と思っていました。

 
 
年頃のカップルの同棲ですよ!同棲!!!!
 
おいおい私ここにいていいのか?!!!!
って思うこともしばしば。

 
目の前でイチャイチャされるは、
リビング行ったらあまーい雰囲気になっているは…笑

 
 
その度に

 
 

「This is America…」

 

と自分に言い聞かせていました。

 

我慢する必要なはい。でも…

 
ステイ先に恵まれる人もいますが
もちろん相性が合わないこともあります。
 
私の周りでも合わずにステイ先を変えている子もいました。
 
我慢する必要はありません。
 
無理だと思ったら、エージェントや学校に相談して変えてもらいましょう。

 
ですが、
すぐに「合わない!」と決めつけるのもどうなのかな…
と思います。

 
 

まずは自分の要望や意志を積極的に伝えることが大切です

 
私はこの奇妙な生活の中で様々なことがありました。
 
(数々の事件はまた別の記事で紹介するとして…)
 
結局なんだかんだ面白くなってきて
シェアハウスが見つかるまで居座っていました。

 
日本人はどうしても遠慮して
自分の要望を伝えない傾向があるように思います。
 
ですが、一つ屋根の下で生活をするのですから
お互いが気持ちよく生活出来るためにも
積極的にコミュニケーションを試みた方が
ステイ先との関係を築いていけますよー!!!!

 
ではではこの辺で。

The following two tabs change content below.
稲井 あずさ

稲井 あずさ

立教大学を3年時に休学して、NYに語学留学&現地日系NPO法人でインターンを経験。 その後、人生初の一人旅&バックパッカーで世界一周してきました。 稲井 あずさの詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加