休学経験者が当時の経験や考えを語る共同ブログ
【女子大生】インド旅中にアルバイト【世界一周】
このエントリーをはてなブックマークに追加

 
時間をさかのぼっています。過去の記事はこちら。

11月、グラミン銀行でインターン

10月、9時寝5時起、野菜生活【ヒンドゥー教のお寺でヨガ】
 
 
今回は9月@インド
1人の観光客が、宿の客引きに「どうか働いてくれ」と言われたことから起こった奇跡。
 
 
格差や貧困に悩んだ14日間。
ときにラクダと天の川とお酒で過ごした14日間。
たくさんの人に出会い、温かさに触れた14日間。
 
 
 
■ ルパンに声をかけられた日
 
 
9月。私はインドのジャイサルメールにいた。
パキスタンにも近い、西の砂漠の街。
ここでホテルの客引きが近づいて言った。
 
「おれぇ、ルパン」
 
IMG_0957
 
なんだこいつ。でも案外、声が本物と似てるじゃないか。
 
最初は「うちの宿に泊まってかないか」「ラクダサファリしないか」って言われてた。
でもいつの間にか「宿の集客アドバイスをくれ」となり、しまいには「うちの宿で働かないか」に変わってた。
 
宿のマネージャーという役を与えられた私。
 
 
 
いいよ。2週間くらいだからね。
 
(できる限り危機管理や情報収集をしての判断)
 
 
 
 
なんで働くことにしたかというと、
その宿のスタッフが人間的に良い人たちだったから。
 
みんな貧しい砂漠の村で生まれ育って、小学校もろくに行ってないんだけど、
自分たちの村を豊かにしたいって思いで宿を経営してたから。
真面目で努力家で、根から良い人だと思った。
 
 
その自らをルパンと名乗った男は、
インド人ながらイギリス人のごとく美しい英語を話し、異文化コミュニケーションにも長けていた。
どうやって英語そんなに勉強したのかと聞くと、
「きゃめる ゆにばーしてぃー!!」
 
つまり、ラクダドライバーとして外国人と接しながら、その英語を身につけたそう。
やっぱりルパンと名乗るだけあって、只者じゃなかった。
 
 
IMG_2866
 
 
 
■ マネージャーの日々
 
 
私がいた宿はこれ。レギスタンホテル。上の写真の、真ん中やや右に見える建物。
 
ジャイサルメールから、さらに車で1時間半の小さい砂漠の村にある。
ここでは・・・
 
 
【村の子どもと遊ぶ】
 
 
IMG_3554
 
びっくりしたのが、子どもが全く学校に通っていないということ。
「先生いなくなっちゃった」
 
誰も文字の読み書きができないまま、大人になっていくらしい。
ムンバイでは富裕層の住むタワーを見てきたから、その差に歴然とした。
 
子どもは世界共通で、無邪気で可愛くて大好きだ。
しかし残念なことに、彼らの5年後、10年後に期待が持てなかった。
 
 
IMG_3534
 
 
【女の人の水汲みを手伝う】
 
 
いや、手伝いにならなかった。
重すぎて、頭が割れるかと思った。
 
ちなみにこの村では顔をベールを覆う女性が多い。
ルパンに聞いてみたら、「未亡人」と返ってきた。
インドの砂漠の村は、カースト制度がとても根強いそう。
 
IMG_3800
 
夫がいなくなり、勝手に自分に悪いタグ付けられる。
どんな気持ちで毎日を過ごしているのだろう。
 
 
 
【遊ぶ、話す】
 
朝は識字教育をスタッフに施す。
メールのテンプレートをつくったり、便利な言い回しを教えたり。
 
昼は木陰のハンモックで昼寝する。
 
夕方はラクダに乗って夕日を拝む。
 
IMG_2949
 
夜は宿泊者と話したり、スタッフとお酒を飲んで語り明かしたり。
トランプ、モノポリー、ダンスパーティ。
 
「また停電か」
そう言いつつも、天の川を見上げ、流れ星を数える。
 
 
IMG_3588
 
 
そう、宿にいる間は働いていない。
ただ遊びながらも宿の状況を把握し、
それからHPを少しいじったり、旅行サイトの情報を新しいものに入れ替えたり。
だが村にはwifiが通っていないから、1時間半バスに乗って大きい街まで出たりした。
 
 
 
■ ベタだけど、別れのシーンを。
 
 
別れ際にルパンに言われた。
 
本当に君にはずっとここに居て欲しかった。
でも、アイにはアイの生活がある。将来がある。
生まれ育った世界がまったく違うことは分かっている。
その差別はとても残酷で、どうしようもないんだ。
 
だけど、こうやって奇跡的に出逢うことができて、同じ時間を共有した。
たまに喧嘩したけれど、それも含めて、本当に楽しかった。
君に会えて良かったよ、ほんとうに。
 
 
 
「ありがとう。絶対にまた戻ってくるから。」
 
 
IMG_3936
 
 
IMG_3336
 
 
今、この世界には約80億もの人間がいるんだけど、
大半が、生まれてから死ぬまで同じ場所に居続けるしかない人たち。
 
それでも私のことを大切にしてくれる彼らと出逢えたのは、私が世界一周すると決めたから。
行動を起こすことは、奇跡を起こすことなんじゃないかな。
 
 
駅へと向かうとき、悲しみに押しつぶされるというよりも、感動と感謝の気持ちで胸がいっぱいだった。
インドの寝台列車が、また私を次の街へと連れていってくれる。
その日、いつもの汚い3等席が、少し心地よいマットレスに感じられた。
 
 

次の記事はこちら→世界一周したらTOEICが935点になった【秘密】を教えます。

The following two tabs change content below.
小山 藍
ピーチ城みたいな女子大を抜け出して、気づいたら在学中に世界二周。 やってきたことを話すといかついと言われ、会ってみると地味で大人しいと言われ。 複雑系女子の記事に、ぜひお付き合いください。 小山 藍の詳細プロフィールページ
このエントリーをはてなブックマークに追加