休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【休学×きっかけ】「交換留学」以外にも道があった‼「ワーホリ」との出会い
このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさん、こここんにちはーーー!!!

Buon Giorno!!(ボンジョールノ:イタリア語)

初回は私が今一番行きたい国、イタリアの言語でこんにちは!^^

首都大学東京3年の、下 彩芽(しも あやめ)といいます!16-12-31-23-17-43-937_deco

下っていう名字珍しいですよね!よく言われます!!

おかげですぐ名前を覚えてもらえるので、気に入ってます^^

友達は「げ」とか「ネタ子」とかいじってくるので嚙みついたろかと思いますけど。笑

今日から遠慮なく「しもも」ってかわいく呼んでください!笑笑

 

さて、今回初投稿ということで、

わたしが休学を考え始めたきっかけについてかる~くお話させていただきますね^^

 

私が休学した理由はただ一つ!

【英語が話せるようになりたかったから!!!】

ホントは学校の制度で交換留学しようと思ってたんです。

でも気づくのが遅すぎていつの間にか選考は終わってました…orz

「当時は」就活する気満々だったので(←意味深)

遅くとも3年時には留学したかったのですが、交換留学では間に合わない…

「私費留学…高っ!」

「国費…高っっっ!!!(レベルが)」

半ば自棄になってネットサーフィンしていると、ふと目についた見知らぬ単語。

 

「……ワーキングホリデー??」

 

ワーキングホリデーとは、現地で働いてお金を稼ぎながら

各地の文化に触れたり、語学学習したりできる海外滞在方法です。

就労できない観光ビザや

学校に通わなくてはいけない学生ビザに比べて、

かなり自由度が高いのが特徴!!

 

「めっちゃ楽しそう……!!」

 

「私の人生」「休学という選択肢」が加わった瞬間でした。

調べれば調べるほど魅力的なワーホリ。

放任家庭育ちの私は親に止められることもなく

この後休学への道を難なく進んでいきますが……

悲しいかな、世間知らずゆえのトラブルが待ち構えていました!!!

 

そのトラブルの内容については、また次の記事で。(ヒントは為替です…!)

次回は意外とよくある海外渡航の落とし穴について、実体験を交えてお話しします!!

意味深発言の真意もそちらでお話ししますので、

ぜひぜひ!楽しみにしててください♪

それでは!Ciao!!

The following two tabs change content below.
下彩芽

下彩芽

みなさん、こんにちは! 首都大学東京3年のしももといいます! 私は1年間の休学中、オーストラリアでワーホリをしてました!^^ 私、海外に出たことで、人生がめっちゃ大きく変わったんです。 休活ブログでは、私の経験や想いを惜しみなく綴っていきますので、どうぞ楽しみにしててください♪下 彩芽の詳細プロフィール
このエントリーをはてなブックマークに追加